小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心のレンズが歪んでいるから物事を素直に見れない。苦しんで傷が深くなる前に心のレンズを矯正しよう。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

心のレンズが歪んでいるから物事を素直に見れない。苦しんで傷が深くなる前に心のレンズを矯正しよう。

■疲れたら休めばいい

そりゃ誰だって毎日いろいろありますよ。肉体的に疲れることもあるでしょうし、精神的に疲れることもある。

kawauso

仕事であれ、家庭であれ、友人関係、恋愛、趣味など。いろいろな場面でいろいろなことがある。もちろんいろいろの内容は人それぞれ。


男であろうが女であろうが、男の子だろうがおっさんだろうが、女の子だろうがおばさんだろうが、いろいろあれば疲れることもある。肉体でも精神でも。

疲れていると、一時的にでも視力が落ちたりするじゃないですか。視界がぼんやりすることもあるでしょ。それ心も同じ。

疲れて心のレンズが歪んでくるんです。感じるもの、見えるものがいつもと変わってくるんです。

他愛もない些細なことなのに、心のレンズが歪んでいるから、それがネガティブなものに見える。感じる。だから余計な妄想が膨らみはじめる。

疲れているから、それが単なる誤解や妄想だということを客観視できない。そして普段なら絶対言わないような、人を傷つける言葉を発したり、冷静さを欠いた行動をして後悔することになる。

疲れているから、目の前の人を見誤る。大切な人を失うようなことをしてみたり、どうでもいい相手になびいてみたり。

結局自分で自分を傷つけるだけ。傷ついた上に、さらにセルフイメージまでも下がって、もう踏んだり蹴ったりで目も当てられない。

そんな自分にまた疲れ、心のレンズはますます歪んでいく。

だったら休めばいいじゃない。休める時間、安らげる場所を見つけることですよ。

<参考過去記事>
心が弱っているときは誰かに頼って声にすればいい。声にすれば感情を吐き出せて、力を取り戻すきっかけになる。

休まないから、一生懸命やっているはずなのに、頑張っているはずなのに、なぜか慢性的な疲れが抜けなくなる。なぜか自分のやっていることが腑に落ちないし、どうも納得感が抱けなくなる。

■戦う意味と休む意味

心のレンズは安らぎの伴う休息によって、歪みが矯正されるもの。元気で明るいときってどんなことでも冷静に見れるじゃないですか。積極的に物事考えられますよねえ。

まぁ単にしんどいことから逃げ出したいだけの甘ちゃんだったら、休んだところで時間の浪費。まだまだいけるところまでもっとやれ。

上で言ったような話しにピンときて、心のレンズの歪みがあるなと自覚するならば、休めばいいんです。

そのときは現実からできるだけ距離を置くことですわ。
現実に関わっていると、いつまでたっても回復できない。休んでいるのに業務メール見てたり、疲れる相手とのやり取りしてても休む意味ない。

それが旅行をすることなのか、家に引きこもることなのか、支えてくれる人に思い切り甘えることなのか、そりゃ人それぞれ違うし何でもいいですよ。

大事なことは安らぎのともなう休息。
心のレンズが矯正できればそれでいいんです。そして回復したらまた現実に戻る。

最後は現実と戦わないといけない。ここから逃げてもしょうがない。

逃げるのではなく、戦うために心を整える。そのための休息ですよ。単に逃げ口上のための休息はそれこそ現実逃避。

すっきりして心のレンズが矯正されれば、物事を冷静かつ客観的に見ると同時に、建設的で肯定的なものの見方ができるようになるもんです。

まあ休むにしても戦うにしても、それが自分にとってどんな価値をもたらすのか、設定した目標に対してどんな意味があるものなのか、それらがはっきりしていればいいだけ。

<参考過去記事>
自分の弱さを知っているから強くなれる。

ただ目標もなく、目的意識もなく、漠然と流されるままに惰性で戦っていたり、惰性で休んでみたりするから疲れるし、疲れが抜けないということでしょうな。

そういう意味でのメリハリがあるかどうか。結局のところそこが一番大切かもしれませんね(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。