小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

図解あり/できないことをできるようになるから成長できるし、自分の可能性が拡がる

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

ちょっと前に同じような話しを書いた気もするのですが、ちょっと切り口変えつつ図解を入れてやってみた。

できないことをできるようになるから成長できるし、自分の可能性が拡がる

■ブレイクスルーはずっと続けるもん

できることをやっているときってのは何らストレスを感じない。
だってそりゃ当り前のことだから。
できないことをやるから、自分にとって耐える必要のあることだからストレスを感じるもんですわ。

464d7dd5

言ってみれば、しんどいと感じるのは変化の兆し。抵抗は成長している実感。自分のキャパシティを拡大しているという証拠でもあるわけですな。


ストレスを感じてそれを乗り越えるからできないことができるようになる。しんどいことに耐えるからそれを許容できるほどに器が拡がるもんです。

つまりはそれがチャレンジというやつでしょう。
そしてチャレンジの結果が成長に繋がるというものです。

それに、そこで終わりじゃない。例え成長できたとしても、今度はそこが当たり前の世界になる。そこから先へ先へと続けていくから、継続的に達成感や充実感を感じられるということで。

図解にするとこんな感じ。
ruupu

結局のところ、このループを続けられるかどうか、それが日々達成感と充実感を味わえる人とそうでない人との違いなのでしょう。

自分の世界を拡大したいと思うなら、そこから表に出ない限りはずっとその中だけなんです。

あれこれ考えてみるのはいいけども、現実を直視したときに、無理と思って留まってしまえばそれは永遠に拡がらない。

■逃げるのはいつでもできる

とはいえ、それも途中で逃げ出したら何も得るものなし。せめて得られるものと言えば「逃げグセ」くらいなもんですわ。
逃げれば大丈夫。逃げれば不安はない。この間も逃げたし、次も逃げられる。じゃあ逃げちゃえ、みたいな。

そして結局同じことの堂々巡り。
自分のキャパシティを拡大したいと思っても、自分ができることだけ、自分が耐えられることだけやったところで、そりゃ最初から何も変わりませんがな。だって同じことの繰り返しなだけだから。

何か考えたり、何かやっているようでも何も変わらない、なんだか動き回っているようで全然前に進んでない。そんなときはだいたいこのパターン。

jibunnnonaka

結局どっかで乗り越えなきゃならんのですよ。

今までと同じ発想、同じ考え方、同じ行動からは同じ結果しか生まれない。そしてそこからブレイクスルーしようと思ったところで、逃げるんだったら何もしないほうがマシ。最初からしんどい思いもしなくていんだし。現状に満足してればそれでいいんです。

現状に満足することが悪いことだとは思いませんがね。心からそう思えることは、それはそれで凄いと思うし羨ましい。だからどちらが良くて悪いということじゃない。

自分がどっちが好きかどうかってことでしょう。現状を維持する自分がいいのか、チャレンジして自分の可能性を拡大したいのか。

その上で、自分の可能性を拡大したいなら、ストレス感じようが、しんどいと思おうが逃げないことです。

繰り返しますが、ストレス感じたりしんどいと思ったりすることは、自分が成長している、自分の器が拡大している証拠ですよ。

そこでちょっと凹んだくらい、ちょっと不安を感じたくらいで逃げ出すな。

50ge921

逃げるのなんかいつだってできるんです。今だって明日だって一年後だって。が、チャレンジできる機会は加齢とともに減っていく。歳を重ねるほとに試練に立ち向かう機会は減少していくもんですよ。

こういう言い方も語弊があるかもしれませんが、しんどいとか苦しいとか、ストレスが大変だとか言ってる割に、三食食えて、雨風しのげて、マウスかスマホ片手に、こんなブログ読んでんだから、

実 は ま だ ま だ 余 裕 あ る で し ょ 。

ということで日々自己成長のためのチャレンジ、何か一つでも今までできなかったこと、今までもっていなかった考え方、無理だと思っていた何かに取り組み続けたいですな。逃げずに(^。^)y-.。o○

■全国各地でセミナー開催中
https://ogawakenji.com/seminar/



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。