小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

周りがあなたをどう思うかは関係ない。あなたが自分をどう思うか。あなたがどの自分を受け容れるか。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

周りがあなたをどう思うかは関係ない。あなたが自分をどう思うか。あなたがどの自分を受け容れるか。

■自分が思い描く自分

毎日誰かしらと接していれば、他人が自分をどう見ているかが少なからず気になるもんです。

inu2kiss

まあこちらが気にしなかったとしても、頼んでもないのに言われることもありますわな。


あなたってこういう人だよね~
あなたのタイプってこうだよね~。みたいな。

まあいいんです。他人が言ってることだから。そんなもんはいつものごとく華麗にスルー。

その人から見えればそう見える。その人がそう感じているということだけだし。そもそも人なんて多面性があるんだから、そんな軽くレッテル貼れるもんでもないでしょ。

といきたいところですが ち ょ っ と 待 て 。

大事なのは、あなたがあなた自身をどうイメージしているか。あなたがあなた自身にどんなレッテルを貼っているかということです。

僕たちは誰であれ、自分がイメージしたとおりの自分になる。いうなれば自分が自分にレッテル張りしたとおりの自分になる。

ということはつまり、周りがあなたに対して抱く印象というのは、実のところ往々にしてあなた自身がそもそも自分に対して思い描いているイメージを反映しているに過ぎない。

もちろん、それが理想どおりの他人からそう見られたい自分であるならば、それはそれでよいのでしょう。

一方で、どうも他人からの自分に対しての印象が不本意だ。自分が正しく他人から評価されていないと感じるのは、そもそもそういう自分をイメージとして受け容れているから。

■守るべきは誰か

まあ言ってしまうと、他人は自分の心の鏡。
あなたのことを誰がどう言うか、どう思うか、それを決めているのはあなた自身ということでしょう。

<参考過去記事>
自分の価値は自分が決める。自分の扱われ方は自分が決めたとおりになっている

それは誰でも同じこと。

周囲を見渡してみればいい。他人に尊敬されたり愛されている人は、まず自分を尊敬しているし愛してる。自分は尊敬されて当然、愛されて当然と信じて疑わない人ですよ。

いや、別に悪い意味での、自身過剰の勘違い野郎という意味ではなくてですよ。

良い自分も悪い自分も知った上、認めた上で、良い自分に焦点をあてて、そこに自信を持っているんです。良い自分を中心に自分のセルフイメージをしっかり作っているんです。

逆にそうじゃない人というのは、自分の良くないところに焦点をあてる。

良くない自分を中心にセルフイメージを形成する。だから他人からもそういう扱いになるし、自分の思考と行動も、良くない自分が発揮される機会が増える。

だから自分のセルフイメージはできる限り、自分の長所を活かして描くべき、そして持つべきだという話しになるわけですわな。

なので、まずは模倣。これカンタン。
自分で理想とする自分の姿をイメージして、その真似をする。そう。自分で自分の真似。長所を最大限発揮している自分をイメージしてその真似です。

これやってみるだけで劇的にとはいいませんが、実際の思考と行動に変化があるのが自覚できるのでおすすめ。真似の対象が自分なのでハードルも低い。

もちろん理想とする誰かがいて、その人を真似るものいいんですがね。

ただいきなりハードル高いと、結局その人と自分は違うから、という言い訳を自分で自分にし始めることもあって、結局逆にセルフイメージが下がるという悪循環になるリスクもあるので要注意。

なんだか書いているうちにテーマがずれてきましたが、要するにセルフイメージには要注意ということにしておいて、今日はこのへんで(^。^)y-.。o○

イメージの最適化とその実現法はこちらで

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。