小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

比較する相手のレベルが自分のレベル。自分のレベルを上げたげれば、高いレベルの人と自分を比較しよう。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

比較する相手のレベルが自分のレベル。自分のレベルを上げたげれば、高いレベルの人と自分を比較しよう。

■比較する相手のレベルが自分のレベル

良し悪しに関わらず、人は誰でも自分以外の誰かと比較することで、自分の立ち位置を測ろうとしてしまうもの。

小川健次Blog

その比較の結果として、安心してみたり、悔しい想いをするというものでしょう。


あいつよりマシで良かった。あいつに遅れをとったことが悔しい。状況や環境は違えど、自分以外の他人との比較が自分の心に影響を与えるもの。

その結果として、行動意欲が生まれることもあれば、やる気が失われてしまったり。時に心に波風立つこともあれば、時に心に安寧がもたらされることもある。

そこで重要なのは、その比較対象がどこにいるかということでしょう。その相手が誰で、その対象の世界がどこかによって、自分自身のセルフイメージにも少なくない影響を与えることになる。

比較する対象の世界があまりに狭いと、意識の向けどころが限定的になる。ホントに身近な相手にばかり目が向いて、それこそどうでもいいことまで比較対象になる。それがストレスになる。

やがてストレスが嫉妬になり、ときになぜだか嫌悪になったりすると、もう目も当てられない。意味もなく直接間接を問わない攻撃になったり、不必要なトラブルの元になる。お互いが無駄なストレス感じるだけで、誰も幸福になることない。

狭い世界の中で身近な人だけを比較対象にしているから、別に気にするようなことじゃないことが気になる。低いレベルのことで嫉妬心に駆り立てられる。

なんであいつばっかり評価されるのか。あの人ばっかりうまくいってズルい。あいつはホントは昔はこういうやつで、こういう問題があってどうのこうの。非生産的な批判ばかりで結果的に自分の評価も下げることになるんです。

そりゃ、その狭い世界、身近な人間関係基準の中では、あいつが上だこいつが下だ。あいつに買っただ負けただの話になるのかもしれませんよ。でもそれってその狭い世界、身近な人間関係の中だけのことでしょ?

ならば視界を拡げてみてはどうか。比較対象をもっと違う何か別の人にしてみたらどうか。

今あなたのいる世界が世界すべてじゃないですよ。あなたの身近な人が地球上の人間のすべてじゃないんです。違う世界、違う世界の人と自分を比較してみたらどうなのか。

今いる世界の中だけで、今関わっている身近な人にだけと比較しないで、外に目を向けてみるんです。外にはもっと考えるべきこと、比較できる相手がいるはずなんです。

<参考過去記事>
居場所を変えれば出逢いが変わる。出逢いが変わればイメージが変わり、人生が変わる。

ネガティブにではなくポジティブに、こういう人がいるなら俺もそうなれるかも。ああいう人に自分もなりたい。そう、心躍るようなワクワクすることがたくさんあるはずなんです。

そう考えれば、身近な相手との比較で感じる不満やストレス、感じる嫉妬なんて、いかにバカバカしくて小さいことかがわかるはず。

■外の世界に目を向けるから可能性が拡がる

比較対象を限定してしまわないことです。そして比較対象はできる限り広く、そして自分がこうなりたいと思える理想の人、尊敬できる人を対象にすることです。

その人と自分は何が違うのか、その人みたいになるにはどうすればいいのか。どんな考え方でどんな行動をするとそうなれるのか。どうせ比較するなら、自分にとって価値と意味ある比較にしたいもの。

自分の世界、自分のお山の中の小さな人間関係の中だけで、くだらない階級闘争に明け暮れて、持っててもしょうがない小さな自尊心を満たすのに、貴重な人生の時間を費やすことは無駄ですよ。

もちろん自分の世界は持ってていい。それはそれで心の置き場として持っておけばいいじゃないですか。でも世界は他にもある。世界にはもっと色んな人がいて、自分が理想とする生き方実現している人もいる。

そういう人達と自分を比較すればいいじゃないですか。内側にばかり目を向けず、外の世界に比較対象を求めるだけで、思考と行動の幅が拡がる。気づきや発見がたくさん増える。

あいつに勝っただ負けだだなんてのは、もっと広い世界基準で考えれば、死ぬほどどうでもいいこと。くだらないこと。クソの役にもたたない無駄なことでしょ、

いや、もちろん、世の中なんてクソくらえ。俺はあいつに負けないことが人生の目標。今の世界の中だけでエラソーにできればいい。そう考えるならそれはそれでいい。別にそれが悪いワケじゃない。人生いろいろ世界もいろいろ。

ただね、自分の可能性をさらに広げていこうと思うなら、比較対象となる基準は高くしないとそこに近づくことはないですよ。目先の世界の中だけで勝った負けたがよければそれでもいい。

でもそこが苦しいなら外に目を向ける。今の自分の枠組みを大きく広げていこうと思うなら、同じかそれ以下だと思う相手と自分を比べても、それは同じ世界の中だけの堂々巡り。やがてストレスになって苦しくなるだけ。

往々にして何事かを成している人、常に進化成長している人というのは、自分の世界を常に拡大していこうとする人ですよ。そして基準となる比較対象を常に自分よりレベルの高い人に置いているもの。

闇雲に目的意識もなく、外に出て彷徨うだけならあまり意味はありませんがね、主体的に自分の世界を拡げるために、多くの人に会い、その中から自分の比較基準になる人を見つけることですな。

<参考過去記事>
会いたければ会いに行こう。話したければ話しに行こう。自分で心を閉ざさなければ、扉はいつでも開いている。

今の世界の中だけに閉じこもって、その中の価値基準にのみ従って比較をしても、可能性はそこまでですが、表に目を向けるだけで、ヤル気が高まって行動も生まれてくる。結果自分の可能性も拡がるっててもんですよ(^。^)y-.。o○

【思考と行動を変えて世界を拡げる方法】

■<年内確定版>全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2016年2月まで一部追加・更新しました。
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。