小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人のために何をしたいかではなく、何ができるかを考えよう。一方的な想いの押し付けは、お互いにとって幸せな結果を生まない。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

大切な人のために何をしたいかではなく、何ができるかを考えよう。一方的な想いの押し付けは、お互いにとって幸せな結果を生まない。

■押しつけは愛じゃなくて自己満足

求めているものを与えらればそりゃ嬉しいものでしょう。でもその逆はどうか。求めていないものを与えられて嬉しいと思うことはそうそうない。

小川健次Blog

まあ嬉しくないというより、ぶっちゃけいらないし困る。そう思うのが普通の感覚ってところですわ。


おまけにそれが強引な押し付けなら、もう目も当てられない。いやホント困りますわ。っつーか迷惑ですし。もうやめてお願い勘弁して。

まあそれでもね。少なからず悪気はないんだろうし、こちらを気遣ってくれてるんだろうなあ、というのは理解できますよ。ある意味では優しいのかもしれないし、ある意味では気配りのできる人なのかもしれない。

うん。それはそれでいい。でもそれだからこそ対応に苦慮することもある。邪険にできない。はっきり言ってありがた迷惑。

あなたのためにこれだけ尽くしたの。って言われたところで、こっちは尽くして欲しいと頼んでもいなけりゃ求めてさえいない。そんなことされてもどうにもできない。あーそうですか。良かったね。

お前のことをこれだけ好きでいるんだ。って言われたところで、それってあなたがそう思うだけのこと。私は私で別に思うことあるんだし。それに応えなきゃいけない義務なんかどこにもないでしょ。

要するに独りよがり。要するに押しつけ。相手のことなんか実は全然考えちゃいないんです。相手のパーソナリティをまるで尊重しちゃいないんです。

ただ一方的に、望んでもいないのに与えられたほうとしては、ただ困惑するばかり。いや、別にそれ求めてないし。そんないきなり差し出されても嬉しくないし。

にも関わらず、押し付けるほうは受け取ってもらえないからといって、勝手に凹みだす。相手が望んでいないもんを一方的に押し付けようとして、突っ返されて気落ちする。まさに一人相撲。

当たり前ですがね。何を差し出そうが、相手の求めていることに合致しているか、相手にその価値が伝わらない限り、何やっても押しつけと同じことですよ。だってそんなの欲しくないんだもん。嬉しくないんだもん。

だからちょっと考えてみたらどうですか。あなたのその思いや行動によって、相手が笑顔になるだろうか。心から喜んでくれるだろうか。相手の人生に価値を生み出すことができるだろうか。そしてそれを相手は望むだろうかと。

ちゃんとイメージするんです。焦って勢いによる押し付けしたところで、どんな関係でだってうまくいきませんよ。

<参考過去記事>
恋愛も結婚もイメージどおりになるから、焦らないでいて大丈夫。五感全体で愛を感じながら過ごす日々をイメージしよう。

そこ全部すっ飛ばして、単にあなたのためにとか、あなたへの思いが、なんてやったり言ったりしたとこで、まったく意味なんかないですよ。意味がないならまだマシで、最悪はキモい言われてさようなら。

■冷静になればやるべきことがわかる

人生には得失の公平性があり、与えれば与えただけ返ってくる。ジョセフ・マーフィー。

とはいえ、重要なことはホントに相手にとって価値あるものを、相手が笑顔になるものを与えているのか。単に独り善がりの想いを押し付けているだけなのか。それによって返ってくるものは全然違う。

与えるいっても、それについて相手が心から喜ばなきゃ与えたことにはならないんです。そうじゃないなら単なる自己満足の押しつけなんです。

だってそれって相手都合じゃくて自己都合じゃないですか。口では相手のために力を尽くしているように言いながら、結局自分が満たされたいだけ。相手のことより自分優先なんです。んな空気は相手にだって伝わるってもんですよ。

だから相手にしてみりゃ、こんなに尽くしたのに、こんなに好きなのに、言われたところでシラケるだけですよ。それ尽くしてるあんた自身にだから。好きなのはそれ言ってるあんた自身のことだから。

まずは相手のことを理解することです。完全に理解はそりゃ難しいかもしれない。それでもでも理解しようとすること。相手の想いを汲もうとすることから始めるべきじゃないですか。

自分が相手の立場で考えてみりゃそうじゃないですか。自分の気持ちを無視して、一方的に求めてもいないもの押しつけられても、困惑するかウザがるか。

相手の想い、相手が求めていること、相手のパーソナリティを知る。求めているものといったって、別に物質的なものに限った話しじゃない。

あなたの言葉や態度、ふるまいなどすべての中で、あなたがそれをすることで、相手が喜ぶこと、相手を笑顔にできることは何かを考えればいいんです。そして見返りは期待しない。

<参考過去記事>
本当に大切な人なら、その人の喜びと幸福だけを考えよう。見返り求めない純粋な想いが、大切な人からの愛を引き寄せる。

焦って結論急いで、相手のことを考えることをすっ飛ばさないことですよ。だから独り善がりになるんです。そしてそれは愛じゃなくて単なる自己満足。だから報われない結果になる。相手もあなたも誰も幸せにならない。

どんなに熱心な思いを伝えても、どんなに力を尽くしても、どうにもこうにもしんどいばかりで報われない。そんなときこそ、上でも言った通り、少し冷静に、落ち着いて考えてみればいいんです。

相手のことを第一に考えているだろうか。そのために相手の求めに応じようとしているだろうか。自分の想いだけを一方的に押し付けていることはないだとうか。

ホントに大切な誰かのために何かを成し遂げ、その人の笑顔が見られると、目先のことで自分の考えを押し付けているときなんか、比べものにならないほどの満足感が得られるってもんでしょう(^。^)y-.。o○

【相手の想いを汲み取れるようになるには】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年11月まで一部追加・更新しました。
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。