小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

彼の愛を冷めさせない女の、5つの特徴。愛が冷めない男性心理。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

彼の愛を冷めさせない女の、5つの特徴。愛が冷めない男性心理。

愛が冷めない男性心理。

せっかく出会い、ご縁が結ばれた人。その人に嫌われるようなことはしたくない。できるだけ彼の愛を冷めさせたくない。そう思うのは当たり前。
小川健次blog別れるのも振られるのも、確かに嫌ではある。でも、それだけじゃなく、また一人になりたくない。またゼロから誰かを探すのも面倒くさい、そう思う気持ちもわかる。

とはいえ、僕が毎日配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画ではいつも言っているように、人と人、男と女はご縁次第。これっばっかりはどうにもならない。

いや、だからこそ、付き合っている間、結ばれている間はお互いが満たされた関係でいたい。わざわざ彼の愛が冷めるようなことはしたくないし、彼の愛を冷めさせないようにしたい



もちろん、力を尽くしても事故は起こる。あなたがどれだけ愛そうが、彼があなたを大切に思おうが、どうにもならない事態に遭遇することは仕方ない。お互いが冷めていなくても、別れなきゃいけない場面もなる。

だとしても、本当にお互いを愛し合い、信じ合えていた関係ならば、終わりがきてもそれを納得して受け入れることができる。お互いに出会えたことを、良い思い出に変換することができる。

残念ながら、そういうレベルに到達する前に、彼があっさり冷めてしまうこともある。そしてそうなるのには、理由がある。

<参考関連記事>
本気だった彼の愛が冷める、5つの理由。彼女を好きじゃなくなる男性心理。

その逆に、男が冷めないのにも理由がある。最後の最後は終わりを迎えたとしても、その日がくるまで彼を冷めさせない女はいる。

あなたも、自分が男性に対して、冷めてしまうときのことを考えてみれば、その見当はおおよそつくはず。実はこの件、男と女を逆にしても同じこと。。

彼の愛を冷めさせない女の、5つの特徴。

人の気持ちは変わる。体調によっても、状況や環境によっても、随時変わっていく。あなたも今日はなぜかご機嫌だったのに、明日になったらなぜか気分が落ち込むことはあるでしょ。

そういう気持ちや気分の変化はあっていい。それでも、それらに揺らぐことなく、この人とずっと一緒にいたい。変わらず同じ時間を過ごしていたい。そう思ってもらうことが冷めさせないということ。

恋愛に限らず、友人関係や仕事上の関係だとしても、同じこと。相手の気持ちを冷めさない人には、共通する特徴がある。




彼を、冷めさせない女に共通する特徴は、以下に挙げる5つ。男はこういう女性と付き合うと、その愛が冷めない。いや、男に限らずか。


  1. 優位なポジショニング
  2. どちらがリーダーで、どちらか従属者かを明確にし、あなたがリーダーのポジションを獲ること。男性は群れの生き物であり、リーダーには従う性質を持っている。リーダーへの忠誠心は冷めることがない。


  3. 新たな共有体験
  4. 定期的な刺激を与え合うことで、関係に新鮮さを保つこと。男性の恋愛感情を時間と伴に冷めてしまうものだが、新しい刺激があればその都度また温まる。


  5. 問題は都度解決
  6. 双方の関係を維持していく上で、問題だと感じるものは発見し次第すぐに解決すること。相手に嫌われることを恐れて、先延ばしにするからそれが後で爆発し、彼に急速冷凍のスイッチを押させることになる。


  7. 習慣を尊重し合うこと
  8. それぞれが持っている習慣を破壊しないよう努めること。男性は習慣の生き物で、それを破壊される相手は恋愛相手であれ許すことがない。あなた自身の習慣と同じように、彼の習慣も大切にしよう。


  9. 適度な緊張感の維持
  10. 信頼し尊敬し合う関係だからこそ、だらしない姿を相手に見せるものではない。適度な緊張感と恋愛感情は、相関する関係あり、緊張感が低下するほどに、彼の心の温度も下がるもの。


以上5点。これらの振る舞いを見せている女への、男の愛が冷めることはない。もちろん、それでも、さまざまな要因によってダメになることはある。

だとしても、彼にとってこれらの特徴を持つ女性は、愛が冷める要素がない。しかも一度は結ばれ、愛した女。その愛を冷めさせるようなことを、あなたがしない限りは、彼から積極的にあなたへの愛を冷めさせようとは思わない。

それが不倫のような特殊な関係であれば、いくら愛が冷めていなくとも、やがては終わりを迎える関係ではある。それでも、愛が冷めることがなければ、お互いに伴に過ごした時間に後悔はない。

<参考関連記事>
不倫相手の女を大切にする男の、6つの特徴。不倫女性を愛せる男の、見分け方。

大切に思う彼の愛を、冷めさない女には共通する特徴がある。それは男女間の問題に限らず、あらゆる人間関係に共通する、相手との信頼と尊敬の感情を失わないための方法と、共通することばかり。

最後の最後はご縁次第。出会いがあれば別れもある。お互いにとって、不本意な関係の終焉だってある。だからこそ、相手が一方的に冷めるような振る舞いをせず、お互いが本当に後悔のない関係にしたほうがいいってことっすな(^。^)y-.。o○

頭ではそれを理解していても、どうしても彼の愛を冷めさせる振る舞いをしてしまうなら、僕の個別セッションあたりへどうぞ。

大切な人との愛を深めるための、個別コンサルティング
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

※この記事は2021/10/23に公開されたYouTube動画『彼の愛を冷めさせない女の、5つの特徴。愛が冷めない男性心理。』の内容を基にブログ記事用に再構成したものです。
↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。