小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

嫌われることを恐れない人だから嫌われない

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

嫌われることを恐れない人だから嫌われない。

■ときには決裂も覚悟

自分の決めた道を進もうとするならば、ときにこれまで自分のことを好きでいてくれた人から、嫌いになられる覚悟をせにゃならんときってのはありますわな。

嫌われることを恐れない人だから嫌われない

自分の価値観と相手の価値観がぶつかるとき。自分の信念と相手の信念とがぶつかったとき。


こりゃもうしょうがない。だって人それぞれ。家族だろうが恋人だろうが親友だろうが他人は他人。俺とは違うあんたの人生。みんな違ってみんないい。

そんときは勇気というより覚悟ですな。もう嫌われる。それでいい。価値観違うし信念合わないし、そもそも違ってた。さようなら。
決裂の覚悟ですよ。

もちろんわざわざ決裂させる必要はないし、わかってもらえるよう最善を尽くすのは当然のこと。
それでも決裂を覚悟せにゃならんときはある。

結果的に決裂に至ったとしても、そのときの自分の判断と行動が、自己保身や自分の利益のみを考えたものでなければいい。

本当に心から自分の信念に従って、見返りを期待せずに正しいと信じた上での行動であるならば、いずれ相手はわかってくれるし、その覚悟と行動は必ず評価される。

■嫌われて損することは何か?

一時的には嫌われた、その場は決裂したとしても、いつか必ずわかってくれる。

だって一時的にぶつかって、それで決裂したとしたって、自分を信じて覚悟を持って行動できる人だもん。それ以外のことならば信頼できるし好かれますよ。フツーに。

その事案に限ってはお互い譲歩できなかったとしても、他のことや時期が変われば合うこともあるし、信頼し合える。

一方で、それが単なる自己保身や自己都合を目的としたものであれば、その場であっさり嫌われる。

おまけにその後も永遠にさようなら。だって自分の考えよりも、その場の空気と思いつき、自己保身を優先する人なら、いつ自分が売られるかと不安に思うし、おっかないでしょ。そんな人と関わるのは。

どんな道であれ、一番大きな障害となりえるのは、いつだって、他人の目を気にしてしまう自分の弱さ。

何となく周りの空気に同調したり、自分を殺して相手に合わせてしまう。決裂を恐れ、嫌われるのを恐れ、自分の進みたい道を放棄してしまう。

まあそれはそれでいいんですけどね。それを望むなら。

でも世の中で成功している人、うまく言っている人ってのは、だいたいどこでも人と衝突してますよ。そして決裂もたくさんしているもんです。

それでも憎まれない。嫌われない。そりゃ本当にそうしようと思って信念でそうしているから。自己保身ではなく己の志のために確信持ってそうしているから、信用できるし信頼できる。

嫌われることを恐れない人だから結果的に嫌われないってことですわな。

ゴリ押しの自己主張なんかする必要はない。そんなのはそれこそその人のキャラによってできるできないがある。

ただその場の空気に同調する前に、自分を殺してしまう前に、ちょっと一息ついて考えてみればいいん。
そこで自分のやりたいことを主張して、何がマイナスになるのか?と。

それほど大して損することなんかないですよ。上にも書いたようにむしろそれは信頼を得る要素になるほうが大きいでししょ。

そして何より自分の進みたい道、手に入れるものを放棄するのとどっちが損かってことですわな(^。^)y-.。o○

同調圧力に屈しない強くて柔軟な心をつくる方法

■社団法人感覚刺激と脳研究協会 定例勉強会vol3
大阪 2014年04月17日(日)14時~ 
負けない心を育むためのメンタルトレーニング

http://www.brossa.jp/seminar_vol3



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。