小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

上っ面の体裁への執着を手放せば、心地良い関係を引き寄せる。条件よりも、ホッとできることを優先しよう。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

上っ面の体裁への執着を手放せば、心地良い関係を引き寄せる。条件よりも、ホッとできることを優先しよう。

■その関係は心地よいかどうか。

それがどういう形であれ、お互いの立場がどうであれ、社会的かつ道徳的にもどうであれ、お互いが心地よく感じる関係なら、それでいい。
小川健次Blog
もちろん、その関係の行き着く先に広がる光景が、砂塵漂う何もない荒野なのか、実り豊かな農園や、花畑なのかという問題もありますが、それはここでは置いておく。

とにもかくにも、当人達が今それでいい。それで納得できてるし満足もできている。他人がそれをどう思おうと、何を言おうと、大事なことは当人同士がそこで満たされているかどうか。心地良くて心落ち着けているかどうかでしょう。

だって、どんなに体裁整っていようが、他人からは羨ましいと言われるような関係であろうが、当人同士が納得できていない。お互いにストレスを感じている。出口のないトンネルの名のような気分。なんて関係なら、むしろ苦痛でしかないでしょ。それ。

いやまあ、一緒にいるのが苦痛だとしても、その関係に耐えるだけの価値があるってんなら、それが打算めいた利害関係であっても救いようもあるでしょう。でも、そうでもないのにただただ居心地悪い関係を維持するってのは、単なる罰ゲームでしかない。

人間関係に限った話しじゃありませんけどね。何ら得るものも納得感もないまま、惰性で取り組むことは誰だってしたくないし、せっかく取り組むなら心地よくいたいもの。もちろん、僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンも、基準は僕が心地良いかどうかですよ。

人間関係ってところに話を戻すと、どうみたって、その関係は親密じゃなさそうだし、お互いの共通項なんかねーだろ。と他人からは見えるような関係なのに、仲睦まじい関係を築けてる人達ってのはいるでしょ。お互いが信頼し合えて愛し合えてる関係ってあるじゃないですか。

それって、つまりは、お互いが納得し合えていて、かつその関係にメリットを見いだせているからでしょう。お互いの心がお互いを居場所として認め合えている、ホッとできる関係だからですよ。

お互いの社会的の立場がどうの、他人からの評価がどうの、形式がどうのなんてことよりも、お互いをリスペクトし合えてる。その上でお互いの心地良さを優先できているからでしょ。どちらか一方が、じゃなくてあくまでもお互いが。

その逆に、表面上の条件や、周囲からの見られ方、体裁ばかりを優先する。お互いのことより、自分が条件的に満足できることばかりを考える。すると、お互いの心地良さが犠牲になる。相手より自分を満たすことだけ考えるようになる。結果ギスギスして苦しいばかりの関係になるんです。

<参考過去記事>
お互いの成長のために、刺激を与え合えるご縁を大切にしよう。もたれ合いの関係への執着は、無意味なので手放そう。

そういう意味でも、まずはあなた自身の心を満たすことを考えるより、相手の想いに寄り添う。気遣う。これ基本。その上で相手の心地よさと、あなたの心地良さが重なるところ見つけることでしょう。するとお互いが心地よい関係になれるってもんです。

■形に執着せず、心が満たされるかどうか

形にとらわれすぎると、相手に求めるばかりになる。だから苦しくなる。表面上は小奇麗な関係。上っ面はニコニコ。でも心の中ではドロドロ。だったら、極端ではあるけれど、見た目ドロドロだとしても、心の中ニコニコのほうが全然いい。

周囲からの評価や世間体、相手に求める条件や、双方の利害に、あまり執着しないことですよ。それはそれであってもいいけど最低限でいいんです。お互いの関係維持のための比重として、重きを置かないことです。

だいたいね、形や体裁にだけこだわって人間関係うまくいくなら、世の中に人間関係のトラブルなんてない。相手があなたの求めるとおりにすべてしてくれたら、それで満足かと言えばそうでもない。それだけで人間関係うまくいくなら、世の中に破局も離婚もありませんわ。

それにね、条件や体裁がそんなに大事ってことは、体裁保てなくなったり、条件が変わればその関係も終わりってことでしょ。だから、今度はそれを守ることに必死になる。執着して心落ち着かなくなる。

関係を終わらせないために、体裁や条件を守り続けるって本末転倒もいいところ。それって誰もハッピーじゃないし、誰の心も落ち着かない。

そりゃ人と人との関わりである以上、そこにお互いが求める最低限の条件や、お互い不可侵の領域についての枠組みはあったっていい。それもまったくゼロなら緊張感も無くなって、単なるなし崩しのグダグダ関係になるだけだから。

でもね、その最低限のレベルを超えていれば、あとは、お互いが心地よいかどうか。理由なく心落ち着け、満たされるかどうか。それを優先すればいいんです。

なかなか出逢いがない。出逢ってもどうもうまくいかない。ずっと一緒にいる大切な人と、最近ギクシャクし始めた。

なんてときは、少し頭を冷やして考えてみることですよ。お互いの関係について、体裁や条件について執着し、あなたの求める形に、相手を押し込めようとしていないか。押し込める相手だけを探そうとしていないか。

あなたに悪気がないのはわかる。それでもあなたの無意識の押しつけが、相手にウザいと思われていることはないか。相手がプレッシャーに感じ、重苦しいと思わせていないか。

だからね、手放すことです。体裁だの条件だのはクソくらえ。形なんかどうだっていい。まずは、その人と一緒にいるから心落ち着く。ホッとできるし安心できる。その喜びを感じることができる初心にまず戻ることです。理屈じゃなくて感覚を信じることです。

<参考過去記事>
女の勘で、男の嘘は見破れる。言葉と態度に違和感があったら、その直感を信じよう。

体裁や条件は関係なく、あなたがその人を心地良くしたいと思うか。そしてそうすることが、あなたの心地良さにつながるか。理屈ではなく心で感じる思いに従ってみれば、その人が本当に大切な人なのかどうかってのも、わかるでしょ。

どんな形であれ、最後の最後は、お互いが心からホッとできるかどうか。心地よいと思えるかどうか。そこに尽きる。それ以外のことへの執着を手放してしまえば、ホントにそう思える人を引き寄せるってもんですよ(^。^)y-.。o○

あの人は、私がどうすると心がホッと落ち着くんでしょう?
眉毛イケメン
それは俺じゃなくて、あの人本人に聞けよ!
でも、そのお顔の韓国海苔を観てると、なぜだか心がホッと落ち着いてきますね。
お早めに!
だから眉毛だっつーの! しかもそんなとこ見なくていいから、『【DVD】恋愛力を高める脳と心の使い方』を観ろって!

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
↓ ↓
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。