小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

復縁への執着を手放したほうがいい、3つの理由。本当に愛しているなら手放せる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

復縁への執着を手放したほうがいい、3つの理由。本当に愛しているなら手放せる。

本当に愛しているなら手放せる。

あなたも僕もあの人も、今この瞬間に突然存在が生まれたワケじゃない。今この瞬間までに、過去を積み上げてきたから、今がある。今は常に過去の上にしか存在しない。
小川健次Blog
だからこそ、今の原因を過去に求めてしまいがち。過去がまずいから、今が不安定になってんだ。過去のアレがあったから、今がいまいちパッとしないんだ。だから復縁できれば、何とかなると思いがち。

でもね、そういう過去への評価なんてのは絶対じゃない。その場そのとき、今この瞬間のあなたの状況環境、あなたの気分によって変わるもの。復縁したいあの人への評価も、それは今のあなたが、今の気分によって作っているだけのこと。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、LINEのメッセージを読んだり、YouTubeの動画を観たりして、その内容にムカつくのも、感動して号泣するのも、内容云々よりも。あなたのそのときの気分次第。

だって、逆に今うまくいっている。今がうまくいっていて充実していれば、過去に対しては感謝しかない。あれがあったから、今の自分がある。別れた人に執着したり、復縁を望んだりするのではなく、過去のことがあったから、今こうやって満たされている。そう思うはず。

僕たちは、過去への評価ってやつを、自分に都合よく変えてしまうんです。客観的な事実よりも、今の自分に都合良く解釈を補正する。





私には、別れたあの人が一番だった。あの人以上の人なんかもういないに決まってる。やっぱり復縁したい! そう考えてしまうのは、今の恋愛がうまくいってないから。今が満たされてないから。だから、過去に別れた彼を都合よく解釈して、満たされない今を正当化して、復縁したいと言っているだけ。

それがときに、今の思考と行動を止める原因になったとしても、新たなご縁を引き寄せるチャンスを潰すことになったとしても、不確定な未来にチャレンジするより、過ぎた過去の思い出を都合よく書き換えて、そこに執着しているほうが気が楽。そうしておくだけで、自分に言い訳できる。

それが現実逃避だけで済んでりゃまだマシだが、さらに別れた人と、何とか復縁しようと、あれこれと余計なことして、ますます話しをややこしくする。そしてまたピーピー泣いて凹む。新しい出会いもなければ、過去の人にも嫌われて、ただただ落ちていく負のスパイラル。

復縁ができるかもしれない。そんな期待を抱くほどに、復縁が遠ざかるどころか、自分で自分を苦しめることにもなる。

<参考関連記事>
復縁への期待を手放すと、別れた彼を引き寄せる。復縁に執着すると、愛する人が遠ざかる。

あのね、過去は過去で今じゃない。あのときのあの人はもういない。あの人が生きているのは、過去じゃなくて今。そうやって、あなた一人が過去に執着して、復縁したいと言ってたところで、得るものは何もない。

ぶっちゃけ言えば。ホントに心からあの人を思ってるワケでもない。だって、今あなたが他の誰かと、大切に思い合える関係になれていれば、過去の恋愛なんかに執着しない。あなた自身が満足したいだけで、あの人の幸福のためにそうしたいワケじゃないのだから。

復縁への執着を手放したほうがいい、3つの理由。

過去に執着して、過去をまた再現しようとしたところで、もうそれは無理。だって、今は今で過去じゃない。そもそも、そうやって、過去にすがってるあなたに、あの人だって関わりたくない。面倒くさい。

何より、実際にそうやって過去に執着し続けた人が、仮に復縁したところで、その後はほとんどうまくいかないのが現実。

理由はカンタン。主に以下の2つ。


  1. 今うまくいってない原因を、過去に求めているから。
  2. 現状から逃げて、復縁すればどうにかなる。という行き当たりばったりで、ネガティブな発想での復縁である以上、それは依存でしかない。やがて相手にウザがられてさようなら。


  3. 思い出補正で美化された過去を前提にしているから。
  4. 付き合いが復活してから、過去とは違う今の現実を突きつけられる。期待が大きかった分だけ、失望が大きい。やがて、どちらからともなく、こんなはずじゃなかったとさようなら。


  5. お互いへのリスペクトに何も変化がないから。
  6. 復縁という形にのみ拘り、相手への尊敬や信頼は皆無のまま。結果、過去と同じことをまったく同じように繰り返し、同じような別れ話に発展した挙句、前回と同じようにさようなら。


あの人とはホントに波長が合ったし理解し合えた、あの人が一番であの以上の人はもういない。ってそれは単なる思い出補正。

いや、あの人にはそういう面もあっただろうし、そのときは、あなたもそう思ったのかもしれない。でもね、それはそのときの状況環境、お互いの関係など。いろいろな要素が混ざり合ってそう感じただけ。今は違うから。今のあなたも過去のあなたももういない





小学校のときのカッコ良かったあの人も、今は冴えないおっさんかもしれない。いじめられっ子だったあの人も、今は六本木でブイブイ言わせてるかもしれない。眉毛の太かったあの人は、あ、今も眉毛が太かった。

ホントは過去が戻ってこないのはわかっている。自分も変わっていること、変わっていかなきゃいけないこともわかってる。でも、その現実から目を背ける言い訳のために、過去のあの人がどうこう言って、復縁への期待感を抱くことで、目の前にある出会いから目を背ける。

それはそれで、あなたの自由だから、そういう選択もあり。でもそれやっていると、ただ同じところを堂々巡りしているうちに、歳だけ重ねることになる。気付いたときに、いろいろ手遅れになって焦っても後の祭り。選択を変えるなら早めにしろよ。

そもそも、あなたが本当に彼を愛しているのなら、あなたの「復縁したい」という執着心を満たすことより、彼の幸せを優先できるはず。そうでない以上、復縁を望むということは、相手へのリスペクトを欠いた、自己都合の押し付けでしかない

<参考関連記事>
本当に愛しているなら、別れることも受け入れられる。復縁したいなら、彼の選択を尊重すること。

復縁への執着を手放すから、今目の前の人との関係も、過去の人との関係もうまくいく。その理由は大別すると3つある。過去に執着するほど、以前の人との関係も、新しく出会った人との関係も、うまくいかなくなる。むしろ距離がどんどん遠ざかる。

今の目の前にある現実を受け入れて、復縁への期待は、一度とっとと手放してしまうことよ。すると、前彼との復縁だろうが、新しい彼との出会いだろうが、未来の幸福につながるご縁が結ばれる。ホントに価値ある出会いを引き寄せるってもんですわ(^。^)y-.。o○

復縁への執着を手放すための、個別セッション
小川健次
■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。