小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

世界は一つじゃなくて人の数だけある。自分と他人の世界が違うことを認め合えるから、信頼関係が築ける

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/08/24更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第148回

恋愛が続かない30代女性の多くが、20代不倫を経験。その後遺症を脱する方法。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

                               
地域・開催日 内容
福岡 2021/11/06(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
東京 2021/11/13(土)理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

世界は一つじゃなくて人の数だけある。自分と他人の世界が違うことを認め合えるから、信頼関係が築ける

■善し悪しではなく、違うということを知る

誰でも少なからずあると思うでんすよねえ。なんでわかってくれないのかなあ。なんで伝わらないのかあ。なんて人に対して思うこと。

nekokitsune

小さなことから大きなことまで、それがストレスやいさかいの原因だったりするもんです。


まあでも、そりゃそうですよね。
あなたにあなたの世界があるように、他人には他人の世界があるんだから。

そしてその世界はときに一体化することもあれば、ときに近くにあることもあり、ときに全然違うところにあることもある。

血がつながってるとか、同じ戸籍に入ってるとか、同じ言語を使って、同じ人種で、同じ列島に住んでるからとか関係ない。

あなたはあなたの世界。僕には僕の世界。それぞれある。それぞれ違う。みんな違ってみんないい。

誰にだって仕事があって家庭があって、これまで生まれ育った環境がある。その過程で作られてきた世界があるんです。

そうやってつくられた世界観を基準に、価値観がつくられ、その上での良し悪しや好き嫌いがある。それが暴走しないように社会規範やそれを維持するための法というものもありますが、それは面倒なので割愛。

すし職人と銀行員じゃ見えるもの感じるものが違う。
包丁一本に対する価値観が違う。まぐろを見る目が違う。数字の評価や読み方が全然違う。

家の中で誰とも関わらずに過している人と、表で数多くの人と関わっている人でも違う。
庭へのこだわりや近所づきあいに対して考え方が違うし、人との付き合い方そのものが違う。

どれが良いとか悪いとか、優れているとか劣っているというじゃない。とにかく世界が違うということですわ。

この当たり前のことを、ときに忘れがちになるから人間関係がおかしくなる。
昨日も書いた話しですが、距離感が維持できなくなるってことでしょう。

<昨日の記事>
図解あり/心地良い距離感を保てる相手は信頼できる。心地良い距離感が崩れると信頼関係も崩れる。

■合うところで信頼関係を築ければいい

親子であろうが兄弟であろうが夫婦であろうが親しい友人であろうが、他人は他人。そしてそれぞれ自分の世界がある。

にも関わらず、相手の世界をも自分で支配しようとしてみたり、一方的に否定しみたり、自分の世界を相手に押しつけようとしてみたりしても、うまくいくことなんて無理でしょう。

まあでも、こういうときって、往々にして「無意識の善意」による押しつけだったりするから余計にウザいんですよねえ。

もちろん、それが子供への「しつけ」や「教育」という範疇であれば、このテーマとは別の話し。

つまりは、他者との関係を築くこととは、お互いに違いがあるという前提で、認めあえるところ、わかりあえるところのポイントでの結びつきをつくるということでしょう。

そしてそのポイントが、お互いの目標を達成する上で相乗効果を発揮できるような関係性にまで発展するならば、いわゆるナポレオン・ヒル博士の言うマスターマインドの関係性になるのでしょうな。

<参考過去記事>
図解あり/お互いの世界観を尊重し合えるから、マスターマインドの関係性がつくられる

特に付き合いが長くなったり、一緒にいる時間が長くなるほど、つい自分の世界と相手の世界を同一視してしまう。そこでしなくてもいい喧嘩をする。ストレスになる。

そんなことであれこれ言い合ってもしょうがないですよね。そもそも違う。最初から合わない部分は合わない。それでいいじゃないですか。合う部分で信頼しあえれば。

付き合いの長い相手や、一緒にいる時間の長い相手との関係に、疑問やストレスを感じることがあるならば、少し立ち止まって考えてみるといいかもしれません。

お互いの世界を認め合えているだろうか。合わない部分まで無理して合わせよう、合わせてもらおうとしてないだろうか。と。

ちょっと一呼吸入れて考えるだけでも、そのあたりのストレスはだいぶ軽減されるもんですよ(^。^)y-.。o○

お互いの世界を尊重しながら信頼関係を深める方法はこちらで。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。