小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

【08月度過去ログBEST5】自分とうまく付き合えば、自分が好きになり、人からも愛される。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京12月 福岡01月↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 大阪 02月 ↑


小川健次/忘年会
小川健次
12月/大阪・東京


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2018/11/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第2回

その「女子力」は間違ってます!ダメ男につかまりたくない、フラれたくないなら、磨くべきは……?

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

【08月度過去ログBEST5】自分とうまく付き合えば、自分が好きになり、人からも愛される。

■(雑談)自分を活かすことが費用対効果を高める

今のような世界で仕事をして20年以上になりますが、その間に「変わりたい」「変えたい」と言う人と会った数は、そりゃもう相当数ですよ。
小川健次Blog
でもね、それだけの数の人と会い、今もなお会い続けている僕の経験ではっきり言えるのは、人は変わらない。

まあ、変わらないって断言すると、いろいろ語弊があるかもしれませんがね、僕もセミナーや勉強会ではよく言うように、スポーツカーは一生スポーツカーだし、軽トラックは死ぬまで軽トラックだということ。

そのどっちが優れているとか、そのどっちが良くて、どっちが悪いかってことじゃないんです。要は、その特性に合った活かし方があるでしょってこと。

スポーツカーなら、峠道やサーキットを、タイヤごりごり削りながら、颯爽と走り抜ければいい。そのために、どういう整備をして、どういうハンドルさばきをすればいいか。車体性能を活かす方法を考えればいいんです。

無理して、農作物積んで畦道を走る方法とか、家財道具積んで路地裏を走り回る方法を考えるから、話しがややこしくなる。そこは軽トラに任せればいいこと。

持って生まれた才能はある。遺伝子による特質もあるでしょうし、環境によって培われたものもあるでしょう。そうやってできあがった人が、ホイホイと変わることなんてそうそうない。

長所もあれば短所もある。喜ぶこともあれば凹むこともある。僕だって凹むし、ムカつくし、それこそ執着を手放せなくて、不要な失敗で痛い思いをすることが今だにある。でもそれはそれでいいんです。だってそういうもんだもん。

それでも、ちょっとした工夫をするだけで、いちいち自分を変えるなんていう大げさな話しをしなくても、できることはたくさんある。そして、今の自分を活かせるフィールドを選択すれば、そのフィールドで今よりずっと輝ける。

サーキットではスポーツカーに勝てなくても、街中や路地裏なら軽トラのほうが早く到着できるでしょ。荷物は軽トラより詰めなくても、駆け抜ける歓びはスポーツカーにこそあるし、直線距離なら早く届けることもできる。

要するに、今の自分を否定するのではなく、今の自分を知って認めること。そしてその自分を活かすことを考えて、それを実践すればいいんです。

自分はダメだから変えたい。なんて言っても変わらない。変わったように見えるあの人は、自分との付き合い方が変わっただけ。自分を活かすフィールドの選択が変わっただけ。実は根本は変わってない。あ、そんな自分自身の棚卸しと自己分析はこちらで。

恋愛でも仕事でも、いまいち物事がうまくいかなかったり、それで想い悩んでいるときってのは、つい自分を否定してしまいがち。こんな私はやっぱダメ。だから自分を変えなきゃいけない。って、それは無理。

というより、そうやって否定している時点で、ますます自分を苦めるだけ。思考はどんどん自分を否定する方向に突き進む。だから悩むばかりで何も先に進まない。だったら開き直って、そんな自分をむしろ認めて受け入れる。それでいい。それでしゃーない。
小川健次Blog
その上で、そんな自分なら、どうすれば良くなるか。今の自分でできることは何か。足りないものをどう補うか。そう考えて行動したほうが、はるかに生産的でしょ。

そして、そうやって自分を否定せず、うまく付き合う方法を考えて行動できると、あなたはあなたをもっと好きになれる。だから他人からも愛されるってもんですよ(雑談ここまで)

■2017年08月度更新記事アクセスランキング

というわけで、本日は毎月恒例の、先月8月度に更新した各記事のアクセスランキングBEST5のご紹介です。あなたのお気に入りの記事はあったでしょうか。

※当ランキングは2017/07/21-2017/08/20の期間中に更新された当ブログの記事を、2017/08/31終了時点でのGoogleAnalyticsによるトラッキングデータと、各種の変動因子を指数化した独自の係数によって算出したものです。


1位 男と女の関係に正解はなく、人と人との関係に答えはない。上っ面の形式よりも、心がホッとする感覚を優先しよう。 2017-07-26 update

2位 ご縁を結びたいなら、あなたから動くこと。動けば、大切な人とのご縁を引き寄せる。 2017-07-30 update

3位 焦らず許せる心の余裕が、あの人との心の距離を近づける。今は噛み合わなくても、時期を改めればチャンスはまだある。 2017-07-31 update

4位 別れた人との復縁に執着しなければ、理想のご縁を引き寄せる。今はダメでも、本当に必要とし合えたときにまた結ばれる。 2017-08-02 update

5位 愛とお金を引き寄せるために、執着を手放すたった一つの方法。 2017-08-18 update

【-番外-ランク外だけど小川独断でお薦めしたい記事】
恋愛や仕事の苦しさは、あなたが試されているから。あきらめなければ、それは必ず乗り越えられる。 2017-08-16 update

というわけで、9月も引き続きよろしくお願いします(^。^)y-.。o○

<9月以降のセミナー予定>
↓ ↓
■小川健次セミナー・講演会開催予定
セミナー講演会



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。