大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

満ち足りている今と、より幸福になれる未来をイメージしよう。失うことへの不安を手放せば、潜在意識の力で思考は現実化する。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

満ち足りている今と、より幸福になれる未来をイメージしよう。失うことへの不安を手放せば、潜在意識の力で思考は現実化する。

■失うもの以上に、手に入るものに価値がある。

何かをやろうとすれば、その分何かができなくなる。何かを手に入れようとすれば、その分何かを手放すことになる。

小川健次Blog

誰であれ生きてる時間に限りがある以上、それが物理的なものであるにせよ、精神的なものであるにせよ、持つことができるものには限りがある。

そりゃすべてを手に入れることができれば最高ですよ。でもなかなか現実にはそうもいかない。持てる量に限界がある以上は、その場その都度その場面によって、優先順位に基づいて適切な取捨選択をせざるをえない。

ときに何かを得ようとするならば、時に何かを失うこともあるでしょう。何かをしようとすれば、何かを諦めなければいけないこともある。

好む好まざるとに関わらず、常に僕たちは代償を支払うから何かを手にできる。でもね、だからこそ、そこで失うものにばかりを気にしていれば、そりゃ誰だって気が滅入る。不安になるし心配になる。

頭では理解していても、それまで手にしていたものを手放すのは嫌ですよ。欲しいと思っていたものを手放したくもないでしょう。なのでそれを守ることにエネルギーを注くことになる。どうすれば何も失わず、何も手放すことなく手に入れられるかばかりを考える。

結果、思考は常に失うことへの不安にばかり向くことになる。守ることばかりを考えて、前進することなんか、すっかり心のあっちの方へ追いやられる。

そして気づいたときにはずっと足踏みしているだけ。体は前を向いているようで、顔がずっと後ろを向いてるんです。失いたくない。手放したくない。未練たらたら。執着たらたら。そして気づいたときには、抜き差しならない年齢になってしまって大後悔。

挙句の果てには心と体のムキが逆だから、不必要にストレス感じる。前進したいはずなのに前進できない。自分で自分にブレーキかけて同じところの堂々めぐり。

そんな中途半端な状態だから、失いたくないと思っていたものも、うっかり手元をすべらして壊して失うことになる。前に進まない。欲しいものは手に入らない。おまけに失いたくないものまで失って、もういろいろ救いようのないほど凹むことになるんです。

何やるにしたって、痛い想いをすることはある。傷つくことだってありますよ。そればっかり不安に思うから、結果的にもっと大きな傷を負うことになる。

<参考過去記事>
傷つくことへの覚悟と開き直りが、強く折れない心をつくる。傷つくことへの恐れと不安が、消えずに残る痛みになる。

でもね、逆に言うならば、何かを失うってことは、その分何かを得られるチャンスであるということ、持てる量が増えるし、関われる人の数が増える。できることが増えるんです。そんなに後生大事に守らなくても、もっといいものが手に入るチャンスが増える。

なのに失うことにばかり目を向けていれば、不安が高まるばかりで、結局何も得られないだけじゃない。守りたいと思っていたものさえも、失うことになるんです。

■満ち足りた今と、もっと幸福になれる未来をイメージしよう。

失うということは、それ以上に価値あるものを得られるチャンスであるということ。むしろ喜ぶべき。

だいたいね、ホントのホントに失ったからといったって、それで人生に行き詰まりを感じてしまうほどの大事なんて、言うほどないでしょ。なんだかんだで取り返せることばっかりですよ。

変なところで完璧主義にならないことです。ケチで欲張りにならないことです。

これが足りないと困る。これが欠けると不安。だからあれもこれも失いたくない。別に今まではそれほど大事にしていたワケでもないクセに、いざそれを失う機会が訪れたら、いややっぱり持っていたい。これは手元にないと困る。そんなことを自分で自分に言い聞かせて、心に波風を立て出す。

冷静に考えてみれば、今までそんなに大事にしてなかった。特に必要ともしていなかった。でも引き出しの中から見つけてしまうと、どうにも捨てるのが惜しくなる。でもそれやってたら、新しいものはその引き出しに入ることはないですよ。

目を向けるべきは失うことではなくて、これから得られるもの。失った過去ではなく、得られる未来なんです。

まず今が満たされているんです。すでに手にできていることはたくさんある。そして未来にはもっと多くの価値あるものが手に入る。だから今の時点、そして今後に意味を価値を見出さないものが、勝手に消えていくだけ。そう思えれば、失う不安よりも手に入る喜びに心は満たされる。

上段で述べたように、失うものばかりに目を向けていれば、そりゃ誰だって不安になる。守りたくなる。奪われる恐怖と失う不安にとらわれて行動が止まる。いよいよ何も得られないから不幸度合いが加速する。

そして失うことへの不安や恐れの感情は、潜在意識で不安と恐怖をイメージとして形成するんです。だからそれが日常の思考と行動に現れる。イメージにはそれを現実化させる力がある。

それが物質的なものでも、それこそ過去の大切な人との思い出だとしても、それこそ復縁の機会であろうとも。

<参考過去記事>
復縁への期待を手放すと、大切なあの人を引き寄せる。復縁への期待に執着していると、大切なあの人が遠ざかる。

逆に満たされている感情や、未来の幸福への期待感は、潜在意識で満たされているイメージを形成し、その思考は現実化するんです。

失うことへの不安や恐れは手放してしまって大丈夫。今あなたは満たされているでしょ。しかもこれからもっと幸福になるじゃないですか。

チンケなことをセコセコ守ろうとすよりも、得られる喜びに目を向ければ、不安や恐れと決別して、ホントに手に入れたいものを手に入れられるようになるってことですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事