大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

恋愛で傷つくことを恐れなければ、ご縁が引き寄せられる。自分を守ることに執着するから、ボロ雑巾になる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

恋愛で傷つくことを恐れなければ、ご縁が引き寄せられる。自分を守ることに執着するから、ボロ雑巾になる。

■小手先で何としようとするから、痛い思いをする。

別に何かをしたワケでもないし、そうなるように誰かが仕組んだワケでもないのに、人との関わりで心が傷つくことはありますよ。

小川健次Blog

まあ、人と人とのことだから、小さなきっかけが大きな傷の原因になることだってあるでしょう。それは防ごうと思っても防げない。事故みたいなもんでしょう。

それにね、傷ってのは、負って癒えていく過程を経ることで、傷を負う前よりもあなたを強くするという効果もある。そして、傷を負って回復する過程での経験を通じて、あなた自身を大きく成長させる。だから傷を負うこと自体は、それほど悪いことばかりじゃない。

傷を負えば負うほど、耐性上がって強くなる。その経験は未来に活かせる。今は痛いかもしれないが、後になってみれば全ては価値ある経験。貴重な財産。僕の小川健次メールマガジン読むより、よっぽど傷ついたほうが学びは大きい。

とはいえ、やっぱり痛いのは誰だってイヤでしょう。わざわざ、苦しくてしんどい思い、心がギュッと締め付けられる想いなんかしたくない。

そりゃね。よっぼと特殊な趣味趣向でも持ってりゃ、話しはまた違うのでしょうが、傷つくこと、痛みを感じることは避けたいと思うのは当然ですよ。それフツ―ですよ。あなたが傷つくのがイヤなように、僕だって痛いのはイヤだもん。

だから痛いのがイヤなのはわかりますよ。でもね、それも度が過ぎればむしろ害悪になりかねない。

痛いのがイヤ。傷つくのがイヤ。それは避けたい。味わいたくない。そんな恐れに心を支配され、ただただ傷つくことを恐れ、痛そうなことは全部避けることで、本当のあなた自身を、あなた自身が見失ってしまえば本末転倒もいいとこですよ。

そうして、言いたいことも言わなくなる。伝えなきゃいけない想いも伝えなくなる。やがて笑顔さえも覆い隠してしまう。

本当のあなた自身がどこにいるか、あなた自身もよくわからないから、とりあえず上っ面の駆け引きや、小手先の計算で、人とコミュニケーションを取ることになる。本当の自分が伝わらないから、そりゃ相手だってあなたに気を許せない。

だから、心が通わない。あなたが表面上だけで、関係を何とかしようとすれば、相手だって上っ面の姿しか見せませんよ。

<参考過去記事>
ご縁に心を委ねてみると、お互いが幸福を引き寄せる。見た目の好き嫌いよりも、ビビッときたその直感を信じよう。

あなただってそうでしょ。何とか自分を守ろうとばかりして、表面上だけ取り繕った話ししかしない人に、気を許そうなんて思わないじゃないですか。こっちだって緊張するし慎重になる。やがて面倒くさくなってきて、関わるのさえイヤになってくる。

そうやって、傷つくことを恐れ、それを避けようとばかりしているから、逆にもっと大きな傷を負うハメになるんです。犬のフンを踏まないことばかりに気を取られて、全身からドブに落っこちる、みたいなことになるんです。アホちゃうか。

■傷つくことへの不安を手放せば、ご縁を引き寄せる

あなた自身が傷つかないように、どうやって相手とうまくやろうか。痛い思いをしないように、自分が恥ずかしい思いをしないように。そんなことばかり考える。

それって要するに、目の前にいる相手のことなんか、まったくどうでもいいってことでしょ。結局のところ自分が一番可愛いってことでしょ。大事なことは自分が傷つかないことで、相手のことなんて言うほど想っていないってことじゃないですか。

そんな手前ぇのことしか考えてない人を、信用しようと思う人なんていないでしょ。だってこっちのことなんて考えてくれないんだもん。自分が傷つかないことばっかりが優先されるんだもん。

そりゃ話を聞いてもらえないのは当然ですよ。あなたの想いを受け容れようとさえ思ってもらえないでしょう。傷つかないように、痛い思いをしないように、必死にそうしていたにも関わらず、結果は傷だらけのボロ雑巾の出来上がり。おめでとうございます。

目の前の人が、あなたにとって大切であればあるほど、あなた自身の傷つきたくないという自己保身は、お互いの距離を遠ざけるんです。それじゃ何も伝わらないですよ。その人は小手先の駆け引きでどうにかるような、安っぽい相手じゃないワケでしょ。

だったら、まずは素直な自分になって、相手を信じて委ねてみる。あなたの想いを言葉にする。態度で示す。駆け引きも計算も必要ないですよ。

だいたいね、あなたはそんなに駆け引き上手じゃないでしょ。小手先で人をどうにかできるようなテクニックだってないでしょ。そんな器用な人だったら、そもそもこんなブログ読んでねーんだから。そこは背伸びなんかしなくていいですよ。

いいじゃないですか。信じて委ねた結果、傷ついたって。どうせ小手先でやったって傷つくんだから。まだ自分の素直な想いに従ったほうが、あの人とは合わなかった、縁がなかったと納得できる。だから傷を負っても治癒は早いし、すぐ切り替えられる。

逆に、傷つくことを避けていれば、耐性がどんどん下がる。もっと臆病になる。不意打ち喰らえば傷は深い。何より、あのときのあの言葉が、あの態度が、ってどうでもいいことを、いつまでも引きずって後悔ばかり。傷が癒えないまま時間を無駄にする。

<参考過去記事>
彼を信じるのなら、想いに素直に従おう。駆け引きをやめれば、お互いの心が通じ合う。

どうせ何やったって傷つくことはある。人と人との関係だもん。不慮の事故だってある。どんなにお互いが注意していても、すれ違いから、お互いを傷つけ合うことだってあるでしょう。でもね、だからこそ、傷つくことを恐れないことですよ。

傷つくことを恐れずに素直な自分でいれば、結果、傷ついても治癒は早い。そこから学べる、もっと強くなる。結果、ホントに大切な人とのご縁を引き寄せたり、愛と信頼をより一層深くできるってもんですしね(^。^)y-.。o○

■傷つくことへの不安を手放して、愛を引き寄せる方法
↓ ↓

恋愛力を高める、脳と心の使い方

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事