小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたが思い詰めるほど。あの人は何も考えてない。心落ち着く関係にしたいなら、失う不安と心配を手放そう。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

あなたが思い詰めるほど。あの人は何も考えてない。心落ち着く関係にしたいなら、失う不安と心配を手放そう。

■気にしても答えはわからない

あの人が何を考えているのか、あなたのことをどう思っているか。考えだせばいろいろ気になる。
小川健次Blog
あのときのあの態度、LINEの返信の仕方、電話をしてもつながらないこと、あれやこれやと考えると、なぜなぜ? どうして? あれもこれも気になってくる。

まあ、人と人とのことだから、ある程度は相手のことを考える必要もある。相手の想いを察して汲み取らなきゃいけないこともある。お互いでそのくらいの気遣いがなきゃ、人間関係なんてうまくいかないってのはある意味では事実ですよ。

とはいえ、それも度合いの問題でしょう。あの人が何を考えているか。気にしたところで意味のないこと、メリットなんかまるでないこともたくさんあるでしょ。

しかも、どうでもいいこと気にしたところで、あなたとあの人にとって何の意味があるのかってことですよ。それ気にしないとお互いの関係にとって重要なものを失うことになるのかといえば、そんなことはないことってたくさんあるでしょ。

それ気にして心に波風立ててるくらいなら、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンを読むとか、同じく僕の配信するLINEのメッセージでも読んでるとかしたほうが、100倍マシ。これホント。

そりゃまあ確かに、あの人とのやりとりの中で、つい気になってしまうことはあるでしょう。どうもモヤモヤしてしまうこともある。

ちょっといつもと態度がおかしい、なぜだかLINEの文面が喧嘩腰、いまいちどうも元気がない。ハタ目に見ても、明らかに変だ、明らかに何かしらの異常がそこで発生している。何だろう? どうしてだろう? そういうときもあるでしょう。

そういうときなら、モヤモヤしているだけじゃなくて、あなたも本人に聞くでしょ? そりゃ心配だもん。放っておけないじゃないですか。気にしたほうがいいし、聞いたほうがいい。それがわかるから。そうしたほうがいいから。

そうでもないなら、気にしたってしょうがない。だって、あなたも本人に聞くほどの重大事だと思ってないんでしょ。それほどの異常でもないんでしょ。どうも気になる。なぜだか気になる。でも本人に聞くほどじゃない。だったら放置でいいんです。気にしなくていいんです。

あの人からLINEの返事が遅いのだって、実のところ大した意味なんてない。それがあなたを好きか嫌いかの基準にならない。気にしなくていいんです。

<参考過去記事>
LINEの返事が遅くても、気にしないで大丈夫。返信の有無が、好きの度合いと関係ない理由。

そもそも気にして考えたところで、答えは出ませんよ。だってそれ、仮にホントに何か理由や意味があっても本人しかわからない。占い師にもわからないし、僕にだってわかりませんよ。んなモン。

っつーか、それ以前に実際には、あなたが気にするほどの意味も理由もないんです。あなたがどうでもいいことを、スルーできていないだけ。些細なことに、無理矢理意味を見出そうとしているだけ。自分で自分に答えのない問題を出して、自分で頭抱えているだけ。

■執着を手放せば気にならなくなる。心が軽くなる。

失うことへの不安と心配。それがあるから、そのリスクを回避するために、些細なことを気にしてしまう。それがリスクだと考えてしまうもの。だからあれこれ気にして考え続ける。

あれは私を嫌っているサインじゃないか。あれは私にこれ以上近づくなという意味じゃないか。私のことに興味がないから、ああいう態度を取るのじゃないか。

その想いの前提は、「あの人を失いたくない」という不安と心配でしょ。逆の言い方をすれば「あの人を手元に置いておきたい」という期待への執着。要するに、あなた都合。あなた優先。

だいたいね、人はいちいち自分の言葉や振る舞いに、メッセージを込めたりはしませんよ。面倒くさい。あなただって、大した意味もなく何かを言うこともあるでしょうし、ただ自分がそうしたいからって理由だけで、何かすることあるでしょ。そのいちいちに深い意味なんか込めてない。

なのに他人がやること、言うことについては、そこに意味を見出したがる。ホントは意味なんて何もないのに。ホントに意味があるときは、上でも言ったように、明らかにわかるもんですよ。そうじゃないなら、そこに意味は何もない。

失う不安と心配にとらわれているんです。期待に執着しすぎているんです。だから、それはいつも言うように手放すことですよ。そうすりゃ気にならなくなる。どうでもいいことで心に波風立てて、苦しい思いをすることはなくなるから。

手放すとは、相手の選択を尊重し認めること。あの人がどう思い、どう考え、どう選択しようが、それを受け入れられるようになることですよ。だって、選択の権利はあなたにあるんじゃない。あの人にあるんだもん。不安になろうが、期待しようが、そればっかりは変わらない。その事実を認めることですよ。

しゃあないんです。だって、あの人が考え、あの人が選択することである以上、あなたが細かいことあれこれ気にすること自体が無意味でしょ。あなたはあなたができることしかできない。そっから先はあの人の領域。
小川健次Blog
そうして手放す。あの人の一挙手一投足に心奪われなくていい。あの人の言葉や態度に深い意味がないことがわかるようになる。するとどうでもいいことが気にならなくなる。心が軽くなるから、お互いがホッと安らげる関係になれる。

<参考過去記事>
彼の言葉に深い意味はないから、気にしなくても大丈夫。執着を手放して、言葉から自由になれば愛が深まる。

だいたいね、どうでもいいことにばかり気にするから、どうでもいいことばかり引き寄せるんです。どうでもいいことでギクシャクして、どうでもいいことで泣く羽目になる。ってアホか。最初っから気にしなきゃいいんです。手放しておけばいいんです。

それでも、どうしても気になるときは、少し冷静になって考えてみればいいんです。それ気にすることがお互いの関係に何かメリットになるのか。それは気にしなきゃいけないほど重要な問題なのか。と。すると、ほとんどどうでもいいってことに気づきますから(^。^)y-.。o○

【どうでもいいことを気にしなくなるには】

愛とお金を引き寄せて、夢をかなえる目標設定講座
小川健次Blog

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。