小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

誰かを元気に、そして笑顔にすることができると、自分が元気に、そして笑顔になれる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

誰かを元気に、そして笑顔にすることができると、自分が元気に、そして笑顔になれる。

■落ち込んでるときこそ他人を元気に

落ち込んでるときは、落ち込むだけ落ち込んで、これでもかというほどに泣くだけ泣いて、すっきりしたほうがいい。

suzume

落ち込んでいるのに、無理してヤル気まんまんのフリするから、ある日突然心がポキっと音を鳴らして折れてしまうわけですわ。


とはいえ、そこまで落ち込んでいるわけじゃなく、なんとなくいまいち気分が乗らないときもある。ちょっとした嫌なことで気落ちしたりムカムカしているときもある。

そういうときの気分転換の方法は人それぞれあるでしょう。家で酒飲んだり、街に出て酒飲んだり、公園で酒飲んだり、道端で酒飲んだり、会社で酒飲ん・・・あ、それはないか。

いやまあ何でもいいんです。気落ちしたときでも、心がザワついているときでも、うまく自分でスイッチを切り替えることができればいいし、自分なりのその方法を持っていることが大切。

その上で、さらに自分の気分を高揚させて、スイッチを積極的な方向へと切り替えるのに有効なのが、誰かを元気にすること。そして笑顔にすることですよ。

単純なことです。誰かを元気にしようと思えば、自分がその人以上に元気じゃなきゃいけない。自動的にスイッチが入るんです。誰かを笑顔にしようと思えば、自分が笑顔じゃなきゃいけない。だから自動的に笑顔スイッチがONになる。

そして身近な誰かが笑顔になれば、自分ももっと笑顔になれるし元気になれる。積極的な循環が生まれんです。

<参考過去記事>
苦しくて困っているときほど、苦しくて困っている人を助けると、状況が好転する

一方で、失敗したやつざまあwww

と、人の不幸で蜜の味を楽しむというのもアリかもしれませんが、そんなことしたって何の得にもなりませんし、結局自分の傷を舐めるくらいにしかならないから、まるで生産的ではありませんわな。

■見返りは求めない

別にあなたが医者でもなければカウンセラーでもくなたって構わない。身の回りの大切な誰かを元気に、そして笑顔にしてあげようという気遣いひとつでいいんです。
いや、もちろん本当にヤバい人には余計な生兵法を使ったところで害悪になるだけですからそこは注意。

そしてそこは完全に相手のためを思うこと。見返りを期待しないことが重要。

心のどこかで、あんたを元気にしてやったんだから、その分これやってくれ。お前を笑わせたんだから俺の気持ちに報いてくれ。

ってそりゃ話しが違うし、そんな安っぽい気遣いは見透かされるだけですよ。

いいんです。ここは見返りを期待するとこじゃないんだから。結果的にそれで自分も元気になれるし明るくなれるんだからそれでいいじゃないですか。

だから余計な下心は出さないことです。

<参考過去記事>
図解あり/相手のことを優先して考えれば、あなたの想いは必ず届く。自分本位の想いには応える理由がないから応えられない。

気落ちしたからといって、誰かに元気づけてもらいたいと考えて待ってるくらいなら、あえて他の人を元気にすることに意識を向けてみることです。

ゲラゲラと笑いたいと思うなら、あえて他人をゲラゲラと笑わせられるようにしてみることです。

すると自分も元気になるし笑うこともできる。
そして何より、あなたが本当に落ち込んでいるときに、他の誰かがあなたを気遣って同じことをしてくれるでしょう。

実のところ、誰かの助けを待つよりも、自分が助けに行くことのほうが、救われることが多いというのは結構よくあることですしね(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。