小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

行動の結果と性格は別評価。混同するからセルフイメージがネガティブなものになる。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

行動の結果と性格は別評価。混同するからセルフイメージがネガティブなものになる。

■セルフイメージが下がる原因

内容にもよりますが、出た結果に対しては、冷静な思考というよりも、つい感情で反応してしまいがち。

hina

特にそれが望まない結果である場合には、つい自分を責めてしまったり、自分自身のパーソナリティを否定したくなったりするもんです。


しかし、結果に対して目を向けるべきは、行動の過程です。その手段や方法であって、あなたの性格に対してではないでしょう。

もちろん、手段や方法へ取り組む姿勢や、手段や方法を選択するプロセスについては、性格要因にまで切り込む必要はありますが、それはまだ先の話し。

とはいえ、私たちは往々にして、結果に対する評価を手段や方法ではなく、自分自身の性格に直結して考えてしまうことがある。

こういう失敗をしたのは、自分が無能だからだ。
人間関係がこじれたのは、自分の性格が悪いからだ。みたいな。

いや。それ関係ないでしょ。
まあまるで無関係とは言いませんが、そこに至る前に考えるべきことがあるじゃないですか。

その結果になった手段や方法は正しかったのか。正しくなければ他にどういう方法があったのか。それを改善して再チャレンジは可能か。など。

そのプロセスをすっ飛ばして、単純に自分の性格や脳力の問題に結びつけるから、本質が見えなくなる。

挙句の果てには、「うまくいかない理由=自分の脳力の欠如」という公式を勝手につくってセルフイメージがどんどん歪んでいってしまう。

■それはそれ。これはこれ。

形成外科医であり、サイコ=サイバネティックス理論の提唱者として知られる、マクスウェル・マルツ博士は言います。

何か誤りを犯したとき「私は失敗した」と言えば、失敗は一つの行為の結果にしかすぎません。
ところが、「私は失敗者である」と表現すれば、自分と誤りは一体化され、自分は失敗型のパーソナリティをもつ人間であると言っていることになってしまうのです。この考え方は、誤りを自分の中に固定化させ、永久化することが臨床心理学の実験でも証明ずみなのです。
マクスウェル・マルツ
Success Dynamics of Psycho-Cybernetics

事実としての結果は結果として受け容れればいい。その上で反省をしながら次のステップにいくことを考える。

そしてパーソナリティは別の問題として切り分ける。

それを混同して一体で自分自身に言い聞かせてしまうから、セルフイメージまでもがその言葉に引きずられてしまうのでしょう。

<参考過去記事>
図解あり/言葉はイメージを生み出す。良いイメージを描きたければ、良い言葉を使おう

もちろん、それは自分自身のことに限ったことじゃない。
誰か他人の行動が生み出した結果に対しても同じこと。

その結果と、個人のパーソナリティを直結して考えてしまうと、その人を色眼鏡で見ることになる。だからその人の本質を見誤るのでしょう。

結果を分析して必要に応じて反省したり、そこから課題を見出すことは必要です。
しかし、それは自分自身を否定することではない。それはそれ。これはこれですから。

だから何か望まない結果が出たときには、その行動は反省するけれども、自分自身は否定しないことです。

自分のセルフイメージは常に最良な状態に保っておきたいですもんね(^。^)y-.。o○

理想のセルフイメージを描く方法。9月までの予定を更新しました。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。