小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手のことを気にかけられる余裕ある優しさを持つことが、思いを伝える絶対必要条件

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

相手のことを気にかけられる余裕ある優しさを持つことが、思いを伝える絶対必要条件

■心のチャンネルが合わないと、会話のチャンネルも合わない

自分の伝えたいことを言っているはずなのに、そこに思いもこれでもかというほど込めているはずなのに、伝わらない。
いや、言ってることは理解してもらえてるんだろけど、何か腑に落ちてる感じがしない。

2f75a20c

その理由はまあいろいろありますわ。


単に話しがつまらない。あんたが嫌いなだけ。まじうざい。などなど。

が、ほとんどの場合はそれ以前の話し。
いつもそうですが、こういう場合は表面上の理由をあれこれ考える前に、その前提を疑うということがポイントですわ。

つまりは、心のチャンネルが合ってないというただそれだけのこと。

サッカーW杯中継で盛り上がってるスポーツバーに言って、ドラクエの効率的なレベル上げ方法を説いたところで誰も聞きやしませんよ。

心のチャンネルが他と合ってるとき、他に向かって電波出してるときに、無理矢理電波ジャックしようとしたところで、受け入れてもらえるわけがない。
そんなときは、自己開示だろうが、労りの言葉だろうが、愛のささやきだろうが言うだけ無駄。

だからまずはチャンネル合わせる。話しはそれからですよ。
合わせるといってもそんな難しいことじゃない。

■そのときが勝負でそれ以外のときは何もしない

人の心にはゆらぎがある。だから一つのチャンネルで固定されていることはない。そのゆらきを観察していれば、必ず電波がこちらに向いているときがどこかにある。こちらに真正面から向いていなくても、同じ方向に向かっているときがある。

そしてチャンネル合ってるときにこそ勝負をかける。思いを伝える、言うべきことを言う、提案、報告をする。

そのタイミングを見落とさない。逆に言えばそのタイミング以外には余計なことしない。変に余計なこと言うと薮をつつくことになる危険大。
とはいえたまには軽くつついとかないと、忘れられることもあるので、蛇が出てこない程度には何かしたほうがよいですがね。

つまりはタイミングを見計らうことです。

そのためにも相手のことをよく見ること。知ること。気にかけること。そしてときにはひたすら待つ。っつーかその程度の間合いを保とうということもせず、ただ自分の都合で自分の考え押し付けようなんて人の話しは、そもそも誰も聞きませんよ。

もちろん緊急事態で待ってる場合じゃないときは例外。

つまるところ、あの手この手の説得術なんてのはチャンネルを合わせたそのあとの話し。チャンネル合わせるという大前提がなきゃ、小手先テクニックなんてクソの役にも立ちませんよ。

ベタな話しですが、常に相手のことを気にかけられる、そんな余裕のある優しさを持つことこそが、思いをただしく伝えるための基本中の基本であり、絶対必要条件だということなのでしょうな(^。^)y-.。o○

ちなみに、相手のチャンネルがこちらに向いているときを見分ける方法や、他に向いてるチャンネルをこちらに向ける方法などは、少しばかりテクニックもありますがね。そのあたりは以下に記載の講座でどうぞ(宣伝)

■全国各地でセミナー開催中
広島・仙台・新潟・神戸・大阪・東京・名古屋・福岡
https://ogawakenji.com/seminar/



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。