大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたが満たされることより、大切な人が満たされることを考えよう。押し付けは決裂を引き寄せ、寄り添うことは愛と信頼を引き寄せる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あなたが満たされることより、大切な人が満たされることを考えよう。押し付けは決裂を引き寄せ、寄り添うことは愛と信頼を引き寄せる。

■誰だって他人とは価値ある関係を築きたい。

生まれてから死ぬまでに、できることは限られる。だから、誰だって意味のないことや無駄なことより、意味のあることや価値あることをやりたいと思うもの。

小川健次blog

同じように生まれてから死ぬまでに、出逢って関われる人も限られる。ならば意味のない出逢いや、価値のない関わりよりも、意味のある出逢い、価値のある関わりを持ちたいと思うのは、まあ普通のことでしょう。

そりゃ確かに、意味があろうがなかろうが、価値があろうがなかろうが、出逢うすべての人に常に全身全霊全力で関わろうという志もあっていいのでしょう。でも、それって志はわかりますが、よっぽど徳の高い人でもなきゃ難しい。難しくないかもしれないが、少なくとも僕には無理。

やっぱり何も生み出さない、まるでも意味もなければ、お互いにとって何ら価値のない関わりは時間の無駄ですよ、だったら他の人と関わってるほうがいい。その時間を他のことやったほうがいいもん。

それにね、誰だって自分にとっては何ら価値も意味もないのに、単にその人を一方的に利するだけ、その人の承認欲求を満たすためだけ、そんなことのために動こうという気にはなかなかならないでしょう。

そりゃその人がそうしたいのかもしれないが、それがあなたにとって意味を成すものじゃなければ、やる気なんか高まらない。

もっと一緒にいてくれないとイヤ。私との時間をもっと取ってよ!
お前ももっとファッションに気を配れよ。一緒にいるオレの立場を考えろ!

みたいなこと言われて、心からそのとおりにしようとは、なかなか思えないでしょ。湧いてくるのは、そのとおりにしようというヤル気よりも、こいつをどうやって黙らせようかというイライラ感。

だってそれ、言ってる人の都合の押し付けだから。単に一方的な欲求を勝手にぶつけて押し付けてるだけ。話しの中心は自分なんです。自分の欲求だけなんです。自分の都合を解決し、相手を自分の想い通りに動かして自分を満たしたい。ただそれだけ。

それじゃ、言われたほうは応える気になんかならないでしょう。そんなもんに応えたところでメリットない。あったとしても、相手が同じことを言わなくなるくらい。でも結局その場は黙っても後で同じようなことの繰り返し。

最悪の場合は、感情ムキ出しでの欲求をぶつけられるから、ぶつけられたほうも感情的になる。ホントはどうでもいい話なのに、やがて決裂してさようなら。

ちゃんと向き合って、相手の心にあるものを汲み取ろうとしないからそうなるんです。ただ一方的に自分の欲求を満たすことだけ考える。相手にとってのメリットがそこには欠落しているんです。相手の想いに寄り添ってなきゃ、決裂するのはある意味では当然でしょう。

<参考過去記事>
大切な人とは正面から向き合って話すから、心の距離がググっと近づく。誠実に向き合おうとするから、お互いの想いが通じ合う。

どうも相手が、自分のお願いに耳を傾けてくれない。どうも言葉が一方通行になっている気がする。そんなときはちょっと考えてみればいいんです。単に自分の想いだけをぶつけていないか。自分が満足することだけを優先していないか。

男女間の問題はもちろんのこと、ビジネスにしたって同じこと。ただ自社の利益のことだけ相手に伝えても、相手にしてみりゃ、え?じゃあウチは?と思うのが当たり前でしょう。

■寄り添えば寄り添ってくれる。

相手の心に寄り添うことでしょう。まずは自分のことより相手の立場、相手の利益を考えることですよ。

冒頭言ったように、誰だって無意味で無価値な人とは関わりたくない。でもそれって逆に言えば、自分にとって意味と価値をもたらしてくれる人とは、関わりたいと思うということ。そういう人の言葉には耳を傾けたいと思うということ。

一緒にいたいなんて、言われなくたってわかってる。ファッションに気を遣う必要性だって感じてる。だからと言って、あんたが満足したいがために、私がそうしなきゃいけない理由はないでしょ。だから聞かないし、聞いてもスルー。

だからこそ相手のことを優先するんです。相手にとっての価値を生み出す方法を考えるんです。

『もっと一緒にいられる時間が増えれば、あなたの力になれることが増えるし、あなたもずっと楽になれるよ』『こういうファッションは似合いそうだし、綺麗な今よりもっと綺麗に見えるよ』など。相手の心に寄り添い、その人に意味と価値が生まれる提案をすることですよ。

もちろん、その内容や詳細は、お互いの関係性や、その場そのときその状況や環境にもよるので、どの言い方が正しいかというのは別。でも基本は自分じゃなくて相手が中心というのは同じこと。

自分が満足したいのではなく、あなたに満足してもらいたい。あなたの幸福を心から願ってる。そんな相手の心に寄り添った、相手に意味と価値を生み出す提案をすればいいんです

仮にその提案が受け容れてもらえなかったとしても、気持ちは伝わりますよ。あ、この人は私のことを考えてくれている。この人はオレのことを気遣ってくれている。その想いが伝わるから、お互いの信頼関係って深まっていくものじゃないですか。

まあだいたいね、ホントに大切だと思う相手なら、相手の気持ちを無視して、一方的に自分の都合を押し付けるようなことはしないもんですがね。そうなってしまうということは、見えてはいなくても、お互いの関係に溝ができているのかもしれないから要注意。

そんなに難しいことじゃない。相手に何かを求めようとするときに、ほんの一瞬でもいいので考えてみる。その言葉は相手にとって意味と価値を生み出すものだろうか。単に自分が満足することだけが優先されていないだろうか。と。

そのためにも、日常的に相手の心に寄り添って考えることですよ。表面上の言葉尻でどうのではなく、相手が求めているもの、価値あると感じているものは何かについて考えておくことですよ。

<参考過去記事>
あの人の心に寄り添って、本当の想いに応えればお互いが幸福になる。言葉や態度で右往左往することなく、心の声にも耳を傾けよう。

生きている間に関われる人の数が限られている以上、意味と価値を生み出せる人と関わりたい。逆に無意味で無価値、ただ求めるばかりの人とは関わるだけ時間の無駄。心の負担になるだけ疲れるだけ。だからまずは人に価値と意味を与えることを優先するんです。

そして他人は自分の心の鏡。あなたがそうやって人と接していれば、やがてあなたの想いを汲んでくれる、心に寄り添ってくれながら、あなたに意味と価値をもたらしてくれる人が、引き寄せられるってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事