小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

話すタイミングで、NOがYESになる。断られても、落ち込まなくていい。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/05/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第29回

仕事先延ばし、締め切り破り…このルーズな姿勢と性格は変えられるのか

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

6月東京
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


話すタイミングで、NOがYESになる。断られても、落ち込まなくていい。

言葉が伝わるかどうかは、話すタイミング次第

どんな場面であれば、あなたが思っていることは、言葉として発するから相手に伝わるというもの。とはいえ、言葉に発しさえすれば、必ず伝わるかといえば、それはまた別ですよ。
小川健次Blog
あなたの言葉は、確実に相手の耳には届いてる。相手も、あなたの言葉の意味を理解しているし、言いたいこともわかってる。なのに、なぜだか届いている気がしない。そんなことってあるでしょ。

慎重に言葉を選び、丁寧に言葉を重ね、魂を込めて話しているはずなのに、どうにも伝わらない。

カンタンなことですよ。相手があなたの方を向いていないから。あなたと違う方を向いているから、言葉が伝わらないんです。

あなたの方を向いてるというのは、物理的に体があなたに向いている、という意味だけじゃない。心があなたの方を向いているかどうか。あなたの言葉を聴こう、あなたの思いをまず理解してみよう。そう思ってもらえているかどうか。

クッソ忙しいときに、その場にはまるで関係もなければ、今するような話しでもないことを話されたって、そりゃ誰も聞く耳なんか持たないですよ。仮に聞いてるように見えても聞いてるフリ。

朝に寝坊して、大慌てでいるときに、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージが届いたって、そのまま削除するか、未読のまま放置したりするでしょ。

つまりは、タイミングの問題。言葉が届くか、思いが伝わるかは、そのときのタイミングによって、少なくない影響を受けるんです。

あの人がこちらを向いてない。または向くことできないし、今は向きたくない。そういうタイミングのときであれば、何を言おうが何を伝えようが、相手の心になんか届かなし、伝わらない。それこそ小手先会話術なんか、クソの役にも立ちませんよ。

ということは、もしその場で、あなたの言葉や思いが、相手に伝わらなかったとしても、それはあなたが嫌われてるからじゃない。話し方が悪いわけじゃない。人間性を否定されてるわけでもないんです。タイミングが合ってないだけのこと。

すでに、今あなたから気持ちが離れている人に対して、あれこれ言ってもダメなのと同じことですよ。別れた人に、ただあなたの都合だけで、復縁を求めたとことろで、復縁なんてできるワケがない。だから執着すんなって言ってるんです。

<参考関連記事>
別れた人と、復縁できる人とできない人の違い。愛しているなら、彼の選択を受け入れて執着を手放せる。

まずは、あの人があなたの方を向いてくれること、そうなるタイミングを見計らうことでしょう。それには相手の立場で考える。相手を思いやる気持ちがなきゃできない。

相手の思いや都合を無視して、単に自分の思いだけを一方的に伝えたい。だからそれを受け入れろ。それを聞け。そんな自分本位なヤツの話なんか誰も聞かない。何を言おうが、どんな伝え方をしようが、まったく届くことはない。

相手の立場で考えられれば、断られても落ち込まなくなる。

誰でも日常的に色んなこと考えて生きてるし、仕事や家庭など色んなことに対して、あれこれ取り組みながら生きているんです。あなたも僕もあの人も、みんなそれほどヒマじゃない。

にも関わらず、自分以外の人の思考が、言葉として横からいきなり入ってくる。いろいろ自分で考え込んでいるときに、そこに話しで割って入ってこられたら、困惑するだけでしょう。その相手が、どんなに大切な人だとしても、そのタイミングでは受け入れられない

数日前に提案したら、まったく相手にされなかった。なのに、今日同じ提案をしたら、いろいろ聞いてくれたし、その内容に快く賛同までしてくれた。なんてことは、その立場が逆だったとしてもよくあること。

別にそれは、あなたに意地悪してるからでもなければ、ある日突然あなたを好きになったワケでもない。単に数日前は、受け入れるタイミングじゃなかっただけ。今日は受け入れることができるタイミングだっただけ。ただそれだけのこと。

だから、あなたがすべきは、手練手管の小手先会話テクニックで、相手を思い通りにしようなんていう、セコイ執着を手放すことですよ。まずは、相手の立場で考えてみる。今このタイミングでこういう話しをした、向き合ってくれるだろうか。聞いてくれるだろうか。と。

もちろん、タイミングが合うことで、心を向き合わせて、話しを聞いてもらえたとしても、あなたの想いを受け容れてくれるかどうかは別のこと。でも、少なくとも、伝えたい思いは伝わるし、そこに誤解もないから双方納得できる。
あの人の心に寄り添い、想像力を働かせて、話してもいいタイミングを見計らうことですよ。万一タイミングを外してしまっても大丈夫。そのときは聞いてくれなかったとしても、別の機会に再チャレンジしてみればこちらを向いてくれることもある。

あなたが本当に、その人に届けたい想いなら、その人に聞いてほしい言葉なら、そのくらいの慎重さと、思いやりは持てるはず。そのくらいの思いやりさえ持たずに、聞いて聞いて!って押し付けるから、ウザがられるし、LINEも既読スルーになるんです。

<参考関連記事>
LINEが既読スルーになる理由は、押し付けが面倒くさいから。相手の心に寄り添い、執着を手放すと愛が深まる。

一回断られたくらいで、嫌われてるんじゃないかと、不安や心配になって、落ち込まなくていい。それを話すタイミング、伝えるタイミングが悪かっただけ。ならば、またタイミングを改めればいいだけですよ。

本当にあの人への思いやりを持てているなら、自分の都合を押し付けず、落ち着いてあの人の心に寄り添い、あの人のタイミングを見計らうことができるはず。そのあなたの思いやりの積み重ねが、あの人に心の扉を開かせるってことですわな(^。^)y-.。o○

執着を手放して、相手に寄り添える心の余裕をつくる方法
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。