小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦しくて困っているときほど、苦しくて困っている人を助けると、状況が好転する

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

今日から大阪です。

先週は名古屋で、写真ネタのためだけにさんざん飲み食いしたせいで、実は帰ってからいろいろ大変でした。
何が大変かって、そりゃ下腹あたりの肉づきが・・・(参考リンク/名古屋での写真ネタ

が、ここ数日の調整ですでにそれも解消したのでもう安心。今回の大阪ではもうちょっと体に優しく頑張ります。

というわけで今日のテーマ。

苦しくて困っているときほど、苦しくて困っている人を助けると、状況が好転する

■実際そのほうが得だから

誰にだって誰かに助けて欲しいと思うときがある。

saru

逆境や困難に遭遇し、苦しくて困り果て、誰かに助けてほしいと思うもんです。


そういうときにやるべきこと。
それは実際に誰かに助けを求めることじゃない。

いやまあ誰かに助けを求めるなということではありません。それよりもっと重要で重大なやらなければならないことがある。

それは、逆境や困難に遭遇し、苦しくて困っている、誰かに助けを求めている人を助けてあげることです。

あらかじめ言っておきますが、僕は世界人類を救おうとかいう崇高な理念など微塵も持ち合わせていませんし、来世のために徳を積もうとかいう、高い精神レベルも持ち合わせていません。

他人の権利を尊重しながら、社会正義に反せず、自分自身と大切な人たちの現世利益のみを追求する、俗物の権化みたいなもんです。

だから、困っているときほど、困っている人を助けましょうというのは、別に何か特別な思想に基づくものではないし、何か精神世界的な意味合いではありません。単純にそのほうがメリットが多いから。

つまり、困っている人を助けてあげると、結果的に自分自身が助かる。これホント。

もちろん、自分が助けることができない分野のことなのに、お節介の生兵法で余計なことをして、火事を延焼させるようなのは問題外。そういうときは、助けられる人を紹介することが助けになる。

■視点を違うところに向けてみる

苦しくて困ってるときというのは、とにかく余裕がない。余裕がないから、建設的に物事を考えられない。つい否定的なものに目がいくし、自分の置かれた立ち位置を客観的に把握できなくなる。

だからあえて他人に目を向けてみる。

苦しくて困っている人の問題解決に協力してあげるんです。
自分のことは客観視できなくても、他人のことについては、意外といろいろ見えたりするんです。そして問題解決の道筋まで冷静かつ客観的に考えられる。

まあ、余裕が無くなって、自分のことで精一杯になると、どうしても近視眼的になる。そんなときこそ、他者に目を向ける。視点を変える。そうすると違うものが見えてくる。

そのプロセスで、まず自分の考えが落ち着いてくる。自分の置かれた立場もあらためて冷静に考えられる。

それに、どんなときでも他人の力になってあげようという人は、他の人が放っておかないですよ。結果的に自分自身も助けてもらえることになる。

もちろん、他人のことにばかり気を向けて、それで満足しとけばいいということじゃない。自分の問題は問題として取り組みながら、困っている人にも目を向けて、その手助けをすればいいということ。

情けは人の為ならず、という先達の教えは、苦しくて困っているときほど実践する価値があるものですわな(^。^)y-.。o○

この週末は大阪。そして来週は新潟。さらに札幌。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。