小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

潜在意識の活用

Category
小川健次Blog

自分を責めることなく、自分を好きになる方法。過去への執着を手放して、未来に前進するために大切なこと。

自分を責めることなく、自分を好きになりたければ、自分と向き合い、自分の心の中身を自分で知ること。良いも悪いも、強いも弱いも認めて受け入れて、そんな自分をどう使えば、もっと良い結果になるかを考え、実践すればいい。すると、過去への後悔は消えてな...
小川健次Blog

期待と執着を手放すと、恋愛はうまくいく。ありのままの現実を受け入れて、引き寄せの法則を発動させよう。

期待と執着を手放すと、恋愛はうまくいく。あなたの力の及ばないことについては、どうにもならない。あの人の心をあなたが支配できない。宇宙大自然の法則にも抗えない。ならば、やるだけやって、あとはあるがままを受け入れて。期待せずに執着を手放す。する...
小川健次Blog

自分を責める苦しさから、抜け出す方法。認めて許して受け入れると、自分を好きになれる。

自分を責める苦しさから、抜け出す方法は、まず今の自分の、良いことも悪いことも把握すること。人にはプラスもあれば、マイナスもある。その上で、時と場合に応じて、必要な具体的な対策をすればいいだけ。そこスルーするから、結果が出ずに苦しくなる。プラ...
小川健次Blog

他人を批判したくなったときに、考えるべきこと。他人のことで、イライラしなくなる方法。

他人を批判したくなったときに、考えるべきことは、その人を批判する資格が、自分にあるかどうか。自分の欠点や弱点を、他人に投影し、それを責め立てているだけじゃないかどうか。他人のことで、イライラしなくなる方法は、少し冷静になって自分を省みること...
小川健次Blog

自分を好きになると、愛されるのには理由がある。自己肯定感を高めると、安い女と思われなくなる。

自分を好きな人ほど、大切な人から愛される。あなたの大切な人は、あなたがあなた自身を扱うように、あなたを扱う。あなたが自分を安く扱えば、あの人もあなたを安く扱う。都合のいい女と思えば、都合のいい女として扱われる。自分を責めるのは、もうやめてい...
小川健次Blog

別れた男への、執着を手放す方法。愛と幸せは、過去ではなく今と未来にある。

別れた男への、執着を手放したいなら、まず現状を冷静かつ客観的に、見てみることですよ。過去もあの男も戻ってこないことは、わかってるでしょ。ならそれを一旦受け入れろ。どうせ忘れられないから、無理して忘れる必要はない。でも、まず受け入れろ。その上...
小川健次Blog

他人の言葉で傷つかないための、心の使い方。恋愛でも仕事でも、ストレスのない人間関係はつくれる。

他人の言葉で傷つかないための心の使い方は、あなたの意味づけと解釈を変えること。本来、意味などない他人の言葉に、意味づけと解釈を加えているのは、あなたなのだから。あなたの意味づけと解釈が変われば、他人の言葉が変わる。そしてあなたの思考と行動も...
小川健次Blog

「引き寄せの法則」を働かせるための、イメージの仕方。理想の人とのご縁は、イメージで結ばれる。

「引き寄せの法則」を働かせるための、イメージの仕方は、あなた自身の未来の幸福像を固めること。あなたが未来に何を望み、何を手に入れたいと思っているか。その上で、その価値観を共有できる人は誰なのか。表面上の理想の条件も大切であるけれど、それは、...
小川健次Blog

感情をうまく、コントロールする方法。心の向きを調整すれば、手痛い失敗をしなくなる。

感情をコントロールする方法は、感情はコントロールできないと知ること。抑えつけることも、消すこともできないんです。ならば、感情の向かう方向付けをすればいい。放出しつつも、おかしな方向にいかないように、しておけばいい。すると、感情に任せて、余計...
小川健次Blog

自分を好きになるための、簡単な方法。自信がない人が、やってしまいがちなこと。

自分を好きになるための方法は、簡単なことです。まず自分を知ること、そして、自分をうまく使えるようになることなのだから。自信がない人ほど、変わらない自分を変えようとして、自分が好きじゃなくなっていく。無理に演じようとしなくてもいい。今の自分を...
小川健次Blog

自己肯定感を高めて、恋愛をうまくいかせる方法。妄想ではなく事実を信じるから、心穏やかな関係になれる。

自己肯定感を高めて、恋愛をうまくいかせる方法は、あなたが愛されている、認められているという事実に目を向けること。言われてもいないことを妄想で拡大解釈せずに、事実としてある目の前の、愛あるあの人の行動を受け入れることですよ。誰にだって劣等感の...
小川健次Blog

悲しみは、心のバランスを保つための安全装置。悲しみを経験するから、ひときわ輝く自分になれる。

悲しみの感情とは心のバランスを保つための安全装置。悲しいことやつらいことが、崩れそうな心のバランスを維持してくれるし、暴走しそうな感情をクールダウンしてくれるもの。悲しみがあるから、あなたは一回り大きくなれるし、ひときわ輝く自分になれる。悲...
小川健次Blog

苦しくて泣きたいときにも、価値ある意味がある。今より笑顔で幸せにいられるために、大切なこと。

苦しくて泣きたいときにも、必ずあなたにとって価値ある意味がある。それは、あなたが今よりも幸せに、あなたが今よりも笑っていられるようになるために、必要なプロセスだということ。そう意味づけて解釈すれば、今を乗り越えることは超楽勝。そこに意味はな...
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。