小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛は受け入れたときに力を生む。愛を注がれても、拒めば何も生み出されない。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/07/20更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第142回

コロナ禍で増加するアラサー女子の「ゲーム感覚不倫」。その大きな代償。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

愛は受け入れたときに力を生む。愛を注がれても、拒めば何も生み出されない。

■皆、必ず誰かに愛を注がれている

どんなに悪いことしたとしたって、世の中のすべての人が、あなたを憎悪の対象とすることはないでしょう。

shika

そう。結局のところ誰であれ、必ずどこかの誰かが好意を、そして愛を注いでくれているもんです。


とはいえ、その好意にしたって、愛にしたって、受け取る側がそれを受け止めなければ意味がない。

もちろん、その愛や好意の形はさまざま。言葉なのか行動なのか。それとも気持ちなのか。
それが何であれ、受け容れる意思を示さなければ、愛も好意も意味をなさない。

そしてやがて注ぐ側も面倒になって疲れて終わり。

せっかく愛や行為を注いでもらったところで、それに気づかなければ、いや、気づいていても答えなければ、受け容れる意思を示さなければ、やがて相手にされなくなる。

別に全部を受け入れる必要はありませんがね。
嫌いな相手、そもそも受け容れたくない相手の愛なんかは拒否してOK。拒否すらしないで華麗にスルーも全然OK。

その一方で、誰からも愛されていない、好意を持たれていない。そんな孤独を感じてしまうときは、あらためて考えてみたほうがいい。

注がれている愛や好意を見落としていないか。
気づいていても受け入れを拒んでいないか。

<参考過去記事>
あなたは孤独じゃない。あなたが誰かのことを考えているように、誰かがあなたのことを考えている。

冒頭にも書きましたがね、すべての人に嫌われたり憎まれたりするのは無理。誰かが必ずあなたに愛を注いでいる。誰かが必ずあなたに好意を抱いているんです。

■そこにあることに気づくかどうか

だからまずは受け容れる。
拒んでいるつもりはなくとも、小さなことを見落としていないか。ささやかな愛でもスルーしてしまっていないか。

褒められたら素直に受け止めればいい。
ありがとう。

力を貸してもらえたら感謝を伝えればいい。
ありがとう。

まず受け入れることです。
いや全然そんなことないですよー、とさりげなく拒否らずに。こいつ何か企んでないか、といちいち腹を探らずに。

その上で感謝を言葉で伝え、行動で返せばいい。それによって価値が生まれる。新しいことが起こる可能性が芽生えるんです。

鬱陶しい相手だったらそれこそスルー。でもそうでないなら受け入れる。受け止める。感謝する。

そこではじめて愛を感じることができるんです。好意を感じることができるんです。誰だって必ず誰かに愛されてる。それに気づいているか。受け容れているか。その違いだけなんです。

そして愛や好意に気づければ、受け入れられれば優しくなれる。気持ちに余裕が生まれる。だから今度はあなたが誰かに愛を注げる。まさに愛の好循環。愛のコークスクリュー。

ところで、としまえんのコークスクリューってまだあるのかしら?

さて、その一方で相手にきちんと気づいてもらえる、受け容れてもらえる愛の伝え方というのも、課題としてあるわけですが、それはまた別の機会に。

まあ、そこに愛があるかないか。それは、そこに愛があることに気付くかどうか、受け容れるかどうかの違いということだけってことですわな(^。^)y-.。o○

この週末は新潟にいます。草だんご食いまくり。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。