小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

期待を上回るから、愛される。あの人の予想以上のことをすれば、心の距離が近くなる。





想いを確実に届ける方法
小川健次グループセッション
↑↑東京5/27(日)↑↑




受付可能数/4名まで(あと3名)
小川健次セミナー
最長1年のフルサポート

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

期待を上回るから、愛される。あの人の予想以上のことをすれば、心の距離が近くなる。

■評価は期待に対する結果で決まる

自分で決めて、自分でそれをやり切り、よーしっ!とガッツポーズを決めたにも関わらず、なぜだか周囲の人は白け顔。
小川健次Blog
その一方で、どう見ても、あなたが出した結果よりも劣っているにも関わらず、周囲から称賛の嵐。スタンディングオベーション。

おいおい。こりゃ一体どういうことよ。なんであいつは称賛されて、私のことはスルーすんのよ。ちょっと贔屓しすぎなんじゃないの。私が可愛いからって嫉妬してんじゃないの。と、勘違いなこと言って、ヒンシュク買う前に、ちょっと待て。

誰も贔屓なんかしてないし、それこそあなたに嫉妬なんかしてないから、安心していいですよ。少し僕の小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージでも読みながら、冷静になったほうがいい。

あのね、それ自体は全然おかしいことじゃない。あなたが評価されないのに、あの人が評価されること。あなたより劣った結果なのに称賛されること。別にそれ不条理でもないし、むしろ当然のことなんです。それが自然なことなんだから。

だって、人からの評価は往々にして絶対値じゃなくて、相対値で決まるんだもん。期待に対して、それをどれくらい上回ったか。もしくはどれくらい下回ったか。

要するに、あなたの結果は、皆が最初からあなたならできると思ってたこと。このくらいはイケるでしょう。そう思ってたから、別に称賛する理由もない。言ってみれば、当たり前のことをやっただけ。当たり前のことには誰も注目しないでしょ。

その逆に、あなたより結果の劣るあの人は、期待値があなたよりずっと低かった。そしてそれを大きく上回ったんです。それがあなたの結果より劣ってたとしても、皆が無理だと思うことを、あの人はやったんです。そりゃ称賛されて当然でしょう。

忘れないことです。他人からの評価の基準は、絶対値ではなく、期待値に対する相対値

言うまでもない話しですが、売上だとか、記録もののスポーツなど、客観的な絶対の数値によってのみ、勝ち負けや、その人やその結果への評価が決まるという場合もあるでしょう。とはいえ、実際の日常生活での他者評価なんて、ほとんどはなんとなくの相対値で皆決めてるんです。

だからね、あなたへの期待値が100なら、あなたがそれをくらい上回るか、下回るかによって他人は評価するんです。期待値どおりは誰も喜ばないし、驚かない。仕事だってそうでしょ。100%は当たり前なんです。101%からがプラス評価の対象ですよ。

あなたが大切な人のために力を尽くしていたとしても、それが期待値通りなら、その人は別に喜ぶことはないんです。だって思った通りのことなんだもん。でもそれを上回ることを、言葉や態度で示されれば、あの人も心が揺さぶられる。だからあなたに感謝する。だからあなた愛したくなる。

<参考関連記事>
言葉と行動を積み重ねるから、心の距離が近づく。駆け引きをせず、素直な想いを示し続ければ愛される。

それに、あなたが誰かに対して、自分が期待されている以上のことをしようと思うときって、心のスイッチがポジティブの側に入ってるじゃないですか。その人を喜ばせたい、その人の笑顔を見たい。自分への見返りへの期待を手放して、その人のことだけを想える。

だから相手だって、素直にあなたの想いを受け容れられる。そこに、つまらない下心がないから、自然な流れで心の距離が近づく。好意が好意を引き寄せる結果になる。

■些細なことでも期待を上回ろう

誰だって当初の期待を上回られれば嬉しいと感じるんです。逆に期待を下回られればがっかりする。

どんなに普通に観れば面白い映画でも、前評判が高かったがゆえに、期待値MAXで観てみたら、うん、まあ、面白いは面白いけど、こんなもんでしょ。みたいな感想になる。期待しないで観た知らない映画が、面白くて儲けもん。という感想になることもある。

100点の期待をされてた人が、80点取ったところで誰も褒めてはくれないんです。むしろガッカリされるだけ。

逆に、40点を期待されている人が80点取ったら、そりゃ皆大絶賛。期待を遥かに上回る予想外の結果だもん。そりゃ周囲の人は感情も揺さぶられるでしょう。

ということは、あなたも、あの人から掛けられている期待に対して、その期待を上回ればいいということ。そうすると、あの人からあなたへの評価がグングン上がるということ。期待どおりのことをするのは当たり前。それを上回るから相手の感情を揺さぶれる。

そんなに難しいことでも、おおげさなことでもないんです。ほんの少しの気遣いと、ほんの少し相手の気持ちに寄り添う想い。ただそれだけのこと。

あの人が期待していることに、プラスアルファを加えてみる。上司からの指示にも、プラスアルファを加えてみる。日常の小さなことの中に、そのチャンスはいくらでもある。

頼まれて弁当を買い行ったときに、お茶を一本ついでに買ってくる。醤油を取ってあげるのと同時に、小皿も一緒に取ってあげる。ファイルに綴じた書類に、インデックスをつけておく。さらについでに、アスクルで新しいファイルも頼んでおく・・・

など。まあどれも、取るに足らないような、ホントに些細なことですよ。

でもね、その些細なことで生まれる相手の喜び、そして相手の期待を上回ろうとするあなたの気遣い。それぞれはホントに些細なことかもしれませんが、その積み重ねが、あなたとその人、お互いの心の距離を縮めるというもの。

それに、相手があなたに何を期待し、何を求めているのか。そしてあなたが、その人のために何ができるのかを考えないと、それもできませんからねえ。ダメになる関係ってのは、往々にして、こういう些細なことが、お互い杜撰になるものですしね。

<参考関連記事>
大切な人の幸福だけを願うと、お互いの心の距離が縮まる。見返りへの期待に執着すると、お互いの心の距離が遠ざかる。

何でもいいので、あの人の期待を一つ上回ることです。一つ上回るごとに、あなたとあの人の心の距離が、一歩縮まるんです。お互いの愛が一歩深まる。見返りへの期待に執着せずに、ただその人のことだけ想って言葉にしてみる。行動してみる。

まずは、あなたの身近な人、大切な人の期待を上回ってみればいいんです。あの人の喜び、あの人の笑顔をイメージしてやってみる。それだけで、あなたもあの人も、ハッピーな気分になれますから(^。^)y-.。o○

■より良いご縁を引き寄せる特別講座


■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

入会キャンペーン実施中
小川健次
↑ 5/31(木)まで ↑

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。