小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手のことを想うからこそ言葉にできる。自分のことを守ろうとするから言葉にできない。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

相手のことを想うからこそ言葉にできる。自分のことを守ろうとするから言葉にできない。

■守るべきは誰か

言葉にできるかできないかは、もちろん状況によって異なるでしょう。

torausa

伝えたい想いは、できる限り言葉にしたほうがいいものですが、なんでもかんでも言葉にすればいいかと言えばそういうことでもない。


とはいえ、往々にして言葉にできなくなるのは、相手のことを想うからではなくて、自分のことを守ろうとするからという視点で考えてみると、ちょっと違うものも見えてくる。

あ、ちょうど昨夜やってたナポレオン・ヒル勉強会でも同じ話題になってたので、参加してた人にとっては少しかぶるかもしれまん。

これを言ったら相手に嫌われるかもしれない。
これにNOと返されたら自分が傷つくかもしれない。
うまく言えなくて恥ずかしい思いをするかもしれない。など。

結局のところ、喉まで出かけた言葉を飲み込んでしまうのは、自分自身のことを守りたいという欲求があるからでしょう。

相手に失礼かも。相手が嫌がるかも。
でも失礼だと決めるのも、嫌がるかどうかを決めるのも、あなたじゃなくて相手でしょ。

要するに、言うことで結果的に自分が相手に嫌われること、傷つくことを恐れているだけ。

冒頭にも書きましたがね。何でもかんでも言えばいいかといえばそうじゃありません。時と場合によるのは当たり前。

でもね。何かを相手に伝えたい。それが相手のためだと心から確信を持てるのであれば、迷わず言えばいいんです。

その結果一時的に嫌われること、傷つくことがあったとしても、本当の本当に純粋に相手のためを想って放った言葉であれば、結果的に意見の溝は埋まらなくても、人としての信頼関係は深まりますよ。

言ってる意見には賛同も承認もできないけども、心から自分のことを想って言ってくれているのだと伝われば、その人を嫌おうとは思いませんわな。

それを中途半端に自分の身を守ろうとしながら、遠まわしな言い方で引き気味になりながら言うから、何を言いたいのかわからなくなる。

だから、真意は伝わらないわ、イラつかれるわ、嫌われるわ、結局また何かを言いづらくなるわの悪循環に陥るのでしょう。

■そこに私心がないかどうか

ここで重要なことは、心から相手のことを想っていること。相手本位であって自分本位じゃないこと。

つまりは私心がないことでしょうな。

頭の片隅で電卓はじきながら、こう言えば俺にとって得になる、こういえばこの人をコントロールできるみたいなこと考えたところで見透かされるだけ。

それに、単に相手のためと口では言いながら、単に自分が口にすることで自己満足に浸りたいだけなんてのはもう最悪。結局自分のことかよ。みたいな。

そういうよこしまな考え一切無くして、心から相手のことを考えてのことであれば、言ったって大丈夫ですよ。っつーか言うべきでしょ。もちろんコトと次第にはよりますが。

何より、そう思って相手に言う言葉には自信が伴いますよ。信念が伴いますよ。だから相手に気持ちが伝わるんです。

まあ言葉にして伝えられれば、問題の多くは解決できますしね。

<参考過去記事>
ありがとう。愛してる。その一言で問題のほとんどは解決できる。

そこに意見の相違もあるかもしれない。言葉の内容には理解や同意をしてくれないかもしれない。でも気持ちは伝わる。思いは伝わる。そうやって言ってくれる人は信用できるし信頼できる。

口がうまいとか下手とかそういうのは一切関係ないこと。言葉を知ってるとか知らないとかも無関係。

ただ相手のことを思えるかどうか。そこに確信を持てるかどうか。口にできるかどうかの違いの多くはそういうことなのでしょうな(^。^)y-.。o○

伝えたい思いを相手に伝える具体的な方法はこちらでどうぞ。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。