小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

好きになってもらう前提条件は、まず好きになること。ただしあくまで前提条件。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

好きになってもらう前提条件は、まず好きになること。ただしあくまで前提条件。

■言葉や文字にするから整理できる

どんな人であれ、自分のことを好きでいてくれる人を邪険にはしずらいもんですな。

好きになる

逆に自分を嫌いな人を好きになれってのもまた難しい。


好意や悪意には返報性がありますからねえ。

好きになれば好きになってもらえる。嫌いになれば嫌われる。
言ってみれば当たり前の話し。

好きな相手には細やかな気遣いもするし、積極的に会いたい気持ちも伝え、会う機会が増えるほど親密度も高まる。相手のことを知りたいと思うから相手の話しもたくさん聞く。

逆に嫌いな相手には気を遣わないし、会いたいとも思わない。会わないから疎遠になるし、相手の話しなんか聴くこともないからいよいよ興味がなくなる。

とはいえ、そこで重要なのはそこに打算が介在しないことですな。
つまり見返りを期待するかどうか。

これだけやってあげたんだから、付き合ってくれて当たり前。高いご飯食べさせたんだから、今夜付き合ってくれて当たり前、みたいな見返りへの期待。

そんなのは見透かされますよ。
見透かされないまでも、空気感が伝わって結局相手はドン引きですよ。

あぁ要するにそういうことね。自分のパーソナリティを心から好きでいてくれるわけではなく、広く大きな心で許容してくれるのではなく、結局のところそういうことなのね。

そう思われてさようなら。

■伝えることからスタート

んじゃ好きな相手に見返りを求めずに好意を伝えれば、必ずそれが返ってくるかといえば、そんなことないのは当たり前ですわ。

人間誰しも好き嫌いはある。それが合理的な理由に基づくこともあれば、合理的な理由はなく、生理的に好き嫌いというのはあるでしょう。そりゃもうしょうがない。

好きになっても好かれるかというと必ずしもそうでもない。

とはいえ、無駄に嫌われる必要もないし。それはそれで割り切るしかありませんわな。

なので、まず相手を好きになるというのは必要で大事な前提条件ではあるけれど、それが全てじゃありませんってのは言わずとも当たり前の話し。

これだけあなたのことが好きなのよ。そう言ったところで、相手にしてみりゃ、ああそうですか、で終わり。
それなりの好意は返ってくるだろうし、悪い気はしなくても、そこで終了おつかれさま。

だから好意とともに、自分が何を相手に与えられるか、相手が何を求めているかを知らなきゃならない。

そしてそれを伝える。

<参考過去記事>
ひとりよがりの愛は誰も受け取らない

好意は伝える。これ基本。
あわせて相手のために何ができるかも伝える。これも基本。

それでもやっぱり最初は好意を伝えることからがスタートですがね。
何だかんだで言わなきゃ伝わらないしわからない。

そして伝えたところで拒否られる可能性もある。そりゃもうしょうがない。口で言われなくても態度で示されることもある。それはそれでとっと割り切って次へGO!

こういう話しってのは男女関係に限らず、友人関係やビジネスでの付き合いも全部同じこと。

人間関係で成功するための確定的な答えは無いけど、まずは何であれ自分のことを伝えることからスタートってことですわな(^。^)y-.。o○

今週&来週は二週連続で大阪ですやん。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
沖縄・札幌・大阪・東京・名古屋・新潟
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。