小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

相手が気づいていない、良いところを見つけると信頼関係が深まる。悪いところを指摘するだけなら、溝が深まりお互いのストレスになる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2021/08/03更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第145回

復縁したいのに2年もできないまま。彼の心は取り戻せる?

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

               
地域・開催日 内容
全国現在、開催の予定はありません

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

相手が気づいていない、良いところを見つけると信頼関係が深まる。悪いところを指摘するだけなら、溝が深まりお互いのストレスになる。

■他人の弱点を指摘しても得るものなし

人間誰であれ強みもあれば弱みもある。その人の好きなところもあれば、そうでないところもある。

小川健次Blog

完全無欠の人などいない。性格や人間性といった内面的な問題はもちろん、肉体的、そして環境的など何かしらを抱え背負って生きている。


その中で多くの人は、自分にとって足りないもの。自分にとっての弱みというものを大体わかっている。さらには、それを自分にとっての、根深いコンプレックスとして感じてていることだってあるでしょう。

自分でわかっている。気にしている。それを他人から、ワケ知り顔であれやこれやと指摘されて、面白く思う人なんかいませんよ。むしろ、不快に思われウザがられ、あっちに行けと遠ざけられるのがオチ。

さらに困ったことは、そういう指摘をする人に限って悪意がないこと。だから言ってあげてる。教えてあげてる。だからそれに従わないのはおかしい。そんな押し付けまがいの強要にさえなる。

特に身近な人。大切な誰かに対して、親しいから、その人を思うから。そんな善意であれこれ言う。相手にしてみりゃホントは触られたくないところを、針でキリキリやられる思いでしょう。

こっちは善意で相手のためを思って言ってる。相手は言わずともわかっていることを、いちいち言われる。そうして溝が深まっていき、いずれどちらかがブチ切れてさようなら。という誰も幸福にならない結果になる。

もちろんお互いのためにどうしても改善を要する、ということについてはお互いで建設的な改善案をもとに話し合えばいいこと。それに相手が気づいていないことなら、それはそれで教えてあげればいいだけのこと。

一方が一方にただあれこれ指摘したところで、指摘されてるほうは分かってて改善できずにいるわけだから、イライラするのは当たり前。そこはお互いの距離感を図りながら、言っていいこと言うべきことは考えなきゃいけない。

<参考過去記事>
図解あり/心地良い距離感を保てる相手は信頼できる。心地良い距離感が崩れると信頼関係も崩れる。

善意であれ誠意であれ、他人の欠点や弱点に言いたくなることはある。でもそれ言うだけじゃ単に言いたい欲求満たしたいだけの自己本位。言われる相手にしてみりゃだから何だと思うだけ。

■変わるべきは他人ではなく自分

まあでも、それ以前に相手に改善を要求するより前に、まず自分がどうなのかということについて、ちょっと立ち止まって考えてみるべきでしょう。

人のフリ見て、という意味ではなくて、相手の弱点をどう自分がフォローできるのか。相手の足りない力の部分を自分はどうすれば補えるのか。人の足りないところに焦点を合わせるのではなく、自分のできることに焦点を合わせればいいだけのこと。

上でも言ったように完全無欠の人などいないんです。相手に足りないものがあるように、相手に弱点があるように、自分にも足りないものや弱点がある。

お互いの足りないところについて、あれこれ指摘し合う関係ではなく、その足りないところを補え合える関係こそが、お互いの信頼の絆が強い関係というものでしょう。

相手を変えるのではなく、相手を尊重しながら、まず自分が成長していき、結果的にお互いがともに肯定的な影響を与え合って成長速度が高まる。つまりはマスターマインドの関係性。

<参考過去記事>
図解あり/お互いの世界観を尊重し合えるから、マスターマインドの関係性がつくられる

同時に、相手の欠点や弱点を気にするよりも、その人の長所や良いところを見つけることですよ。

自分の欠点や弱点については、誰でもおおよそわかっちゃいるんです。逆に、自分の長所や良いところについては盲点になっていることが多い。

だったら、わざわざ相手がすでにわかっている欠点指摘するよりも、まだ気づいていない長所を見つけて褒めてあげたほうが生産的。

その人の良いところを見つけようとするのは、肯定的な心の動き。その人を褒めようとすれば必然的に、自分自身の心がポジティブになる。それにそれを言葉にして伝えれば相手も喜ぶし、さらにそこを伸ばしたくなる。良いことづくめ。

誰かの悪いところをについて考えたり、それをつい本人に指摘したくなったら、ちょっと考えてみる。それを補うために自分はどうすればいいのだろうか。そしてその人の良いところはどこだろうか、と。そして良いところは伝えて褒める。

それだけで余計ないざこざによるストレスから解消されるだけでなく、お互いの信頼関係がより一層深くなっていくというものですな(^。^)y-.。o○

マスターマインドのつくりかた

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。