大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

都合のいい女になる理由は、相手の本心を見て見ぬフリするから。上っ面の求めに動じず、その人の心のありかを考えよう。



小川健次セミナー
既婚者・独身者に関わらず、
男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、
脳と心の使い方を学びます。
↑↑ 5/13東京 5/20大阪 5/27名古屋 ↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

都合のいい女になる理由は、相手の本心を見て見ぬフリするから。上っ面の求めに動じず、その人の心のありかを考えよう。

■なぜ求めに応じても喜んでもらえないのか

大切なあの人だからこそ、できることをしてあげたい。そう思ってその人のためにやったことなのに、なぜだかそれを喜んでもらえない。

小川健次Blog

勝手に独りよがりの押し付けをしているわけじゃない。あの人がそうしてほしい、あの人がそれを求めたらからそうしただけ。なのにそのレスポンスはいっつもイマイチ。

イマイチならまだいいんですがね、そのうちだんだんと、そうしてほしいという求めが増えてくる。さらには、求める内容のレベルがどんどん高まってくる。

あの人が求めてくれる。だからそれに応じてる。なのにまるで喜んでくれないし、大したレスポンスもない。挙句の果てには、もっともっとと求められるレベルだけが高まってくる。あれ、おかしいな。でも大切な人だから断われない。

断わったら嫌われるかも。NOと言ったら気持ちが違う人にいってしまうかも。そんな妄想に心とらわれ、深みにハマる。小川健次メールマガジン読んでもどうしていいかわからなくなる。

とはいえ、現実には。いつまでもそんなことやってるわけにはいかない。いつか限界がきて目が覚める。そしてブチ切れるんです。なんで私の気持ちに応えてくれないの。こんなにやってるのに。あなたのために、これだけの犠牲を払ってるのに。

でもね、その人にしても、何言ってんだ? って感じなのが正直なところですよ。そう。悪気はない。全然ない。だってその人は、別に心底それを望んでいたわけでもない。なんとなく言っただけ。なんとなく求めてみただけ。それをあなたがやってくれただけ。

だからね、そこでブチ切れてもしょうがない。その人を責めてもしょうがない。そんなクズを責めるより、そんなクズに引っかかった自分を責めろって。

だって、ちょっと冷静になれば考えればわかったことだもん。いや、わかってたのに、わかってないフリしてただけかもしれませんがね。あなたがあの人の求めに応じているのに、なぜ喜んでくれないのか。なぜ求めるレベルが高まっていくのか。

そりゃ、あなたが、あの人の表面上の求めを満たすことができていても、その人の心をホントに満たすことができていないからですよ。

もっとはっきり言えばね、あなたへの愛がないからですよ。その人に。あなたと関わっても、愛で心が満たされないから、あれやこれやの上っ面の要求を突き付けてくる。それに応える、あなたに対して、優越的感情を抱くことで、自分を満たそうとしてるんです。

まあ、そういう意味でも、そいつはクズ。それはそれでいいんですがね。そのクズに関わってる、あなたもたいがいですよ。んなことは、ちょっと考えれば回避できた可能性もあったんだから。

<参考過去記事>
不倫のドロ沼も失恋の痛手も、数秒考えれば回避できる。素早く決断できるように、選択の基準を明確にしておこう。

大切な人の心に、あなた自身の想いを馳せる。その人のために力を尽くす。これ前提。でもそれは、相手の表面上の要求に、言われるがまま従うことじゃない。媚びることでもないでしょう。

相手の求める愛に、あなたが応えられるかどうか。あなたが求める愛に、相手は応えようという想いがあるかどうか。そこまでちゃんと考えることですよ。その上で想いの一致が無理そうなら、そこで時間を無駄にしないで、とっととお別れするのも選択肢ですよ。

■クズを責めるより、クズに関わった自分を反省しよう。

誰であれ、表面上で言っていることと、心で求めていることが違うってのは、よくあるこですよ。口ではいろいろ求めてる。でもホントはそれ求めてない。それは言ってるだけで、ホントに求めているものは、もっと違うことだったってことは、あなたにだってあるでしょう。

君にシュレッダー係をやってほしいんだ。と言われて、朝から晩までシュレッダー。来る日も来る日もシュレッダー。だけども褒められることも認められることもない。会社の要求には100%応えてる。なのに評価されるどころか、風当りは強くなるばかり。

節子、それはシュレッダーかけてほしいんやない。会社辞めてほしいんや。

まあ、そこまでの話しは極端にしてもね、あれやこれやと、言われたこと、求められたことに応じているにも関わらず、それを相手が喜ばない。それは結局のところ、その本意がどうであれ、あなたに言ってる求めというのは、ホントは求めてないってことですよ。

だからね、あなたが、その人の求めに応えているにも関わらず、それを相手が喜んでくれない。ますます求めの要求が上がるだけ。そこんなときは、ちゃんと冷静になって、その人の想いがどこにあるのか。そこにあなたの想いを馳せてみる。

相手の想いを理解しようとせず、ただ上っ面の求めにのみ、従うだけなら、そりゃ単なる召使い。まさに都合のいい女確定。おめでとうございます。

あなたがそうして欲しいと言ったから、化粧も服装もこうしてみたの。仕事の都合も合わせたし、他の男との縁もブッタ切ってきた。あなたのためにあれこれ尽くしてきた。なのに、ある日突然LINEブロック。焦って電話をかけても着信拒否。

え? は? どういうことよ。あなたのために今までこれだけやってきた。なのにこの仕打ちはヒドすぎる。と、叫びながらスマフォを壁に叩きつけても、隣の部屋の人が迷惑するだけ。

だって、あなたが何をしようが、相手は満たされてなかったんだもん。表面上いろいろ合わせてくれるから都合良かっただけ。都合が良くなくなったか、他に心を満たしてくれる人と出逢えば、あなたから離れていくのは、相手にしてみりゃ自然なことですよ。

だから、そこで相手を責めても得るものない。相手の求めていることを、ちゃんと理解しようとしていたか。その場のご機嫌取りのためだけに、表面上の言葉にとらわれていなかったか。反省すべきは、クズっぷりを見抜けなかったあなた自身ですよ。

まあでも、結果的にはそれも未来のために意味ある経験。お互い生産性のない関係が断てたなら、それはそれで未来に活かせばいいことでしょう。それに、あなたも多分、そうなることは心のどっかでわかってて、それ見て見ぬフリしてただけかもしれませんがね。

<参考過去記事>
苦しいだけの関係ならば、とっとと断てばいい。何も生み出さない付き合いなら、別れればいい。

男女関係に限った話しじゃありませんがね。ますは相手の心に寄り添うことですよ。その人の想いを理解しようとすること。もちろん、それでその人の本心がわかるワケじゃない。でも、あなたのその態度と想いは相手に伝わりますよ。だから、お互いが心を開いてやりとりできる。

上っ面の言葉に右往左往することなく、相手の心のありかをちゃんと考える。そうするだけで、お互いの信頼が積み上がる。それで積み上がらない相手なら、とっととお別れすればいい。そうすりゃ、もっとあなたに相応しい、素晴らしい理想のパートナーを引き寄せますから(^。^)y-.。o○

●小川健次セミナー開催のご案内
————————————————-
◎愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東 京 03/15(水)
名古屋 04/01(土)
札 幌 04/08(土)
熊 本 04/22(土)
http://ogawakenji.com/seminar/mokuhyo
——————————————————-
◎理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
大 阪 03/25(土)
札 幌 04/09(日)
http://ogawakenji.com/seminar/goen
—————————————————-
◎恋愛力を高めるためのグループセッション(参加費2千円の導入編)
大 阪 03/24(金)
名古屋 03/31(金)
http://ogawakenji.com/seminar/renairyoku
—————————————————-

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【大阪5/21】メンタルトレーニングで、理想の自分に近づけ
メジャーリーグで活躍するイチロー選手や、Jリーグで活躍する中村俊輔選手ら、一流アスリートのメンタルの秘密。
小川健次セミナー
↑↑ 大阪開催/5月21日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事