小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

決めつけるのをやめると、愛される。謙虚になれば、執着を手放せる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


決めつけるのをやめると、愛される。謙虚になれば、執着を手放せる。

決めつけるのをやめると、愛される。

家族や、恋人、友人など、あなたとの距離が近くて、愛や信頼関係で結ばれた人だとして、他人である以上は、その人の意思に介入することなんてできやしない。
小川健次Blog
何か言えば、少なからず、その人の考えに影響を与えることくらいはできるかもしれない。それでも、あなたが決めつけて何かを言おうが、最後の意思決定は、その人以外はできない。そこに他人は干渉できない。

あなたの言葉や行動に対して、あの人が期待通りの反応をしてくれない。言ってほしい言葉を言ってくれない。そう感じることがあってもしょうがない。だってそれがその人の意思だから。それにストレス感じても無駄なだけ。

意見としては耳に入れてくれたとしても、それをどう対応するかは、その人次第。あなたにはどうにもできない。

ちなみに、僕の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージにも、内容が感じ悪いとか、悪ふざけが過ぎるとか、いろいろもらう意見も一応聞くけど、どうするかは僕が決めてるのは当たり前。

どんなに距離が近くであろうが、愛し合っていようが、信頼し合っていようが、他人は他人であなたはあなた。決断はその人本人しかできない。それについて、あなたが決めつけでモノを言ったり考えたりしても、得るものなんか何もない

あなたが逆の立場だったと思って、考えてみれば同じじゃないですか。他人が何をどう思うか、他人にどんな期待をされているか、そして何を言われているか。一応、気にはするし、耳にも入れるけど、あなたはあなたの基づいて、自分で決めてるでしょ。

なのに、他人であるあなたが、上から目線で決めつけて物を言ったり、接したりするから話しがややこしくなる。これがあなたのためだから。あなたはこうすべきだ。あなたにはこれがベスト。あなたは私にこういう対応して当然

もちろん、あなたも上から目線で、決めつけているわけではないのでしょう。でも、あなたの言い方や態度を通じて伝わってくる、「私はあなたのことをわかっているのオーラ」「私にこうして欲しい期待感オーラ」が、相手に威圧的に感じられる。

あなたが期待するのは自由。決めつけるの自由。でもその期待に応えるかどうか、決めつけを受け入れるかどうかは、あの人が決めればいいこと。そこに押し付けがましく、土足で入ってこられたら、面倒くさいとしか思われない。

イメージはそれが何であれ現実になる。あなたにイメージがあるように、あの人にもイメージがある。そのイメージを、あなたが踏みにじれば、結婚どころか普通の人間関係でさえ、ウザがられるのは当たり前。

<参考関連記事>
結婚できる、潜在意識の使い方。イメージが、幸せな結婚を引き寄せる。

あなたはあなたが出来ることしか出来ない。他人の決めることに、参考意見は言えても、その決定をコントロールまではできない。相手は自分じゃない。決めるのは自分じゃなくてその人なんだから。

そのためにも、その人の考えに対して、固定観念や先入観を抱かないこと。先に勝手に相手のことを決めつけないことです。あなたは、あなたが思っているほど、あの人のことをわかっていない。

謙虚になれば、執着を手放せる。

その人のことをわかっているつもりでいるから、決めつけてものを言い、相手に反発されて関係がおかしくなる。期待するから、肩透かしを食らってガックリするんです。

あなたにとって予測と違うこと、期待を裏切られるようなことが起こる。だから不安になるし、信じられなくなる。そしてその不安や不信を、そのまま長文LINEにするから、相手に面倒くさいと思われて、既読スルーされる無限ループ。

そこには相手への愛も信頼もない。ただ不安だから。ただ自分の考えを否定されるようで、嫌だから。結局は、その人のためだと言いながら、全部あなた自身のためでしかない。

相手にしてみれば、ありがた迷惑余計なお世話。むしろ不快ですよ。勝手に決めつけるな。勝手に期待して、勝手にガックリして、勝手に文句言うな。おまけに長文LINEを送ってくるな。

謙虚さが無いからですよ。心のどこかで、私はあの人のことを理解している。私はあの人に愛されてるから何を言ってもいい。あれこれ介入して決めつけて、指図まがいのことをしてもいい。距離が近いほどに、そんな考えに支配されている。

あなただって、そういう接し方をしてくる人を、愛したいと思わないでしょ。あの人だって、そうなんです。そんなウザくて面倒な人とは、関わりたくないし、愛したいとも思わない。

あなたは、自分で思っているほど、あの人のことをわかってない。その謙虚さを忘れるな。そして勝手に決めつけるな。期待するな。本当に信じている、本当に愛しているなら、相手がどんな意思で、どんな決断をしようがそれを尊重できる。

謙虚でいれば、期待への執着も手放せて、決めつけるようなことはしなくなる。相手の考えを知りたいと思えるし、その考えを尊重したいと思えるようになる。だから、あの人も謙虚にあなたを尊重してくれる。お互いに、尊重し合える関係になれる。

見えていない、あの人の心のことを、憶測でわかった気になって妄想しなくていい。その妄想が期待になり、執着になる。それ手放すから、恋愛も人間関係もうまくいく。

<参考関連記事>
期待と執着を手放すと、恋愛はうまくいく。ありのままの現実を受け入れて、引き寄せの法則を発動させよう。

謙虚になって、フラットな心で、大切な人の心と向き合うことです。思い込みで決めつけるのをやめるから、あの人もあなたを尊重して、あなたの愛を受け入れてくれる。お互いの心の距離が近くなり、信頼が深まる。

あなたが、あの人のためにできることは、やればいい。でも、そこから先はあの人の世界。そこは謙虚になってリスペクト。そうやって手放してしまえば、無駄な期待も執着もない、自然でフラットで、お互いが心地良い関係になれるってもんですわ(^。^)y-.。o○

期待と執着を手放して、愛される人になる講座

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。