小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

許せない気持ちを、許せるようになる方法。わだかまりを手放すと、心が軽くなる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

許せない気持ちを、許せるようになる方法。わだかまりを手放すと、心が軽くなる。

許せない気持ちを、許せるようになる方法。

サンドバッグに浮かんで消える、憎いあんちくしょーの顔めがけ、たたけ!たたけ! と思うほどムカついて、許すこともできなかったのに、時が過ぎると、そういやそんなこともあったよね。
小川健次Blog
孫の代まで呪い続けて、一族郎党、八代まで呪ってやるわ。と心底許さないと誓っていたはずなのに、今になって思えば、別にそこまでは思わない。

憎しみの感情、許せない想いってのは、抱いているほうも疲れるもの。エネルギーを消費するもの。やがて忙しい日常に追われてくると、そんなマイナスなことにエネルギーかけてもいられなくなる。だから放っておいても、やがて薄らいでいってしまう。

西新宿の聖人君子と言われるほど、寛大で心優しい僕だって、思い出せばムカつくることの一つや二つはある。のんきに小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージ、それにYouTubeの動画をやりながらも、イラついてることもある。

とはいえ、上でも言ったように、永遠にムカつき続けること、ずーっと恨み続けるってのも大変。だから最後はゼロにはならなくとも、やがてその感情は、落としどころを見つけて収まっていく。





許せない気持ちが薄らぐといっても、完全に消えることはない。やっぱり思い出せば腹立たしいし、あの顔に一発ブチ込みたい。そういう想いは残る。起きた出来事、そうされた事実というのは、時間が経っても変わらない。記憶にも残る以上、ゼロにはならない。

ならば、今はそのまま放置しておくしかない。どうせだんだん落ち付いてくる。やがて時間が解決してくれる。今はキレそう暴れそう。あいつが悔しがるところを上から見下ろしてやりたい。いやでも、とにかく今は耐えてジッとしておく。心の中の嵐はそのうち遠くへ去っていく

一方で、なかなか去らない嵐、放置しておいても消えないこと。収まらないムカつき。時間がたっても、ときどきどころか頻繁に思い出してムカムカする。ずっと頭から離れなくて仕事に集中できない、やるべきことが手に着かない。

そういうときは、放置するより向き合えばいい。向き合ってちゃんと許すこと。あんちくしょーのこと。そして自分自身のことを。もちろん、それはすぐにできるほど簡単なことではない。なので、本格的にそうしたいなら、僕の個別セッションの継続サポートコースあたりで。

<参考関連ンク>
小川健次個別コンサルティング/継続サポートコース

現実はあなたの心の影。あなたの過去への執着。許せないというその想い。その心の動きが、あなたに同じものを引き寄せる

マイナスにはマイナスが、プラスにはプラスが引き寄せられる。だからこそ許すこと、過去への執着を手放すということは、愛や幸福を引き寄せるための大前提であり、必要条件

わだかまりを手放すと、心が軽くなる。

許せないと思うことを許すことは、愛であれお金であれ、あなたが望みどおりの幸福を引き寄せるため、心の安寧を手に入れるための最初の一歩になる。

とはいえ、なんとなく上っ面だけ、その場だけの表面上で、許すと言ったところで、なかなか許せるものじゃない。むしろ、私はあなたのこと許してあげたでしょ。私に感謝しなさいよ。みたいな、押し付けがましい上から目線。それってまったく許してない。

さらには、私はあなたと許したのだから、その見返りを寄越しなさいよ。と、意味不明な執着。そんなの相手だって許されたとは思えないでしょ。

そうこうしているうちに、相手だって気分が悪くなる。こいつ調子に乗りやがって。そして再び摩擦が起きて、お互いをさらに傷つけ合う。許せないというネガティブな感情は、そうやって、ホントにネガティブな結果を引き寄せる。思考は現実化する。





本当に心からあの人を許そうと思うなら、すべての執着を手放すことよ。許したことに対しての見返りも求めない。

もうどうでもいい。良い意味での開き直り。あなたが許したことを、相手がどう思うかさえ気にしない。そう。もう全部を切って捨てる。許せない出来事に関連するあれこれを、全部ドラム缶に突っ込んで焼いてしまえ。灰は海に投げ捨てろ。

人間関係、特に男女関係であればなおさらのこと。LINEもブロック。電話番号も削除。別れてさようなら。元夫婦だろうが元恋人だろうが、昔の相手でも同じこと。

今の延長上で、許すことで関係を維持するのではなく、一度すべてをゼロにする。関わっている以上は、許せない感情が消えてなくならない。だったら消してしまえ。その関係を。とりあえず一度ゼロベースにしてしまえ。

どうせご縁があればまた会える。お互いを必要に思う時期がきたらまた繋がる。そうやって許せない感情も含めてゼロベースにした上で、またご縁で結ばれたなら、新しく関係を築けばいいだけ。その頃には許せない感情は消え、復縁の可能性さえ生まれてくる。

<参考関連記事>
復縁への期待を手放すと、別れた彼を引き寄せる。復縁に執着すると、愛する人が遠ざかる。

許せない気持ちは誰にでもある。でもそれを抱え続けていたところで、苦しいだけだし、しんどいだけ。エネルギーの浪費にしかならない。ならば許せばいい。許すために必要なプロセスをきちんと踏めば、許せない感情は手放すことができる。

本当は許していないのに、本当は許したくないのに、なんとなく騙し騙しで許そうとするから、ますます執着する。ますます許せない感情が大きくなる。そうなる前に、自分の心の奥底にある、本当の自分の声と向き合うことよ。するとホントに許せる。心が軽くなって、お互いが幸福になれるってもんですわ(^。^)y-.。o○

継続的なサポートで心を軽くする、個別セッションの継続コース
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。