小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

感情をコントロールするには、心を押さえ付けないこと。エネルギーの方向性を調整すれば、結果はうまくいく。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/05/21更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第29回

仕事先延ばし、締め切り破り…このルーズな姿勢と性格は変えられるのか

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次

6月東京
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


感情をコントロールするには、心を押さえ付けないこと。エネルギーの方向性を調整すれば、結果はうまくいく。

■感情の影響からは逃れられない。

誰であれ、日常の思考と行動には、感情の動きが少なからず影響を与えるもの。

小川健次Blog

感情を完全に失くしてしまった特殊な人は別でしょうがね、そうでもなきゃ、僕たちは感情の影響からは逃れられないんです。

そりゃあね、感情なんてのは、理性とは別のところから沸き起こるもの。理性で感情をコントロールすることなんかできやしませんよ。にも関わらず、それを何とか押さえ込もう、押し殺そうとしたところで、無理ってもんでしょう。

理屈で怒ったり悲しんだり、喜んだりする人はいない。理屈どうこうとは関係ないところで、感情は沸き起こる。僕の小川健次メールマガジンを読んで、ムカついたりイラついたりする感情が生まれてくるのも、まあ自然なことでしょう。うん。多分。

それこそインドの山奥に籠るとか、華厳の滝にでも打たれる荒行して、悟りの境地にでも達しているなら、感情などまるで気にならない、超越存在になることもできるのでしょうが、そんなことしている余裕なんてのはフツ―はない。

とはいえ、やはり感情とはうまく付き合いたい。感情が理性に先行することで、いらぬ失敗や、手痛い想いをしたことは、あなたにだってあるでしょう。だからこそ、感情の影響を少なくして、うまく理性で物事を進めていきたいとは思うもの。

でもね、だからといって、心から悲しい感情に支配されているときに、それを押さえて平静でいるなんて無理でしょう。

表面的には取り繕えるのかもしれませんがね、実際にはそううまくいきませんよ。平静を装っているようで、実際にはエクセルの関数は間違えるわ、請求書の宛名は間違えるわで、まるで仕事になんかなりゃしない。何やったってうまくいかないでしょ。

こいつマジでぶっ飛ばしてやろうか、と思う人の前で、無理してニコニコ笑おうとしたって、そりゃ顔が引きつるだけですって。むしろ、そうしている自分自身に対する怒りまでこみ上げてきて、ムカつき倍増。周囲の空気まで悪くするだけだから。

そもそも、みんな聖人君子じゃないし、仙人でもない。感情に影響されないことなんてないですよ。無理に押し込めるより、感情とは自然体でうまく付き合えばいい。

<参考関連記事>
あなたはあなたでよく、みんな自然体のあなたが好き。下手クソな演技より、みんな普段のあなたを見たい。

だいたいね、自然発生的に湧いてくる感情を、理屈で押さえ込むなんてのは無理ですよ。いや、小さな揺れくらいなら、理性で何とかなるとしても、それが突発的かつ大きな揺れであれば、無理して押さえようとするほどに、うまくいかなくなるというもの。

だったら、無理して押さえつけることはしないことですよ。それより適度に放出すればいい。耐震に力を入れるより、免震に力を入れればいい。

■感情のエネルギーをプラスに役立てよう

ネガティブなものであれ、ポジティブなものであれ、感情は自然と沸き起こる。そして、その感情に僕たちは必ず影響を受けるんです。ならば、感情は無視したり抑えつけたりすのではなく、そのエネルギーが向かうべき方向性を示してあげればいい。

感情なんてのは、ほぼ生理現象みたいなもんですよ。それを無理して押さえつけたり、スルーしようとしたところで、苦しくなるだけでしょう。それじゃ心身にだって支障をきたすし、いつかどこかで、ブチっと切れて大惨事を起こすことだってあるでしょう。

だからね、まずは、あなた自身の心に湧いてきた感情を、あなた自身が認めることですよ。変にカッコつけて平静を保たなくていい。良い感情も悪い感情も、それはすべてあなたの心の動きそのものなんです。それをまず認めて受け容れることですよ。

それをネガティブだからといって、無視しようとしたり、強引に抑え込んだりしようとするから疲れるんです。それこそ突然爆発する。

あなたがやるべきは、感情のエネルギーの、方向付けをしてあげることなんです。ネガティブなこと、つらくて苦しい、悲しい感情だとしても、その感情のエネルギーを、あなたにとって価値あるもの変えられるよう、方向付けをすればいいんです。

マジで頭きた。絶対許せない。ならばそのエネルギーを、あなた自身の目標達成に向かわせればいいじゃないですか。怒りパワー爆発でいいじゃないですか。あいつを潰す。あいつを見返す。そんなモティベーションでも、エネルギーには変わりはない。

つらくてしんどくて泣きたくなる。ならばそのエネルギーも問題解決に向かわせればいい。こんな思いを二度としてたまるか。こんちくしょーパワー爆発。不安や心配を感じたくない。そんなモチベーションでも、あなたの未来の糧にできるんです。

スタート時点では、ネガティブでブラックなモチベーションかもしれない。でもね、そうやってエネルギーを前に向けて動き始めていると、結果が勝手についてくる。そのうち、あの野郎のことも許せてるし、不安も心配も消えてなくなっているもんですよ。

そういう意味でも、あなたの感情をどっちに向けて方向付けをするのか。あなたが信じる未来が何かは、はっきりさせておく必要がありますが。

<参考過去記事>
愛もお金も、心から信じれば引き寄せられる。自分を信じるから、想いは現実になる。

まずは自分の心の状態を、ちゃんと自分で知ること。認めること。受け容れることですよ。そして、そこで生まれる感情のエネルギーを、適切な方向に向けてあげるんです。感情には素直に従いながらも、感情に流されることなく、感情をコントロールするんです。

自分を押し殺す必要もない。ネガティブな感情になる、自分を責める必要もないんです。あなたの感情には、それが何であれ、あなたに理想の未来を引き寄せる力があるのだから(^。^)y-.。o○

<自分の心をコントロールするには>


【特別講座】恋愛力を高める、脳と心の使い方

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。