小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

誰だって興味が一番あるのは自分のこと。興味が一番ないのは他人の無関係な自己主張。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/08/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第145回

復縁したいのに2年もできないまま。彼の心は取り戻せる?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

誰だって興味が一番あるのは自分のこと。興味が一番ないのは他人の無関係な自己主張。

■会話しててつまらない人

話しがいまいち面白くない人、別に悪い人じゃないのに、なんだかいまいち盛り上がらない。

penguin

そういう人の共通項で代表的なのが、相手に無関係な話しが多い。しかも一つのエピソードがずいぶん長い。


それが一つのエピソードで収まればまだいいほうで、途中で脇道に逸れたまま延々と続き、さらにまた元のエピソードに戻って長い話しが続くというやつ。

いや、まあそれでもいいんです。それを面白おかしく盛り上げながら話せれば。

でもそれはそれで結構なスキルが必要だし、それこそそういうスキルを持ってる人は、話しがおもしろくない人に分類されることはない。

その手のスキルを体得したけりゃ、相応の経験やトレーニングを積めばいいことですが、そこまでせずとも日常会話をおもしろく、いや、面白くなくてもいいど、せめて「つまらない」に分類されないようにするにはどうするか。

簡単ですよ。相手の話しをすればいい。

あなたの意見や主張なんてのはどうでもいい。いやどうでもよくはないが、あなたの意見や主張が主体じゃない。それはあくまで相手の話しを支えるための添え木程度でいいんです。

極端な例外を除いて、誰だって自分のことに一番関心がある。誰だって自分のことについて一番知りたい話したい。

私は自分のこと好きじゃない、という人だって集合写真を見れば一番最初に自分の顔を探すんです。
僕は自分が本当にイヤなんです。という人だって、遠くでその人の噂話しをしてると自然に聞き耳立つんです。

だから会話の上手い人は相手の話しをするんです。

あなたが相手のことにどれだけ興味があるか。あなたがどれだけ愛しているか以上に、それが相手にどれだけ関係あって、それによって相手がどんなイメージができるかということ。

<参考過去記事>
ひとりよがりの愛は誰も受け取らない

誰だって自分のことをどれだけ愛してるかを説明されても、それによって自分にどんな未来がもたらされるかがわからなければ、聞くだけ時間の無駄ですよ。

■主体を相手に明け渡す

一応言っておきますが、何やら相手に質問攻めをして、あれこれ聞き出すということじゃない。別にカウンセラーになって、とうとうと相手の話しを傾聴しましょうとか、そういうことでもない。

もっと根本的なことですよ。主体を相手に委ねるということ。

よく喋る人の話でも面白いのは、主体が話し手ではなくて相手にあるから。要するに話している内容は話し手のことじゃなくて相手のこと。

そしてなんで引き込まれるかというと、話の内容が相手の考えを否定するものではなく、相手の考えにより添うものだから。相手の考えを補完するものだからですわ。

もちろん相手に自分の話しをしてもらうことは大事だし、それを関心持って聞くこと、安っぽいテキトーな意見を挟まずに受け容れることは重要だし当たり前。

だからそれらも含めて、大前提は主体を相手に委ねること。明け渡すことです。この場はもうあなたの時間。あなたのためにあなたの話しをしましょう。そういう開き直り。

こちらが明け渡すと相手も明け渡してくれるもんです。だからお互いの理解が深まる。信頼関係が出来上がるというもんでしょう。

<参考過去記事>
図解あり/主導権を握りたがると愛はあなたから遠のき、主導権を手放すと愛があなたに近づいてくる。

つまりは愛。愛の伴うイメージですわ。
相手を満たしてあげたい。相手を喜ばせてあげたい。そう心から思っていれば、なんだかよくわからない、どうでもいいあなたの主張を延々話すことなんかしないでしょ。

相手のことを考えない主張なんて単なる自己満足でしょう。一方で自分のことを伝える自己開示も必要ですよ。でもそれだって相手があっての自己開示。

自分の自慢話しだろうと身の上話しだろうといいんです。大事なことはそれが相手に関連づくことなのか。相手にとって意味あること、役立つことなのかということ。

結局のところコミュニケーションってのは相手があって成立するという、当たり前の基本を忘れずにいれば、相手のことを考えられる。人間関係のストレスも無くなるってことですわな(^。^)y-.。o○

12月の予定が一部変更。広島での「イメージの最適化とその実現法」が追加されました

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。