小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛しているからこそ、離れたほうがいいこともある。心の状態に応じて、距離をコントロールできれば愛が深まる。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/05/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第29回

仕事先延ばし、締め切り破り…このルーズな姿勢と性格は変えられるのか

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

6月東京
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


愛しているからこそ、離れたほうがいいこともある。心の状態に応じて、距離をコントロールできれば愛が深まる。

心の状態に応じて、自分にブレーキをかけよう

感情に流されたり、忙しさに振り回されて、自分を見失ってしまっているときってのは、たいがいロクでもないことしかしないんです。
小川健次Blog
僕もあまり人のことを言えませんが、あなただって、冷静なときには、絶対言ったりやったりしないことでも、自分を見失ってしまうと、そういうことでも、言ったりやったりしてしまうことはあるでしょ。

だからこそ、小さなことに執着したり、目先の損得に心奪われず、ドーンと大きな心で、平静を保っていたい。極力、自分を見失うような事態には、ならないようにしたいもの。

とはいえ、日常では何が起こるかわからない。些細なことでも、目先なことでも、ついそこに心を奪われて、自分を思い通りに、できなくなってしまうことはある。それまでは冷静だったとしても、突然に平静さを保てなくなってしまうことだってある。

第三者から客観的に見たり、後になって振り返って見返してみれば、言うほど大したことじゃないことで、心乱されることはある。どうでもいい誰かの一言や、目先の損得で、心が乱されて、正常な判断ができなくなってしまった経験は、あなたにだってあるでしょう。

求めるところは、いつでも心に波風たたない、平静さと器の大きさを、自分の中に宿すこと。それができれば一番いいが、なかなか仙人でもなきゃ、その域には到達できない。

だからね、ある意味ではしゃあないんです。どうでもいい小さなことで心乱されたり、目先のことに執着して、いつまでもウジウジと、言ったり考えたりしてしまうことも。

本当に大事なのは、そうやって心が乱れて、自分を見失ってしまったときにどうするか。自分の心の中から、平静さも冷静さも消え失せてしまったときに、それでも、愛する人や大切に思う人に対して、超えちゃいけない最後の一線を、越えずに踏みとどまれるかどうかでしょう。

失恋して心にぽっかり穴があき、自分を見失いつつあるときでも同じことですよ。そこで慌てて、取り返しのつかない事態にまで発展させるか、そこで踏みとどまって、未来に向けて心のスイッチを切り替えられるか。

<参考関連記事>
失恋して苦しいときは、もう一人の自分の声に耳を傾けよう。慌てなければ、心のスイッチは未来に向けて切り替わる。

自分を見失ってはいても、頭のどっかではわかっているんです。あ、これ以上言ったら、もう取り返しがつかなくなる。これやったら、もうこの関係は終わってしまう。

ならば、そこで一回自分で自分にブレーキをかける。少し頭を冷やすんです。そのくらいの冷静さは残っているでしょ。これ以上はヤバいということは、わかっているじゃないですか。それがあなたにとって、大切な人、愛する人との関係ならなおさらのこと。

愛しているからこそ、離れたほうがいいこともある

ブレーキをかけようと思っても、かからないこともあるでしょう。いや、ブレーキかけられる自信がないのかもしれない。いずれにしても、それならそれで、それに応じた対応をすればいい。

このまま言ったら、自分を見失って、自分を抑えられなくなるだろう。たぶん、一線超えて、取り返しのつかない事態に発展してしまうだろう。そんなことは、これまでの経験で、あなた自身が一番よくわかっていること。

だったら、少しばかり間を入れる。距離を開けるんです。離れるんです。精神的に時間的にはもちろんのこと、必要に応じて物理的にも。付き合ってるなら、連絡や会うことをを少し控える、結婚・同棲しているなら、ちょっと離れて暮らしてみる。

いくら大切だから、愛しているからと言ったって、そのままの関係を維持していても、やがてお互いが不幸になるのは、目に見えている。傷つけ合う必要もなかったのに、どちらかが少し冷静になれば防げた衝突なのに、それわかっていながら、放置するから大惨事になるんです。

離れたら寂しいとか、距離が開くと心配だとか言ってもね、そのままいってもどうせ破局でしょう。しかも、無駄に傷つけ合ってのお別れですよ。なら、せめてお互いが冷静に、自分を保った状態になってから向き合ったほうが、100倍マシってもんですよ。

あなたが恐れるべきは、距離が離れることで、そのまま疎遠になって関係が終わってしまうことじゃない。感情に流されて、自分を見失った状態で、一線超えることで、その必要もないのに傷つけ合ったまま、未来永劫さようならすることを恐れなさいよ。

あなただって、自分を見失った状態で、ただ感情に従って相手とぶつかり、それで関係が終わってしまったら、悔いても悔いきれないでしょ。

大丈夫ですよ。今離れて、別れることになったとしても、ご縁があればどうせまた結ばれる。お互いを引き寄せるから。感情に流されて、一線超えて、お互いズタボロになるような終わり方で、ご縁をブチっと切らない限りは、終わりじゃないから。

<参考関連記事>
別れた大切な相手でも、縁があればお互いを引き寄せる。過去への執着を手放して、未来の心躍る幸福に目を向けよう。

あなたが、本当に大切にしたい、愛してる人との関係だからこそ、離れること、距離を開けることを恐れないことですよ。誰だって、自分を見失ってしまうことはある。そうなりそうな気配はあなたもわかるでしょ。なら、そういうときは勇気を持って離れるんです。

そうして、クールダウンして、本当の自分を取り戻した状態になったとき、あらためて向き合えばいいじゃないですか。そうやって、自分の状態に合わせて、相手との距離感をうまくコントロールできれば、無駄に傷つけ合ったりすることもなく、お互いの愛と信頼が深まるってもんですよ(^。^)y-.。o○

潜在意識とイメージの力で、欲しい結果を引き寄せる方法
↓ ↓

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。