小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手への愛の伴うイメージが信頼と信用を築き上げ、多くの愛を引き寄せる

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

冒頭に少し宣伝。一部では少しご案内もしていますが、セミナーという形に限らず、もうちょっとざっくばらんに色々とディスカッションをし合えるような、オープンな場としての勉強会を今月からやろうと思っています。

僕は講師というより参加される皆さんと同じ土俵で、同じく一緒に学ぶ立ち位置でという肩肘を張らないスタイルで。

テーマはナポレオン・ヒル。とりあえず平日の夜に月一くらいのペースで開催しますので、お気軽な交流の場としてもどうぞ。

詳細は以下のリンクで
ナポレオン・ヒル勉強会・読書会

というわけで、今日のテーマはこちら。

相手への愛の伴うイメージが信頼と信用を築き上げ、多くの愛を引き寄せる

■相手の立場を考えてみる

その相手が誰であれ、目の前にいる人のこと、その人の立場になって考えることは大事なことですわ。

usa2

それが家族であろうが、友人だろうが、彼女彼氏だろうが職場の仲間だろうが、あまりよく知らない人だろうが同じこと。


あなただったら、どうしてもらえれば嬉しいか、どう言ってもらえれば相手を信頼するか、そんな考えを巡らせてみる。

相手の言動に対しても同じ。
なぜこの人はそのように言うのだろう、なぜそのように行動するのだろう。
相手の立場にたって考えを巡らせる。そして自分が相手になったようなイメージを心の中に描いてみる。

もちろん、その考えやイメージが的外れな場合もある。というよりほとんど的外れ。

いいんです。的外れだって。
大事なことは、相手主体で相手に気遣い、相手がどうすれば喜んでくれるだろうか、どうすれば笑顔になってくれるだろうかと思う、心の動きにあるんです。

<参考過去記事>
相手のことを気にかけられる余裕ある優しさを持つことが、思いを伝える絶対必要条件

だからそれは、単に相手をヨイショして媚びるということではありません。あくまでも対等な立場で、まず相手に喜んでもらいたいという、代償を求めない愛の伴うイメージを描くということ。

そのためには、上っ面のことだけではなく、相手が今置かれている状況や環境、それらに基づいた今の心境までにも思いを馳せ、イメージを膨らませることです。

すると、まずこちらの態度が変わってくる。余裕が生まれるんです。余裕があるからさらに相手のことを考えられる。そして相手もあなたに打ち解けた態度へと変わってくる。

■相手への愛が多くの愛を引き寄せる

相手の立場のイメージを描かず、そして何も考えず、ただあなたの思いや主張だけを一方的に伝えても、それは結局独り善がり以外のなにものでもありませんよ。

こちらの都合のみでの主張であれば、相手は相手の都合のみで主張してくる。気持ちが重なるところはないまま平行線。結局何となくの付き合いで何となく別れていく。そんな関係の繰り返し。

だから愛なんです。愛を伴う相手へのイメージなんです。

と、僕が愛を連呼すると何だか嘘っぽく聞こえるかもしれませんがこれホント。

例えば、あなたの要望を相手に断られたとしても、相手の都合をイメージできれば、相手は相手の都合でその要望を断ったにすぎないことがわかってくる。
あなたのパーソナリティを否定されたわけじゃないことにも合点がいく。

結果的に相手への否定的な感情だって沸きませんよ。それはそれで、別のことについては継続して信頼関係を維持できる。

そして何より、相手の立場を愛を伴ってイメージするということは、潜在意識に対して愛の感情を習慣とすることに他なりらない。
つまり、その潜在意識への作用は、結果的に多くの愛を引き寄せることになるってことです。

とはいうものの、途中にも書いたように、あまり相手のことばかり考えると逆に疑心暗鬼に陥ることもあるので、どっかで所詮は他人事とスパっと断ち切る必要もありますわな

なのでそのあたりはバランスの問題ということで、また別の機会に(^。^)y-.。o○

愛の伴うイメージを効果的に描く方法はこちらで。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。