小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人の良いところを探してみると微笑みがこぼれる。どうでもいい批判ばかりしているとストレスが蓄積される。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

他人の良いところを探してみると微笑みがこぼれる。どうでもいい批判ばかりしているとストレスが蓄積される。

■損するだけで得るものなし

多かれ少なかれ他人のことが気になる人というのはいるでしょう。

nekoude

職場の同僚でも近所の人でも、それこそ友人関係でも。あの人がどうの。この人がどうの。別に自分と全然関係なにいのになぜか気になる。


気にしたところでどうにかなるわけじゃない。気にしたところで得することがあるわけでもない。それでもなぜか気になる。

暇なんですよ。他人のことを気にする余裕がある。考えたってどうしようもないことを考えられるだけの余裕がある。目の前でやらなきゃいけないことがないからですわ。

鼻先に包丁突きつけられるような、まさに大ピンチにあるときに、隣の奥さん冷蔵庫を新しくしたのねーなんて考えないでしょ。納期ギリギリの仕事している最中に、あいつ車を買い替えたんだよなーなんて考えることなんかない。だから暇なんです。

そしてもう一つ。自分の立ち位置を他人との比較でしか推し量ろうとしないから。

あの人があれこれやってる。あいつがあーなってこーなってる。それと比較して自分はこうだああだ。あの人がこうだということは、自分はこうかもしれない。

主体が自分じゃなくて他人なんです。そしてその他人のことはどうにもできない。だから疲れるしストレスになる。おかげでさらに他人が気になりまたストレスになるという、負の無限ループ。

他人のことを気にして、その人をどうこうできりゃまだ救いがあるのかもしれない。でも現実にはそんなことはないでしょ。他人は他人、うちはうち。

ホントに生産性なさすぎですよ。どうにもならない、おまけにどうでもいいことを考えて、それで一人でストレス感じてイライラする。その一人遊び楽しい?

だからどうでもいいこと。どうにならないことはスルーすればいい。

<参考過去記事>
どうでもいいことはイラついても得るものなし。どうでもいいから笑顔でスルー。これ基本。

それこそエネルギーの無駄だから。そのエネルギーを自分の問題解決や、自分にとって楽しいことに向ければいいだけのことでしょう。

■自分にとって学べるところを探す

とはいえ、そんなことはわかっていても、他人のことは気になってしまうもの。それが人情というものでしょう。

誰だって他人との比較の中で、自分の立ち位置を推し量ろうとすることはある。まあそれはある意味では普通のことですよ。人間だもの。

だったら、他人の良いところ。もっと言えば自分にとって参考になるところを探して、そこを気にすればいいだけのこと。これはそんな難しいことじゃない。

あの人がどうのこうの。その視線って主に批判的な視線でしょ。だったらそれを肯定的なものに変換すればいいだけのこと。あの人のこういうところは参考になる。あの人のこういうところは真似したい。

その相手がたとえ憎いあんちくしょーだとしても、その人のことあれこれ文句言ったってはじまらないし、気にしたところでストレスになるだけでしょ。だったらその人から何が学べるかを考えればいいだけ。それが反面教師だとしてもね。

他人のこと気にして、ワケ知り顔の上から目線でその人批判してみたところで、その場は勝った気になるかもしれませんがね。でもそれ自分の脳内でだけだから。実際には勝ち負け以前に勝負さえしてないし。虚しいだけよ。

だったら、その人から吸収できることを吸収し、学べることを学んだほうが生産的。それこそ意味不明な一人相撲によるストレスだって感じなくなる。

そして何より、そういう視点、つまり人に敬意を示すことができる。そういう態度で人に接することができるというのは、心の余裕の表れでもある。そういう余裕のある人だから人に信頼されるし愛される。

結果、ストレスどころか充実感が増し、学びも増えて人に優しくなれるという、肯定的なスパイラルになるんです。

<参考過去記事>
自分で自分を認められれば、他人のことは気にならない。自分を認められないから、他人のことが気になる。

どうも他人のことが気になる。気にしなくてもいいのに、なぜかあいつのことでイライラする。そんな風に感じるときは、ちょっと視点を変えて、その人のいいところを探してみることです。自分が学べるところを考えてみることです。

それだけであらあら不思議。ストレスもイライラもなくなり、なんだか微笑みがあふれてきた・・・なんてことになるかもしれませんな(^。^)y-.。o○

7月までの予定の確定分を更新しました。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。