大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

理想の人の求めに応じられるから、理想の人とのご縁がつながる。愛を注ぐことができる人には、愛を注いでくれる人が引き寄せられる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

理想の人の求めに応じられるから、理想の人とのご縁がつながる。愛を注ぐことができる人には、愛を注いでくれる人が引き寄せられる。

■なぜ理想の人に出逢えないのか

ボーっと口を開けて待っていれば、誰かが何かを与えてくれるほど、この世の中は甘くない。自ら求めて手に入れに行かなければ、何も手に入れることはできないでしょう。

小川健次Blog

とはいえ、ただ求めるだけ、ただ取りに行くだけでも、同じように何も手に入れることはできないのが難しいところ。

そもそも、ひたすら求めるばかり、得ることばかりに夢中になっている人になんか、誰も何も与えようと思わないし、わざわざ力を貸してあげたいとも思いませんよ。

求めるということは、自分も他人からの求めに応じる必要がある。求めに応じることもしようとせず、ただ求めるだけ、ただ欲しいだけって、そんな自分の都合ばかりを言われても困るでしょ。

とにかく自分は人に求める。理想のタイプも人に求める。職業はこうで、容姿はこう。年収はいくらいで、家柄はこういう感じ。そしてまゆげの太さはこれくらい。と、あれこれ求める。まあ求めるだけならタダだから、それそれでいい。

でもね。それ言ってる一方で、それを求めてるあなたは、他人に何をしてあげられるのでしょうか。どんな求めに応じてあげられるのか、どんな形でその人の力になってあげることができるのか。

人に対して理想を求めるのはいい。ではその理想の人に対して、どんな求めに応じることができるのでしょう。その理想の人の心を、あなたはどうすれば満たすことができのでしょう。あなたはどのようにその人の力になることができるのでしょう。

そこを華麗にスルーして、自分の都合で自分のことばかりを、あれやこれやと好き勝手に求めたところで、誰からもどこからも与えられるものなんかない。それこそ誰も相手にさえしませんよ。

人は誰だって自分が差し出した相手に対しては、相応の見返りを期待するもの。

もちろん「愛」は無償。見返りを求めるものではないでしょう。とはいえ、いくら注いでまるで何も返ってくる気配がなければ、よほどの聖人君子でもなきゃ、やがて心が折れてさようなら。これ以上はかまってられない。付き合うだけ時間の無駄。

あれやこれやと求めてくるばかり、自分の理想はああだこうだ。言うことは好き勝手。でも自分は何もしようとしない人と、関わっていたいと思わないのは普通のこと。

だからビジネスであれ恋愛であれ、理想と思える人に出逢えない。いや、ひょっとしたら出逢っているのかもしれない。なのに生まれた縁が紡げない。その場で終了さようなら。まあ、そのあたりの話しの詳細は別途にて。

<参考セミナー>
恋愛力を高める、脳と心の使い方

言うまでもなく、それは物質的なものや経済的なものに限った話しじゃない。日常の些細な気遣いの言葉一つ。笑顔の一つ。心のつながりを感じられる時間の共有など。その人が望むもの、その人が求める理想に対して、あなたは何ができて、何を与えられるのか。

あなたが求めるように、他の誰かも何かを求める。お互いが求め合うものが合致して、お互いが幸福になれる未来のイメージが共有できたときにこそ、愛と信頼に心満たされる関係が生まれるというものでしょう。

■双方の期待が合致する関係

自分が他人に求めるように、自分はその人に何を与えられるのかを考え、それを実践しなければ、理想の人との縁が結ばれることなんかありませんよ。

与え与えられる。求め求められる。当たり前ですが信頼の伴う人間関係は双方向じゃないですか。自分の理想ばかりをあれこれ上げて、あとは口開けて待ったままなら、祈祷しようが瞑想しようが何も起きやしませんよ。

そして、あなたが他人に与えられることは示さないとわからない。あなたが何ができるか、あなたはどんな人間か。そのあなたというパーソナリティを、ちゃんと示さなければ、あなたに何を求めればいいのかさえ、他人はまるでわからない。

相手が理想として求めているものを、あなたが与えられるかどうか。そこの折り合いつかなきゃ、ずっとすれ違いのままでしょう。

いくらあなたが今持っていて、今与えられるものがあるといっても、それを相手が求めてなければ意味ないんです。ましてや、それを強引に与えようとすることは、単なる押しつけ。もしくは与えた気になってるだけの自己満足。

あなただって逆の立場ならそうでしょう。その人がどんな人かわからなければ不安だし。ましてや自分が求めてもいないものを、無理やり与えられても途方に暮れるだけ。むしろありがた迷惑大きなお世話。求めることは関わらないでほしいということだけ。

もちろん、それがあなたの好意なのは相手もわかる。悪気なんかないし気を遣ってくれてるのも相手はわかってる。だからと言って、それがお互いの愛と信頼を育む要素になり得るかといえば、そりゃ違いますよ。

あなたが求めているのと同じように、相手もあなたに求めていることがある。物質的なものに限らず精神的なものも含めて、それを双方が理解し合い、実践し合いながら、お互いがお互いの心を満たし合う。そんな良い意味での補完関係を築けるかどうか。

そのためにも、自分が求めているもの、自分ができること、自分という人間のパーソナリティは常日頃から伝えておくべきでしょう。それが自分にとって大切な相手であればなおさらのこと。

その上でお互いが一致できないならば、それは縁がなかっただけのこと。そこで執着して立ち止まっていても時間の無駄。とっとと手放してしまえばいいんです。

<参考過去記事>
手放す勇気を持てれば、新しい出逢いや幸福が引き寄せられる。無意味で無価値なことは手放して、ホントに望む結果を引き寄せよう。

理想のパートナーと出逢えることをイメージする。そりゃ大事な大事な大前提ですよ。でもね、同時に、自分が理想の人に求められる人になることも考えなければ、現実とイメージの乖離は埋まらない。

あなたが理想のパートナーから求められるようになるにはどうするか。足りないものがあるならそれをどう補うか。ただ他人のことをイメージして待つのではなく、現実社会の自分を求められる人として足るようになるために、相応の行動は必要なんです。

まあ男女の問題や仕事の問題でも、人と人との関わりがうまくいっているときってのは、お互いの求めること、与えられることの組み合わせが、カッチリ合っているときだったりするもんですしね(^。^)y-.。o○

理想の関係を構築するための自己分析など。

あなたの個別具体的な問題解決をサポート
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事