小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分を変えたい、変わりたい人がやるべきこと。変わらない自分を責める前に、考えるべきこと。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2020/09/22更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第99回

ぐいぐい押してはダメ。心の病を抱える恋人を支えるヒント

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

自分を変えたい、変わりたい人がやるべきこと。変わらない自分を責める前に、考えるべきこと。

自分を変えたい、変わりたい人がやるべきこと。

とにかく自分を変えたい。このままではいろいろヤバい。何かに取り組まないといけない。そうは思っているのに、どうもやる気が高まらない。必要な行動が生まれない。
小川健次Blog
別に何かに取り組むにあたり、障害があるワケじゃない。今のままでいいと思っているワケでもない。なのにできない、進まない。そんな感じでお手上げ状態になることはある。

もちろん、どんなことであれ、すぐにやったほうがいいことなんてわかってる。あれこれ言わずに、動き始めたほうがいいことだってわかってる。それでも、どうにもこうにもやる気が出ない。目の前の問題から目を背けて、先送りにしてしまう。

どうでもいいニュースをスマホで見てみたり、僕の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージ、そしてYouTubeの動画をダラダラと読んだり観たり。今じゃなくてもいいことをやる割りに、やったほうがいいことをやろうと思えない。

まあ、それをダメなヤツだと言えば、確かにダメなのかもしれません。甘ちゃんだといえば、確かに甘ちゃんなのでしょう。とはいえ、誰にでもダメなところ、甘ちゃんなところはある。そんなに完璧超人みたいに、いつでもやる気に溢れている人なんてそうそういない

そもそも人間なんて皆、ナマケモノなんです。怠惰だし弱いんです。だからこそ科学が進歩し、文明が発展し、世の中便利になっているんだから。





そりゃ中にはね、完璧超人のように、強い心を持った人もいる。確かにそういう人なら、やるべきことはすぐやれる。問題を先延ばしにすることなく、常に自分を律して、高いモティベーションでそれに取り組めるのでしょう。

でも実際問題で言えば、多くの人はそこまで強くない。やらなきゃいけなくても、やっぱり面倒だし、先送りにしたい。自分を変えたいとは思うものの、ついつい現状に甘んじてしまう。そう思うことのほうが多いもの。

自分を変えたい。もっと良くしたい。でも、できればイヤなことは、たとえ必要なことでもやりたくない。できることなら、問題を直視するより、見なかったフリしていたい。そうこうしているうちに、全てが思い通りになっていればそれが最高。そんな気持ちは僕もよくわかる。

でもね、それをやってて、どんないいことがあるかってことなんです。それで、今の自分を変えることができるかってことですよ。とにかく問題を先延ばしにして、立ち向かうべきことから逃げていて、あなたの未来は、幸福になるのかどうか。

本気で自分を変えたいなら、まず取り組むべきことがある。そのあたりの詳細は、以下のYouTube動画『本気で自分を変えたい人、変わりたい人が今すぐスタートすべき、3つの取組み。』の中でも解説しているので参照のこと。

人には弱さがある。それはある意味では自然なこと。そういう意味では、やるべきことを、やれないのは悪いってワケはではないんです。今決断できないからといってダメなワケでもない。だからそういう自分を責めることも、卑下して考える必要もない。

むしろ問題は、すぐにできない自分を責めることではなく、すぐにできない自分を知りながら、上の動画でも説明しているような対策をとらないこと。すぐにできる環境をつくろうとしないまま、ただ漠然と、時だけ過ごしてしまうことですよ。

変わらない自分を責める前に、考えるべきこと。

自分を変えたいと思っても、変えられないあなたは悪くない。やるべきことができない自分を責めなくてもいい。責めるとすれば、そんな自分である現実を受け入れて、そのため必要なことをやろうとしないことでしょ。

人は基本的に怠惰なんです。やるべきことでも、できることならやりたくない。ならばそんな自分でも、どうやったら取り組むことができるか。どうやったら自分を変えることができるか。そのために必要なことをやればいいじゃないですか。

ホントのホントにやらざるを得ない環境に身を置かれれば、そりゃ誰だってやりますよ。やるしかない。そんな選択肢しかなければ、誰だってやるんです。

自分を完全に律することができるほど、自分に厳しくいられる、強靭な意志を持てる。そういう人なら、方法なんかはどうでもいいこと。そういう人はそもそもサボりたい気持ちも芽生えない。そんな鋼の精神力を持てるなら、ホントはそれが一番いい

でもそうじゃない。どっかで弱い自分とこんにちは。怠惰な自分におはようございます。そうなってしまうなら、自分を律するための、具体的な対策を講じることですよ。せめて、自分がそれを行動に移せるような、環境を整えるくらいはできるでしょ。





本当に自分を変えたい。現状を打破したいと思うなら、そのために、今のあなたが現状に甘んじてしまう原因になるものは、身の回りから排除しろ。心をザワつかせ、物事が手につかなるようなことなら、それも山の向こうに投げ捨てろ。

スマホでどうでもいいニュースや掲示板を見てしまう。ならガラケーに変えればいい。ついテレビを見てしまうなら、テレビを粗大ゴミに出せばいい。あの人のことが気にって心落ち着かないなら、あの人のLINEをブロックして携帯番号も消去すればいい。

怠惰な自分が心のどこかにいる。そんな怠惰な自分に負けてしまう。ならば無理して勝とうとするよりも、そもそも勝負しなければいい。怠惰な自分が出てこないよう、環境を整えてしまえばいい。人は環境に応じて変わっていく。

変われない自分を責めなくていい。そんな自分を否定しなくていい。怠惰な自分、弱い自分、そんな自分がいて何が悪い。でもそんな自分が、あなたの足かせになるならば、そんな自分が出てこないような環境にしてしまえばいいだけ。

明日になればやるだろう。気分が乗ればできるはず。って、そうならないのは、あなた自身が一番良くわかってるでしょ。明日になれば、気分が乗れば、そんな言葉は自分に対する言い訳でしかないことも、よーくわかってるじゃないですか。

優柔不断で決められず、いつも迷ってしまってばかりいる。なら、迷ったらやればいい。どうせどっちでもいいこと、迷ったらやるというルールを決めれば、それに従うようになる。

<参考関連記事>
やるかやらないか迷ったら、やる。決断に迷うのは、どちらでもいいということ。

自分を変えたい、変わりたい人がやるべきことはある。それは、今のやり方で変わらない自分を、まず認めることでしょう。そして、怠惰な自分。弱い自分を認めて、その自分が出てこないよう対策をすればいいだけ。

意思が強固で、信念が揺るがない。そう見える人は、自分の弱さをわかってるから、弱い自分が出ない環境づくり、弱い自分に負けない対策をしてるだけ。ならば、あなたも対策をすればいい。するとあなたは、欲しい結果を手に入れることができるように変わっていくから(^。^)y-.。o○

本気で自分を変えるための、特別講座
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。