小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

「私はできる」、と言ってるから何もできない。弱さを認めるから、本当にできるようになる。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

「私はできる」、と言ってるから何もできない。弱さを認めるから、本当にできるようになる。

■欠点はマイナスにはならない

客観的に見ても、この人ってホントすごいわー。と思う人はいる。とはいえ、じゃあその人が、すべてのことで完璧かといえば、そうじゃないでしょ。
小川健次Blog
誰に出だって欠けているものがある。だからこそ人には魅力ってものがある。全部が全部完璧ならば、それはそれでサイボーグ相手みたいで、面白味にも欠けるでしょう。

そりゃまあ、世界中をはじからはじまで探せば、どっかにはそういう完全な人ってのはいるかもしれない。仮にいたところで、出逢ったり関わったりすることだってないですよ。

僕だって仕事柄、これまで色んな世界の人に会ってきた。世界的な成功者と言われるような人、誰もが知ってるような有名人。いわゆる、すごい人にはかなりの数会ってきたし、関わってきた。その上で断言しますがね、完全無欠の人は一人もいない。皆何かしら欠けている。

もちろん、言ってる僕自身だって、眉毛は豊富ですが、欠けてることはたくさんある。それはもう、無料配信中の小川健次メールマガジンを読めばよくわかるでしょう。いろいろな意味で。

そもそも、人には限界がある。あなたも僕も、超有名なあの人も。持ってる力には限界があるんです。その限られた力の中で、ある部分では突き抜けたものがある人もいる。でもその分、どこかが欠けていたりもする。言ってみればその凹凸が、その人の個性ってやつなんです。

だからね、望んだ結果を、確実に手に入れることができる人ってのは、人間として完璧なすごい人かっていうとそうじゃない。その人は求める結果に対して、必要な力を発揮することができる人ってだけのこと。それ以外では欠けてることもあるんです。

一方で、頑張ってるはずなのに、なぜだか結果が出ない人。そういう人に限って完璧主義。すべてがうまくいかないとダメ。どうでもいい欠けた部分にとらわれて、そこに執着する。そうしてエネルギーを無駄に使う。時間を浪費する。ただ疲れる。泣きたくなる。

そしてやたらとアファーメーション。私はできる。自分は大丈夫。どっかの自己啓発屋に煽られて、ただただひたすら自己宣言。できると思えばできる、って、それちょっと違うでしょ。いやまあ、アファーメーションはそれはそれでいいけど。

<参考関連情報>
アファーメーションが、潜在意識のプログラミングを書き換える。自分で自分を洗脳しよう。

つまり、欲しい結果を手に入れることができる人ってのは、必要なところに対して、必要な力を発揮できているだけのことなんです。

逆に言えば、自分の欠けていること、できないこともちゃんと把握している。ちゃんと自分のことを全体でわかっているから、力の出しどころ、抜きどころをコントロールできる。やっても無駄なこと、意味のないことに、時間や労力を使わないので、効率的に結果を出せる。

■自分を知るから強くなる

根拠の乏しい楽観論と、精神論だけを頼りに、私はできる。私は大丈夫。なんて言ってても、全然できやしないし、まったく大丈夫じゃないでしょ。

挙句の果てには、勘違いしたセルフイメージだけが肥大して、私が望んだ結果を手に入れられないのは、あいつが悪い。会社が悪い。政治が悪い。将軍様が悪い。と責任転嫁。そりゃ望んだ結果は引き寄せられるどころか、ますます遠ざかるだけのこと。

多くの場合、望んだ結果が出せない人ってのは、自分の欠けた部分に気付かない。とにかく全てが完全でないといけないと勘違い。仮に気づいていても、見ないフリ。何とか強がって自分はできると言って、現実から目を背けることに必死になる。

別にいいじゃないですか。足りないところ、欠けてるところがあったって。それを認めることはネガティブじゃないですよ。周囲の人だって、あなたを完全無欠の人だなんて思ってないし、そんな期待を抱いてないから。

料理が苦手な人を、台所に立たせたところで、誰も幸せにはならないんです。なら無理して料理をしようとするよりも、今は料理が下手なことを認めることですよ。そして、料理教室にでも通うか、あなたがやる必要ないことならば、得意な人にやってもらえばいいでしょ。

もちろん、自分の弱みばかりを声高に叫んで、できない理由を延々と並べるだけ。それをどうにかしようとすることもなく、ただ人任せにしようとする人は、それはそれで問題外ですけどね。

どうせ完全無欠の人になるなんてのは無理。あなたはできる。あなたは大丈夫。でも、できないこともある。大丈夫じゃないこともある。それでいいんです。それを認めることができるから、具体的で建設的な対応策を考えられる。良いも悪いも認めることですよ。

足りないところを補う対策を講じれば、あとはできることに注力すればいいだけのこと。足りないところが、大した影響ないことなら、華麗にスルーしておけばいいだけ。

それが仕事であろうが、恋愛だろうが同じことですよ。望んだ結果を手に入れるためには、良いも悪いも含めて自分という人間を知っておくこと。良いも悪いも認めて、必要な力を発揮し、必要な対策を講じること。自分をうまく使えば、自分の望みの結果を引き寄せる

<参考セミナー【10月東京】>
だからこそ、明確な目標、自分の理想の未来をイメージすることってのが大事なんです。そこを起点に考えれば、今のあなたの弱さや足りないところは、補うべきか、スルーしていいことなのか。そういう分別もつくのだから。余計なことに力を使わなくて済むってもんです。

誰にだって弱いところはある。欠点もある。でもそれ個性。それ魅力。そう思ってしまえば、そこ気にしなくなる。そういう現実的な対応を踏まえた上で「私はできる」と言えば、ホントに望んだ未来を引き寄せることになるってもんですわ(^。^)y-.。o○

■本当に手にしたいものを、手にできる心の強化法
↓ ↓
10月東京
早期申込割引実施中
引き寄せの法則を発動させる、目標設定実践講座

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。