小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

素直に聞くと、LINEでの不安が無くなる。素直になると、長文LINEで爆発しなくなる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/12/10更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第58回

クリスマスにプロポーズされたい…男性には察してもらうより、事前に伝えたほうがうまくいく理由

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                                  
地域・開催日 内容
福岡 12/14(土) 愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東京 12/21(土) 理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 01/02(木)RIEZON JAPAN 新春放談会(準備中)
東京 01/25(土)-26(日) 本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用[実践]講座

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


素直に聞くと、LINEでの不安が無くなる。素直になると、長文LINEで爆発しなくなる。

素直に聞くと、LINEでの不安が無くなる。

思っていること、考えていることのすべてを、いちいちすべて言葉やLINEの文章にされることがなかったとしても、その人の態度や行動、表情でおおよそのことはわかる。
小川健次Blog
その場そのとき、その瞬間の雰囲気や空気感だけだとしても、あ、この人こう思ってる。こう感じてるんだ。そういうものって、聞かなくても何となく伝わってくる。

まあ、お互いが考えてること、思っていることのすべてを、いちいち言葉にしたりLINEの文章にして、聞いたり言ったりしなきゃいけないなら、人と人、男と女のコミュニケーションなんて成立しない

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージにしたって、全文読まずとも、なんとなく、この眉毛野郎が何を言いたいかがわかるときってあるでしょ。

誰でもが、ときとば場合によって、お互いに言わずとも察っすることってのは、大事なこと。

LINEで何度も一緒にご飯に行こうと誘ってるのに、忙しいので無理と言われる。忙しくなさそうなときにLINE送っても、体調悪いからと言われる。そしてやがて既読スルー。そりゃ嫌がられてるだけ。行きたくないと思われてるだけ。そんなもんは明白ですよ。

テーブルについた途端に、いきなり勢いよくご飯を食べる。お替わりしてはまた食べる。そりゃどう見てもお腹が空いてたから。本人が言わなくても見ればわかる。





わざわざ言葉にしたり、わざわざLINEの文章にして聞いたりしなくても、その人の態度や行動で、その人の心はある程度わかる。それが日常的に関わっている身近な相手や、付き合いの長い相手なら、言わずともわかることはたくさんある。

とはいえ、その人の考えのすべて、想いのすべてが、完全にわかるわけじゃない。そりゃだいたいとのことはわかるでしょう。おおよそのことは見た目から推察できる。それでも、わからないことはわからない。全部が全部わかるわけじゃない。

別にわからなくてもいいことなら、どうでもいい。どんなに身近であろうと、他人の考えのすべてを知る必要もない。無理に知ろうとしすぎて、余計な気をまわすのもお互い疲れるだけだもん。

でもね、あなたにとってはもちろんのこと、お互いにとっても重要なことで、それについての相手の考えがわからないのは困りもの。それはスルーしちゃダメですよ。

放っておいても、どうということでもないなら、それでもいいでしょう。でも重要だと思っていることなら、放置はできない。仮に放置しても、心のどこかにわだかまりとして引っかかる。引っかかったまま、それが後で地雷のように爆発して大惨事になる

日頃から聞けばいいことを聞いてないから、そこで溜まった疑問が不安になる。ちょっとLINEの返事がこないくらいで右往左往することになる。

<参考関連記事>
LINEの返信がこない理由は、そんなに悪いことじゃない。不安や心配は、手放しても大丈夫。

どうなんだろうなあ、と疑問に思いながらも、まあいっか。とスルーしてしまうから、ボタンの掛け違いに気づかない。気づいたときには、お互いが修復不可能なほど、考えに溝が出来てて、どうにもならないままさようなら。

だったら、そのままスルーしないで聞けばいい。そこで不安になったまま、妄想を膨らませる必要はない。軽くそれってどういう意味? そんなLINEを送って、その場で解決すればいい。

素直になると、長文LINEで爆発しなくなる。

他人の考えや思いは、ある程度は推察できる。LINEの文面から、あの人が何を考えてるかわかることもある。これまでの付き合いから、今どう思ってるかを判断できることもある。

でもそれ全部じゃないでしょ。お互いにとって大事で重要なことなのに、憶測を前提にしたコミュニケーションにするから、噛み合わないしすれ違うんです。LINEの文章の一言を拾って、妄想を膨らませるわ、疑心暗鬼になるわ。それじゃ誰もハッピーにならない。

だったら、あなたが取るべき手段は一つでしょ。カンタンなことです。わからないこと、気になることは相手に素直に聞けばいい。もう一往復LINEのやりとりをして、あなたが気になることの疑問を、その場で解決すればいい

お互い、もしくはどちらか一方にとって、本当に重要なことであれば、LINEでとは言わず、直接話して確認し合ったっていいんです。それだけのこと。

言うまでもないことですが、聞き方や、それを話すタイミングってのもある。聞きさえすればいいかといえばそうでもない。他人の葬式中に、結婚する気あるのか聞いてくるヤツとは、誰も結婚したいとは思わないでしょ。





それでも、基本的には聞くべきことは聞く。確認すべくことは確認する。これ基本。つまらない駆け引きも、小手先テクニックも必要ない。LINEの送り方もクソもない。あなたの素直な想いを、率直な疑問をそのまま聞けよ。

だってわからないんだもん。超能力者じゃなるまいし。だいたい他人の本当の想いなんてのは、占い師だろうがコールドリーダーだろうがわからない。わかってたまるか。

聞いたら決裂する。こんなLINEを送ったら嫌われる。話し合って本音を確認したら、その関係が終わってしまう。だから怖い。だから不安で聞けない。大丈夫ですよ。それで終わる関係だったら、どうせ終わる関係だから。それがわかって良かったね。

聞きたいこと聞いたり、話し合って本音を確認したら、終わってしまう関係なんて、とっくの昔に終わってたってこと。少なくとも今はそうじゃないなら、素直に聞けばいい。LINEを送って聞くことですよ。

わからないまま妄想を膨らませて、ストレス感じてイライラしたり、お互いが疑心暗鬼でいたりしながら、表面だけ繕って保つ関係なんて時間の無駄。ちゃんと本音で向き合える関係でいたいなら、聞きたいことは素直に聞けばいいんです。

もちろん、それが単なるあなたの感情の押し付けだけの、長文LINEなら逆効果。むしろ嫌われるだけ。送るべきLINEは、聞くべき疑問であって、やりどころのない感情を押し付けることじゃない。

<参考関連記事>
長文LINEが嫌われるのには、理由がある。相手の気持ちに寄り添うLINEが、思いを届ける。

素直になると、LINEでの不安は無くなる。聞きたいことを聞けばいいだけだから。それはあなた自身のためでもあり、ときに相手のためでもある。あなた自身が大切な人のために、感じた不安や心配を、素直に相手に聞けばいい。

聞かずに、不安を溜め込んでしまうから、あとでいきなり長文LINEで爆発する。そうなる前に、その都度聞けばいい。大丈夫。聞けば相手は応えてくれる。その積み重ねが、あなたとあの人との関係を、より深めていくのだから。(^。^)y-.。o○

素直になって、感情をコントロールできるようになる特別講座

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



01月東京
小川健次


12月福岡
小川健次


12月東京
小川健次


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。