小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

会いたければ会いに行こう。話したければ話しに行こう。自分で心を閉ざさなければ、扉はいつでも開いている。

小川健次



小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

<メールマガジン配信中のお知らせ>
引き続きブログ本編の話題を中心にしながら、ちょっとと違った切り口で、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

会いたければ会いに行こう。話したければ話しに行こう。自分で心を閉ざさなければ、扉はいつでも開いている。

■扉はいつでも開いている

同じ人間で、同じ地球に住んでいる限り、本当に会いたいと思う相手とは必ず会うことはできる。

小川健次Blog

もちろん手段方法は考えなきゃいけないし、場合によっては相応の精神的かつ物質的な負担が必要になることもある。それでも絶対不可能ということはないでしょう。


まあそんな大げさな話しじゃないにしても、ちょっと縁遠くなってしまった相手。ちょっといろいろあって話しづらくなってしまった相手。そういう人でも同じこと。

会おうと思えば会えるし、話そうと思えば話せるでしょ。そりゃ相手が超有名人なら、さっき言ったようにいろいろ手段も負担も必要かもしれないが、現実にはそうでもないでしょ。

会いたいと思っても、話したいと考えても、心のどこかでブレーキ踏んでしまっているだけのこと。もう忘れられてるんじゃないか。良く思ってないんじゃないか。相手にしてもらえないんじゃないか。

閉じてるのは相手の扉じゃなくて、あなたの心。別に相手はどうとも思っていませんよ。誰だって声をかけてくれたり、会いにきてくれたりすれば嬉しいと思うもの。

自分が逆の立場であったらどうか。気にかけてくれていて、連絡くれたり会いにきてくれたりすれば、普通に嬉しいと思うでしょう。仮に過去にわだかまりがあったとしても、自然とそのわだかまりも雲散霧消するというもの。

もちろん、わだかまりの内容にもよる。それに、会ったこともなければ、見ず知らずの正体不明な人であれば、声かけられたり、いきなり会いにこられりゃドン引きされるのは当たり前。そこは常識の範囲内で。

なので会ったことない人とは、手順を踏めばいいだけのこと。

<参考過去記事>
会いたい人には会えるし、一緒に仕事をしたいと思える人とは一緒に仕事ができる

いずれにしても、よほど嫌われてる、顔も見たくないし、同じ空気も吸いたくない。というくらい避けられてなければ、会うことも話すことも問題ない。問題あるのはむしろ自分の心だけだから。

■駆け引きと小細工が相手の心を閉ざす

会いたいと思うなら会いに行けばいい。話したいと思うなら話しに行けばいいだけのこと。相手の心の扉は開いてる。だから自然にそうすればいいだけのこと。

なのに、そこでつまらない駆け引きを入れてみる。余計な小細工をしてみようとか考える。だから話しがややこしくなる。だから警戒されて扉を閉められるんです。

まあそうは言っても大人の世界。皆いろいろなしがらみの中で生きている。会おう話そうと言ってもお互い簡単にそうもいかないこともある。だからここはやっぱり、あの手この手を駆使して。

なんて言ってみたところで同じですよ。同じ。しがらみ云々なんて考えてんのは、自分で自分にブレーキかける理由にすぎない。

そんなのは相手の事情を確認してから考えればいいだけのこと。確認した上でその事情に合わせることでしょう。それはごく普通のモラルの範囲内で行えばいいことで、それ以前に想像で片付くことじゃありませんよ。

縁遠くなってしまった人、わだかまりのある人に限った話じゃなくて、日常的にやりとりをする相手との関係だってすべて同じことでしょ。

会いたいと思って会う。話したいと思って話す。その頻度が多かったところで、変な馴れ合い関係でもなければ、お互いにとってマイナスになることはあまりない。

その積み重ねによって人間関係深まるもんだし。

<参考過去記事>
バカバカしいことの積み重ねが信頼の伴う人間関係をつくる。そこをサボるから信頼関係が築けない。

誰だって自分のことを気にかけられて、悪い気することはあまりない。会おう話そうと言われて気分を害されることは、よほど嫌いな人からでもなきゃそうそうない。扉は皆開いてる。

自分の心をオープンにしていれば、会いたい人に会えるし。話したい人とも話せるってもんですわな(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。