小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

昨日好きと言っても、今日は嫌いと言っていい。昨日嫌いと言っても、今日は好きと言っていい。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 話し方の原理原則 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 2時間の基礎講座 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

昨日好きと言っても、今日は嫌いと言っていい。昨日嫌いと言っても、今日は好きと言っていい。

■過去の言葉から自由になろう

思っていることは口にしたほうがいい。が、口にする、言葉を発するということは、その内容に応じた責任が伴う。その内容に応じて、あなたに何かしらのことが返ってくる。
小川健次Blog
もちろん、その言葉を聞いた人を傷つけることもあるだろうし、勇気づけることもあるでしょう。言葉は発した本人だけでなく、周囲の人に対しても少なくない影響を与えるもの。

だからこそ、言葉の使い方というやつは大事なんです。ときに慎重であるべきだし、ときに迷わず発しなきゃいけないときもある。そして時と場合に応じた話し方、言い方ってのも気をつけなきゃいけないこともある。

もちろん、僕もこのブログをはじめ、毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージで、その場その都度好き勝手なこと言ってる分については、自分でその責任は負っている。うん。まあ。いろいろな意味で。

言葉は大事。状況を見極めて慎重に発すること。これ大前提。でもね、だからといって、慎重になるあまり何も言えない、責任感強すぎて自分の発した言葉に縛られてしまう。なんてことになるなら、本末転倒。だって言葉は言葉でしかないんだもん。

言葉はあなたの想いを音声化したもの。その裏に何があるかは別にして、言葉の元にあるのはあなたの想い。そしてその想いというやつは、時と場合に応じて変わる。加齢によってだって変わるでしょうし、相手によってだって変わるでしょう。

昨日好きと言ったものが、今日になったら嫌いになることだってある。昨日好きと言ったから、今日も好きじゃなきゃいけない理由はない。過去に何を発したかではなく、今何を思っているかのほうが重要なんです。

人は変わる。ときと場合に応じて発する言葉も変わる。自分のことを棚に上げてることもあるでしょう。人は矛盾に満ちている。
小川健次Blog
だからね、あなたが過去に何を言ったかなんてのは、気にしなくていい。自分の立場がどうかなんて意識しなくていいんです。今あなたがどう思っているか。あなたにとっても周囲の人にとっても、大事なのは、今のあなたがどう思っているかなんだから。

そりゃね、約束したものを、その場そのときでコロコロ変えちゃダメでしょ。社会的な影響力のある人が、好き勝手にモノを言ったら大変ですよ。でもね、そういうケースでもなければ、過去にあなたが何を言ったかなんて関係ない。そこに縛られる必要だってないんです。

<参考過去記事>
自分で自分を縛らなければ、仕事も恋愛もうまくいく。あなたが思う以上に、あなたには多くの選択肢がある。

そのとき思ってることを言えばいい。過去に何を言ったか。そんなことに縛られて、自分を制限してしまう必要も、あの人の前で萎縮してしまうことなんてないでしょう。

過去好きと言った相手にだって、今嫌いならそう言っていい。過去嫌いと言った相手でも、今好きならそう言えばいいんです。あれを言ったから、今もう取り返しがつかないなんてことはない。必要なら変わった理由を説明すればいいだけ。問題なんか全然ないから。

■変わっていく自分と他人を許そう

人は変わる。加齢とともに価値観変わるし、状況環境立場によって視界が変われば思うことも変わるもの。その都度、過去の自分の発言に縛られてしまえば、そりゃ何もできなくなりますよ。

ちなみに、そういうのは揺るがない信念、なんていう高尚なものではなく、人の顔色見てるだけの臆病モンでしょう。

もちろん、あなたが変わるように、あの人やこの人、あなたの大切な人だって変わるんです。だから、あの人が昨日と違うことを言っても、それは別におかしいことじゃない。あなたに嘘をついていたワケでもない。ただ変わっただけ。だからしゃあない。

つい先日まで、大好き言ってくれてたあの人の態度が、突然変わる。バッサリ切られて話しもしてくれなくなる。そういうことはあるでしょう。でもそれ、あなたが悪いというよりも、相手が変わったんだもん。しゃあないでしょ。

そこで、昨日は好きって言ってくれたのに。そう泣きついたところで意味ないですよ。だって昨日は確かに好きだった。でも今はそうじゃない。今好きじゃない。

今好きじゃないのに、過去好きって言ったから、離れちゃダメなんて言ったって、相手だって困るでしょ。確かに昨日は好きと言った。でも今好きじゃないから離れたい。ただそれだけのこと。あなただって、逆の立場だったら同じように困惑するでしょ。

確かに、言われたほうがガックリくる。ついこの前まで好きと言ってくれた人が、今日になったらあんた誰? そりゃさすがに僕でさえ、立ち直れないと思うくらい凹みますよ。

それでも繰り返し言ってるように、人は自分の過去の発言に縛られるべきじゃない。しかもそれが、あなたにとって大切な人であれば、その人の過去の発言で、その人を縛るべきじゃないんです。過去はそう言ってた。でも今は違う。ただそれだけのこと。

その逆だってあるでしょう。昨日は嫌いと言われたとしても、今日には好きになってくれるかもしれない。一度そう言われたからといって終わりじゃない。

もしあなたの考えが変わって、言うことが変わる際に、必要であれば変わったことを説明したり、してもらったりすればいいだけのこと。変わった今は過去じゃない。そこで過去に執着しても得るものない。

人は変わる。こればっかりはしゃあないことですよ。それで決裂してしまうのはご縁がなかっただけのこと。それにね、あなたが寛容でいれば、相手が変わっても許せることができる。そこで執着せずにまた次の出逢いを引き寄せることができる。

<参考過去記事>
価値観の合う人ではなく、価値観が変わっても許せる人を探そう。許せる寛容さが、理想の人を引き寄せる。

言葉は大事。でもその言葉に縛られてしまえば苦しいだけ。状況環境そのときの考えが変わったのなら、発する言葉も変わっていい。行動だって変わっていい。あの人が変わったことも許せばいいじゃないですか。

自分で自分を縛ってしまわないことです。そうして選択肢を狭めなければ、あなたにはまだまだできることはたくさんある。出逢える人もいる。より大きな幸福を引き寄せられるのだから(^。^)y-.。o○

【執着を手放すための個別セッション】

小川健次
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。