大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

やりたいことをやれる環境をつくれば、やりたいことをやれる。集中力の邪魔になるものを捨てれば、集中力を発揮できる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

やりたいことをやれる環境をつくれば、やりたいことをやれる。集中力の邪魔になるものを捨てれば、集中力を発揮できる。

■やらなければいけない環境なら誰だってやる

片づけなきゃいけない課題や、解決しなければいけない問題がある。それはやらなきゃいけない。そんなことはわかってる。なのになかなかヤル気になれないときはある。

小川健次Blog

自分を律することの必要性、自己コントロールの重要性なんてのは、言われなくてもわかっちゃいるんです。でも実際には、今やればいいことを先延ばし。今集中しなきゃいけないのに、スマホ片手にどうでもいいニュースに目をやってしまう。

甘いといえばそうなのでしょう。意識が低いといえばそれも当たっているでしょう。でもね、人間なんて誰だって弱くて怠惰なもんですよ。そういう弱さは誰の心にもある。あなたにもあるだろうし、もちろん僕にだってありますわ。

まあ世の中には、ホントにタフなメンタルの持ち主ってのもいますからねえ。そういう人なら、どんな場面でも誘惑に負けることなく自分を律することができるのでしょう。小さなことで心浮つかせたり、気分や感情に流されることもないのでしょう。

とはいえ、ほとんどの人はそうじゃない。その場凌ぎはわかっていても、イヤなことは避けたいし、できる限り楽なことをしていたい。気分にもいちいち左右されるし、些細なことで心揺さぶられる。放っておけばただただ流されるままになる。

人間だもの。ある意味ではそういう弱さというのは、むしろ自然なのかもしれません。だからやるべきことをやれないのが悪いのじゃない。集中すべきときに集中できないのが悪いわけでもない。そんな自分を責める必要もない。それはそれでいいんです。

ならば怠惰で集中力が欠如している中でも、どうやってやるべきことをやり、集中すべきことに集中するか。その具体的な方法を考えることが大切でしょう。

つまり、それをやらなければいけない環境をどうつくるか。どうやってその状況に身を置くか。それを考え実践する。やらなきゃいけない環境だったら誰だってやるんです。特別なことなんか何もいらないでしょ。

しかも、今考えたところでどうにもならないことに、心を奪われ、感情を揺さぶられ、やるべきことに集中できないのであれば、それはとっとと手放す。そしてそれは心の中だけでなく、物理的な環境として手放さざるを得ない状況にすればいい。

<参考過去記事>
他人の心と未来のことはわからないから、執着せずに手放せばいい。わからないことに右往左往せず、答えを見つけるために動き出そう。

あらゆる怠惰な感情を押さえつけられるほどの、強靭な意志を持てるなら、状況環境は関係ない。どんなにサボりたい気持ちが芽生えても、その場で踏みつけて二度と生えてこないようにできる、そんな鋼の意思がある人にとっては状況環境はどうでもいいこと。

でもね、そうじゃないなら、そこまでの鋼の意思を持てないなら、自分を律するための具体的な対策を講じる必要があるでしょ。そのための状況や環境はつくらないといけないでしょ。

■弱い自分を責めるより、弱い自分が出てこない環境をつくろう

つい問題を先延ばしにしてしまうこと。集中力が持続しないこと。自分を律することができない自分を責めてもしょうがない。だいたい人間が持って生まれた素養なんて、後からそんなに変わらない。ある日突然鋼の意思を持てるようにはならいんだから。

むしろ責めるべきは、そういう自分の弱さを把握しておきながら、具体的な対策をしていないこと。しようとしないことですよ。

やるべきことに集中したいと思うなら、集中の妨げになるものは物理的に排除すればいいでしょ。心の足かせになっているものならば、物理的にブッタ切ってしまえばいいだけ。

ついスマフォのゲームで遊んでしまう。ならスマフォを捨てるかガラケーに機種変更。毎晩つい飲みすぎて朝が辛い。なら家に酒置くな。表でも酒買わないように財布に金入れるな。別れた彼氏のことを思い出す。電話番号をメモリから消せよ。LINEもブロックで関連するものは捨てちまえ。

どうせ変わりようのない自分の心をどうこうしようとして、結局何も変わらないのなら、物理的に環境や状況を変えてしまえばいい。弱点になりそうなものは断絶するんです。今が楽に流れそうな環境ならば、楽じゃないところへ行けばいいんです。

自分自身を責める必要も、否定する必要もないんです。弱い自分がいるのはいい。怠惰な自分で何が悪い。とはいえ、自分を律する必要があるときに、怠惰な自分に負けてしまうなら、そもそも怠惰な自分が出てこない環境をつくればいい。

自分の弱さを見て見ぬフリして、俺は大丈夫、私はできてる。そう言ったところで単なる現実逃避。どっかでエライ先生の話しを聞いて「私はできる!」と、その場でモティベーション高まっても、家に帰る頃には、街中でポケモン探してスマフォ片手にうろうろしてるんです。

往々にしてホントの意味で強い人、何かを成し遂げるまで集中力を発揮できる人ってのは、意志の強さ云々というよりは、自分のそういう弱さを把握した上で、現実的な対応をしっかりと決断した上で行える人でしょう。自分の弱さも認められている人ですよ。

自分の弱さに対して自己嫌悪に陥いったり、できないことをできると言ってるだけで、同じことを繰り返しているだけなら疲れるだけでしょう。それこそ、そんな自分が嫌になるだけ。だったら具体的に対応可能な環境改善に取り組めばいいんです。

<参考過去記事>
今できることをやるから、やがてホントに求める結果が手に入る。今できることを先延ばしにするから、やがて結果に失望する。

環境変えると言うと、少なからず抵抗感もあるでしょう。でも良し悪しに関わらず人は皆環境に順応してしまうもの。最初あれこれ思うことのあった環境でも、気づいたら慣れて居心地良くなっている。住めば都。

ならばそういう環境に身を置けばいい。自分がそうならざるをえない、そうしたくなるような状況環境を作ればいいんです。無駄に自分を責めたりしているよりも、状況環境を作るほうがはるかに建設的。しかもそれは今すぐからでもできますしね(^。^)y-.。o○

<理想の人と出逢う状況環境のつくりかた>

■小川健次特別セミナー
・東京10/15(土)・大阪10/22(土)・名古屋11/12(土)・鹿児島11/19(土)
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事