小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人に敬意を払えばどんな相手からでも学びを得られる。心に余裕が生まれて、人付き合いが楽しくなる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

他人に敬意を払えばどんな相手からでも学びを得られる。心に余裕が生まれて、人付き合いが楽しくなる。

■自分以外のすべての人が学びの対象

思考の傾向が似ている人や違う人、感覚が合う人合わない人、好きな人嫌いな人、誰でも生きてりゃ世の中のいろんな人と関わるもんです。

iruka

その中には深い関係になる人もいれば、それこそ一言二言の会話だけで終わったまま、生涯二度と合わないような人もいるでしょう。


僕もホントに数えきれないくらい、いろいろな人に会いました。でもそのうちのほとんどが好む好まざるとに関わらず生涯二度と会うことはない。

もちろんまた会おうと思っている人もいるし、もっと関係を深めたいと思う人もいる。一方で二度と会いたくないと思う人だっていますよそりゃ。逆にお前とは二度と会いたくない、と僕に対して思っている人だっているでしょう。

それでも会うすべての人に敬意を払っていれば、人と関わっていて不快になることはない。ストレス感じることもない。ホントに不快でストレス感じるなら二度と会わなければいいだけで。

自分にないものを必ず他人は持っている。それが物質的なものや脳力に限らず、考え方や感性など、あらゆる事柄で自分と違う何かがある。

つまりは、人と会う、人と関わるということは、それがどんな相手であれ、それだけで大きな学びの機会になることだから。それは親しい間柄の相手はもちろんのこと、一言二言の会話のみで生涯二度と会わない相手であっても。

そこに学びや気づきを得ようと思いながら人と関われば、そこにストレスは存在しなくなる。いや、それでもイラっとすることはあるでしょう。でもちょっと立ち止まって考えればなるほど納得。そう思えれば心に余裕が生まれるんです。

<参考過去記事>
好きな人にも嫌いな人にもいろいろな顔がある。多くの顔を知ることで不安やストレスを軽減できる。

まずは自分と他人は違うこと。違う以上は、そこに学びが必ずあることを忘れないことですよ。

■比較をしないで敬意を払う

好きか嫌いかは別にどうでもいい。そりゃ人それぞれだから。重要なのは、そこで相手と自分を比較しないことです。相手は相手。自分と相手は何かの比較対象じゃない。

別にここで妙な人権思想を説くつもりは毛頭ないし、そういう意味ではありませんので念のため。社会的な立ち位置はもちろん、脳力や感性などあらゆる意味で比較をしないという意味です。

比較をすると、ときに嘲り、ときに嫉妬、そしてときに気後れという、心のレンズを曇らせる余計な感情が生まれるものです。するとその人から学ぼうとする前に、あれこれどうでもいいことに思考が捕らわれる。

エラい人だから言うこと全部うなずかなきゃ。
ちょっとうまくいってるからって調子に乗りやがって。
あなたよりホントは私のほうが認められてるのに。
この人その立場でよくそんなこと言えるわね。

・・・みたいな。
はっきり言ってどうでもいいんです。そんなことは。そんな思いが心のどこかに存在するから、素直に学べなくなるだけでなく、余計なストレスまで感じることになる。

だから最初から誰に対しても敬意を払えばいいんです。最初から敬えばいいんです。自分とは違う何かを持っているスゴい人。自分にはない何かを持っている学ばせてくれる人。少なくとも自分とは違う以上は必ずそこに学びの要素があるんです。それだけで敬意を払う価値がある。

そう思って接すれば上下での比較のしようがないんです。だからあれこれ余計なこと考えない。だから純粋に学ぼうと思ってその人の言葉に耳を傾けられる。

それが自分と合わない意見だったらそれでいいじゃないですか。あ、この意見は自分と合わない。あ、この人はこういう意見を持っていて、こういう意見からこういう結果が生まれるのね。という学びがそこにあるわけだから。

すべての人に学ばせてくれてありがとう。そんな敬意を持って人と接すれば、そもそもストレスなんか感じない。

それに何より、敬意をもって人に接する人は、誰からも敬意を持って接してこられる人ですよ。だから人に愛される。だからその人の周りには人が集まる。

<参考過去記事>
他人を認めるから余裕が生まれる。余裕ができれば他人を攻撃しなくなる。

まずは自然な気持ちで、身近な人に敬意を払って接してみることです。それだけで今年は人間関係が驚くほど良くなりますから(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。