小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

不倫のドロ沼や失恋の痛手を、回避する方法。少し考えれば、後悔しない選択ができる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/08/13更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第41回

選ばれない、関係が続かない…キャリア女子が無意識に抱える婚活における大問題

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

8月 東京
小川健次


9月 名古屋/大阪
小川健次


小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


不倫のドロ沼や失恋の痛手を、回避する方法。少し考えれば、後悔しない選択ができる。

少し考えれば、後悔しない選択ができる。

どんなに頭を絞りきって考えて、答えが出ないことでも、実際に少しやってみると、すぐにその答えがわかることはある。
小川健次Blog
やってみたところで、すべてがうまくいくかどうかは別にして、やってみれば、少なくとも何かを感じることはできる。

あなたも、これまでにそんな経験はいくらだってあるでしょう。あれこれ思考錯誤、さんざんどうしようかと不安を抱え、失敗したくないなあと心配になりながらも、どっかで、エイヤッと決めてやってみたら、意外と大したことなかった。なんてことが。

あんなに考えてたのに、あんなに不安になり心配になり、でも実際は大して痛くも痒くもない。僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージ読みながら、ブツクサ言いつつも、実際そのとおりやってみたら、うまくいった。なんて経験だってあるでしょう。

僕たちが日頃感じる、不安や心配なんてものは、その多くが実際とのころ杞憂にすぎない。実際にそれやってみたところで、大したことにはならない。そんなに大きな損失被って痛い思いをすることなんて、実生活にはそれほどない。

いや、だからといって、何も考えることなく、脊髄反射だけで動くってのも考えものですよ。ちゃんと冷静に事態を把握し、ほんの少しでも考えれば、答えがわかることもある。




なのに、何も考えることなく、ただノリだけ、ただ勢いだけ、それっぽい他人の言葉や、表面上の事象だけを鵜呑みにしてエイヤっといくのは単なる思考停止。いってみれば、ただのアホ。

好きだから、好きと言ってくれるから。そこで何も考えず、その場のノリでエイヤっといったおかげで、ドロ沼不倫。挙句の果てには慰謝料を請求され、おまけに最後は捨てられてさようなら。あのね、そうなることは、ちょっと考えればわかったでしょ。

少しばかり衝突した。ムカついた。嫌いになったし、嫌われた。そこで何も考えずに、ノリで売り言葉に買い言葉。そしてフラれる失恋する。死ぬほど後悔。ピーピー泣いて凹んでボロ雑巾。いや、だから、そうなることも、ちょっと考えればわかったことだっつーの。

少しでいいんです。わずかな時間でもいいですよ。考えをもう一歩先まで深めてみる。洞察してみる。状況を客観的な視点で確かめてみる。あの人の言葉の信ぴょう性について、過去の言動と照らし合わせてみる。

特に不倫男の言葉なんてのは、冷静になってよくよく考えてみれば、ほとんど嘘だということがよくわかる。そんなの真に受ける前に、少し冷静になって考えてみればいい。

<参考関連記事>
不倫男が、あなたを縛るためにつく10の嘘。2つ以上当てはまれば、クズ男で確定。

ほんの少しでも考えるという、そのわずかな労を惜しまなければ、大事な時間を無益な不倫に費やすことはなくなる。本当に大切な人を失うような、手痛い失恋をすることだってなくなる。後悔しか残らないようなことはしなくなる。

何やったって、傷を負うこともあれば痛みを感じることもある。それは行動による経験に対する代償というもの。でも大して意味のない、不必要な傷を負ったり、痛みを感じたりする必要なんてないでしょう。

不倫のドロ沼や失恋の痛手を、回避する方法。

ほんの少し、わずか数秒考える。それすらしないで空気に流されるのみで、判断する。何も考えずに、不倫に走ったり、大切な人と傷つけ合うようなことをする。それはただのアフォ。

でも好きになったんだからしょうがない。そのときブチ切れてたんだからしょうがない。そういうこと言いたい気持ちもよくわかる。人は誰だって、感情から逃れることはできないのだから。

だからといって、おでん食べたくなったからという理由で、コンビニの店頭のおでんを、金も払わずに、いきなり食べることはしないいでしょう。ブチ切れたからといって、大事な取引先に回し蹴り食らわしたりはしないでしょう。

そんなことしたら、どうなるかが想像つくから。そんな衝動が心に芽生えたって、一時的な心地よさより、トータルとして損が大きいことを知っているから、人は自分をコントロールできるんです。感情からは逃れられないが、感情を制御することはできる。




言っておきますが、不倫がダメとか、彼と別れるなという話じゃない。道徳的な問題なんてのは、この場ではどうでもいい。

大事なことは、あなた自身にとっての損得。そしてそれは、ほんの少し考えれば想像つくことがある。考えた結果、得のほうが大きいのであれば、そうすれば良いだけ。どう考えたって、損しかないなら、自分で自分にブレーキかけろということ。

どんな場面でも決断は素早く。行動は即時。この基本は揺るがない。

とはいえ、何も考えないのは、単なる主体性の放棄であり思考停止。それは決断してないでしょ。流されてるだけでしょ。結局何もしてないのと同じですよ。まあ、何もしないで流される、という決断をしているのでしょうが。

考えた結果、不倫して傷つくことも、冷静になった結果、失恋して泣くこともある。でもね、ちゃんと考えて決めたことならば、自分に納得感がある。だからそこから修正点や改善点を見いだせる。その経験を未来への糧にして、また次へのステップに踏み出せる。

不倫も失恋も、最後の最後はどうなるかはわからない。ずっと一緒にいたくても別れることはある。人と人、男と女はご縁次第。

<参考関連記事>
ずっと一緒にいたいのに、別れるのには理由がある。あなたもあの人も悪くないから、許してしまえば幸福になる。

不倫でドロ沼に陥ったり、失恋の痛手を受けたくないなら、ほんの少しでいい、冷静なってその先のことを考えてみることですよ。道徳的な問題なんてクソくらえ。あなたにとっての損得でいい。あなたにとってトータルでプラスになるかマイナスになるか。

それくらいは、考えったって損しない。それから進むなり退くなりすればいいこと。結果はどうなるかはわからない。それでも、あなたが考えて決断したことであれば、それが不倫であろうが、失恋だろうが、あなたにとって価値ある経験になるのだから(^。^)y-.。o○

冷静に自分と向き合えば、自分の考えに自信を持てるようになる
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。