小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人との心の距離を近づけるために、指摘すべきこと。心の距離を遠ざけないために、指摘すべきでないこと。





早期申込割引実施中
小川健次グループセッション
↑↑大阪1月 東京2月↑↑


小川健次による個別セッション
小川健次
↑ 面会もしくは通話で可能 ↑

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

大切な人との心の距離を近づけるために、指摘すべきこと。心の距離を遠ざけないために、指摘すべきでないこと。

■自分の弱さは皆わかってる

どっからどう見ても完全無欠のスゴイ人でも、何かしらの弱みはある。すべてがホントのホントに完璧だなんて人はいませんよ。
小川健次Blog
誰であれいろいろな事情がある。あなたも僕もあの人も何かしたら抱えているものはある。弱みもある。何も背負わずに生きてる人なんていないんだから。

そして、それらの弱みや欠点、あれやこれやの事情なんてのは、皆自分でわかってる。それをどうにかしたいと思っているし、どうにかしようと力を注いでいることだってある。

それを他人からみればね、好き勝手なこと言えるんです。あーすればいーのに。こーすればいーのに。ここが弱い。あそこが悪い。見ていてあれこれ言いたくなる。

でもね、そんなことは他人に言われなくても、本人はわかり切ってることですよ。それをいくら身近で大切な人とはいえ、当事者でない第三者に、したり顔であれこれ指摘されれば気分は良くない。言ってくれてありがとう。口ではそう言いつつも、心の中ではうるせー黙れとしか思わない。

その指摘が善意からだとしたって、言われるほうにしてみれば、ありがた迷惑大きなお世話。そんな話しに耳傾けてるくらいなら、小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージでも読んでたほうがマシに思われるだけ。

そりゃね、弱点は弱点として克服したほうがいいに決まってる。悪いところは改善したほうがいいに決まってる。でもそれ、本人はもうわかってるから。あなたにいちいち言われなくても、何とかしようと頑張ってますから。

あなただってそうでしょ。あなたが気にしていること、何とかしようと思っていること。そんなわかりきってることを、エラソーに他人にあれこれ言われりゃ気分は良くない。ありがたいと思うどころか、うるせー黙れと言い返したくなる。

そして最悪の場合は決裂してさようなら。最悪までいかないにしても、お互い嫌な感情にか残らない。お互いに、相手のためと思ってあれこれ指摘していたはずが、、気づいたときには指摘する相手がその場を去っていた。

もちろん、それでも指摘しなきゃいけないこともあるでしょう。相手がそこに気付いてないこともあるでしょうし、指摘することで状況環境が良くなることもあるかもしれない。

だったら、わざわざ相手が自覚しているマイナス要素について、あれこれ言っても意味がない。生産的じゃないですよ。

ならば、あなたが指摘すべきは、その人がまだわかっていない、その人の魅力的な要素や長所についてででしょう。そしてその人が気づいていない、もっと良くなる方法ですよ。だからダメ。こういうところがイケてない。いや、だったどうすれば良くなるか、どこがイケてるか。そっちを教えてあげなさいよ。

要するに、言ってもしょうもない、あの人の弱みについてあれこれ指摘するってのは、別にその人のためじゃないんです。単に言いたいだけ。それ指摘できる俺かっけーと思いたいだけ。そりゃ人は離れていくでしょう。あなたの言葉も華麗にスルーされるでしょう。

<参考過去記事>
言いたいだけの、あの人の言葉に縛られるのをやめよう。あなたが気にするほど、他人の言葉には意味がない。

だからこそ、あなたが注目すべきこと、あの人に指摘すべきことは、あの人も自覚している弱みやマイナスについてじゃない。あの人が気づいていない、あの人の良さですよ。そしてその良さを活かすためのアイディアや方法なんです。それ指摘されて不快になる人はいませんよ。

■自分本位ではなく相手本位。

褒められたり認められたりして、それを否定的に考える人はいない。むしろ嬉しいありがとう。ならばそこをもっと伸ばそうというヤル気が湧くというものですよ。

しかもそれが自分自身でも気付けなかったことであれば、なおさらでしょ。そういう見方をしてくれていたのか、自分を認めくれていたのか。そんな純粋な驚きと感動で言ってもらえたことに感謝したくなる。言ってくれたあなたを好きになる。

いつも言うように、他人は自分の心の鏡。日常的に関わる人に対して、その人のどこに目を向けているか、その人をどう評価しようとしているか。言ってみれば、それはあなたの心の問題なんです。あなたが見たいものが見えているんです。

あなたが、本当にその人のことを大切に思っていて、その人にもっと幸福になって欲しいと考えているなら、必然的にその人がもっと良くなる方法に目がいくんです。その人の良いところばかりが気になって、それを本人に伝えたくなる。

その逆に、あの人よりも自分のことを可愛いと思えば、とりあえず自分優先になる。だからあの人の嫌なところを指摘して、とにかく自分の目に入らないようにする。もしくは、弱みを指摘することで、あの人を困らせて、自分優位でいようとする。

そして、そういうあなたの心の動きってヤツは、不思議と相手に伝わるもんですよ。あなたが本当に大切に思う人とは心の距離が近づき、自分中心で考えているとあの人との心の距離は遠ざかる。あの人がそうしてるんじゃないんです。あなたの心がそうしているんです。

他人の悪いとこや弱点なんてのは、見ようと思わなくても見えるし気になる。でもね、その人の良いところってのは、意識しないとなかなか見えない。それが当たり前だと思ってだけでそれで終わり。

あなたが、本当にその人を大切に思うなら、その人の良いところに着目することですよ。その人の悪いところ、マイナスなところは本人も自覚しているから。それをあなたが、いちいち指摘しなくても、本人は気にして改善しようとしているんだから。

むしろ良いところ見つけて褒める。認める。そしてそれは、どうすればもっと良くなるかのアイディアを話す。見返りを期待せず、ただただその人の幸福のためを考える。すると必然的にそういうところに視点と思考が向きますよ。

相手もそう言われれば気分もいい。そして、そうやって見てくれてるあなたを信頼したくなる。心の距離がググっと近づいて、一緒にいて心落ち着く関係になれる。

誰だって、自分がそうやって大切にされていることを、言葉と態度で示されれば、自分もその人を大切にしたくなる。愛と信頼はあなたが注いだ分だけ引き寄せるんです。

<参考過去記事>
大切な人に、大切にしてもらうために欠かせないこと。言葉と行動の積み重ねが、愛と信頼を引き寄せる。

みんな自分の悪いところはわかってる。そこをいちいち指摘したところで信頼が深まるより、心の距離が遠ざかるだけ。

ならば良いところ見つけてそれを伝えてあげる。もっと良くなる方法を考えてあげる。褒めて認めることです。あなたが、どうも大切な人との心の距離を感じることがあったなら、ついつい自分本位で、あの人の悪いとこばかり指摘していないか。そんなことを考えてみたほうがいいかもしれませんな(^。^)y-.。o○

大切な人と心の距離を近づける方法

小川健次
1月大阪・2月東京

■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。