小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当に愛し合えているかを知るための、大切な基準。男女関係だからこそ、優先するべき感覚とは。

<広告>

電子コミック配信中
小川健次
お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/04/16更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第24回

「『彼は気付けばダメ男』男をダメにする女子の体質改善法」

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

東京・大阪
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>

本当に愛し合えているかを知るための、大切な基準。男女関係だからこそ、優先するべき感覚とは。

愛し合えている関係に共通すること

人の数だけ生き方がある。誰にでもその場そのときその状況、その立場がある。みんないろいろ背負ってて、みんないろいろ考え方がある。みんな違ってみんないい。
小川健次Blog
それだけ違った人ばかりいるこの世の中で、違った人同士が組み合わせるってことは、それがどんな形が正解かなんてわからない。そういう意味で人と人の関わりの形なんてのは、ほぼ無限大。

だから、人との付き合いに正解なんてないんです。こういう付き合い方が正解で、こういう付き合い方が間違ってる。そんなもん、誰にも評価のしようがない。まあ、あえて言うなら、どんな付き合い方だろうが、お互いが納得し合えていさえすれば、それはひとまず正解と言っていいのでしょう。

こう言えば人は動く。こう言えば想いは伝わる。本屋にいくと、その手のクソの役にも立たないコミュニケーション本をいくら読でも、うまくいかないのはそういうことですよ。

だったら僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンと、LINEのメッセージでも読んでるほうが、まだ気晴らしくらいになるという点では役立つんです。これホント。

人それぞれ違うんです。違う人同士が組み合わさって、人と人との関係が成立する。ならばそこに正しい形なんかあるワケない。それが同性同士ならまだしも、異性間にでもなれば、ますますその違いが色濃くなる。それこそ男と女の関係に正解はない。最後はお互いの納得感。ホッとできる安心感があるかどうかでしょう。

その関係に対して、周囲の他人が何を言うか、世間一般の常識なるものに照らし合わせてどうか、形式がどうか、なんてのはどうでもいいこと。重要なのは、あなたと、あなたが関わるその人の心が、満たされているかどうか、幸福であるかどうか。それで他人を傷つけてるわけでもなきゃ、それいいじゃないですか。

そこで形式にこだわる。周囲からの見た目に気をとられる。なんとなく世間一般と同じような手順にとらわれる。こういう付き合い方がじゃゃなきゃいけない。お互いこうしなきゃいけない。そんな意識が、だんだんとお互いを縛ることになる。いつの間にやらお互いの間に妙なルールが出来上がる。

そりゃね、どんなに親しくて近い距離にある関係とはいえ、親子であろうが夫婦であろうが他人は他人。そこで形成されたコミュニティを健全に維持するために、最低限必要なルールはあったほうがいい。

でもね、それが行き過ぎると、それこそ形にばっかりとらわれる。お互いの関係を良くすることよりも、その形を維持することを優先するようになる。お互いの心がホッと安心できることより、そこにあるルールに縛られることになる。だから苦しくなる。

ただただ執着するばかりになる。ホントは一緒にいたいのに。一緒にいればいるほど、ストレスになる。愛しているのかどうかさえ、よくわからなくなる。

<参考関連記事>
執着してしまう理由は、愛していないから。愛あるご縁を引き寄せるために、大切なこと。

まずお互いの心ありき。そこを忘れて、形式だけにとらわれて、あなた自身や相手の心が抑圧されるだけなら、一緒にいても苦しくなるのは当然のこと。ただ形だけでいいのであれば、相手なんかあの人じゃなくても、あなたじゃなくてもいいんだもん。

お互いの関係が微妙だな。そう感じることがあるならば、一度冷静にその関係を見直してみればいいんです。何を言っただ、何をやっただ。そんな細かいことはどうでもよくて、お互いがホントに自然体でいられて、心地よい関係でいることを優先しているだろうか。と。

一緒にいて心から安心できるかどうか

ハタから見れば、なんだかデタラメな付き合い方をしている割には、なぜだか離れない関係。なぜだか最後はいつも丸く収まって、仲良しでいられる関係ってあるじゃないですか。

それは、お互いがお互いの気持ちを尊重しながら、お互いがどうすれば心地良くなれるかを、優先しているからでしょう。他人の評価や、世間体に合わせて、形式やルールでお互いを縛り合うのではなく、お互いにとっての安心できる居場所、お互いの心が帰ってこれる場所を守っているからですよ。

人と人の付き合い方に、形はどうでもいいんです。男と女の関係に正解なんかないでしょ。全国共通のルールもありませんよ。言ってみれば愛と信頼。これだけですよ。僕が言うとスゲー嘘臭いけどこれホント。

お互いがお互いを信頼していれば、必要以上に相手の心に踏み込むことはない。愛しているなら、ルールでお互いを縛るようなこと、他人や周囲の評価を気にして、それに合わせるようなことは考えない。だって愛と信頼があれば、どんな形であれ、お互いがホッとできる。心の安寧が得られる。

そもそも、人間関係なんてのは、ルールで縛り合ったところで、うまくいくってもんじゃないでしょう。他人や周囲に合わせたり、世間体を気にして付き合ったとことろで、お互いの関係深まるもんですもない。

もちろん、お互いを尊重する上で、これだけは守らなきゃいけないってことはあっていい。でもそれはお互いを縛りつけるためではなく、世間からの評価ためでもない。お互いが心を満たせるため。お互いがより幸福になれるためにですよ。

だから、こういう人とはこういう付き合い方。こういうときにはこういう対応で。このときはこうしてね。あの場合はこうすること。これするな。あれやめろ。それはダメ。みたいな理屈めいた考えは投げ捨てていい。んなモンはどうでもいい。

そんな形式ばったことはどうでもいい。それよりも、何となく、理由ははっきりしなくてもホッとできる。よくわからないけど安心できる。愛し合えていること、信頼し合えていることを実感できる。それならそれでいいじゃないですか。

その逆に、まったく安心できない。むしろ傷つけられるし、傷つける。そんな関係ならば、とっととお別れさようなら。本当に愛し、愛されているなら、傷つけられるようなことも、傷つけることもしないもん。

<参考関連記事>
本当に愛されているなら、傷つくことはされない。本当に愛しているなら、傷つけることはしない。

心で感じることよりも、形や理屈で付き合おうとするから、ややこしくなる。せっかく縁ある人と巡り合えても、形式で相手を縛ろうとしたり、それを押し付けようとするから、お互いが息苦しくなる。

男と女の関係に正解はない。どんな形であるかより、お互いの心がどれだけホッとできているか。お互いがどれだけ安心できているか。そんなことを基準に考えてみると、お互いが愛し合えているか、信頼し合えているかがわかるってもんですよ(^。^)y-.。o○

ホッとできる人間関係は、あなた自身で作り上げられる
↓ ↓
新年限定の特別講座
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

 

<広告>



 

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。