小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

面倒くさい女と思われるのは、押し付けるから。違いを理解すれば、認め合い愛し合える。

お知らせ

小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。 当ブログとは味付けの違う、働く堅実女子に向けた、【恋とキャリアの上方修正】の方法をお楽しみください。
スーツウーマン

<2019/06/11更新>スーツウーマン/小川健次連載コラム 第32回

急増する「転職貧乏」女性にありがちな口癖から学ぶもの

LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

早期割引キャンペーン実施中
小川健次


6月東京
小川健次


福岡/大阪
小川健次

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


<広告>


面倒くさい女と思われるのは、押し付けるから。違いを理解すれば、認め合い愛し合える。

押し付けるほどに傷つけ合う

それがどんなに近い存在であろうと、親子であろうと夫婦であろうと、彼氏彼女であろうと、自分は自分で他人は他人。
小川健次Blog
だから、その人の考え方や生き方を、あなたの好きにすることなんてできないし、支配するなんてのは絶対無理。

そりゃまあ、洗脳でもすれば不可能じゃないのかもしれませんが、そんなのは人と人との関わりとは言えませんよ。お互いが別人であるという、当たり前の前提があって、はじめて人とのつながり生まれるというもの。

お互いが別人、お互いが違う人生。同じ屋根の下で暮らしていても、別の人。当たり前のこのことを、つい忘れてしまうから、相手を自分の思い通りにしたいと思ってしまう。相手を支配しようと考えてしまう。

あなたの価値観や感情を押し付けて、あなたの思ったとおりの反応を期待する。とにかく同調してもらうことを、心のどこかで強要してしまう。

でも現実には、そうならない。だって、あの人にはあの人の価値観がある。感情があり考え方がある、受け入れられることは、受け容れられるけど、そうじゃないことはそうじゃない。違うものは違う。だって違う人間なんだから当たり前。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージにしたって、あなたも、なるほどそうね、と思うこともあれば、ふざけんな眉毛死ね、と思うことはあるでしょ。

あなたとあの人は違うんです。その大前提を忘れるから、相手が思い通りにしてくれないといってイライラする。自分が否定されたように気になって、凹んだり傷ついたり。挙句の果てには、わかってくれないあの人が悪い。と勝手にブチ切れてちゃぶ台返し。

あの人にしてみれば、あなたから一方的に押し付けられた挙句、ワケもわからずキレられる。よくわからないまま不機嫌になる。だから面倒くさい女だと思われる。鬱陶しいやつというレッテル貼られて、気づいたときにはさようなら。

そりゃLINEも既読スルーされますよ。既読スルーならまだマシで、ブロックされるのもしゃあないでしょう。

<参考関連記事>
面倒くさい女や、ウザい男にありがちなこと。LINEの返信がこないで、既読スルーされるのには理由がある。

繰り返し言いますがね。あなたとあの人は違う人。あなたに考えがあるように、相手にも考えがある。その中で合うものもあれば、合わないものもある。あなたとあの人は違うんです。みんな違ってみんないい。

だからね、押し付けないことです。あなたの思い通りに支配しようしないことです。そうしたところで、面倒くさいと思われるだけ。あの人にとってはウザいだけだし、そう思われてしまう、あなたにだって損しかない。

認め合い愛し合うために大切なこと

期待をしない。執着もしない。自分は自分でその人はその人。合うこともあれば合わないこともある。合う領域の中でお互いを認め合えれば、必然的に愛と信頼が引き寄せられるというもの。あなたの思いを押し付けないことです。

良い意味での割り切りですよ。お互いの違いを認め合える。だから冷静に相手の人間性が見えてくる。この人はこういう考えを持ってるのね。こういうキャラクターもあるのね。違いを認め合い、尊重し合える関係を目指せば、必然的に関係も良くなる。

お互いの違いを認め合った上で、どういう関わり方をすることが、お互いにとって価値ある結果を生み出すのか。どういう付き合い方が、お互いにとって明るく幸福な未来をつくれるのか。それを考えればいいでしょ。

あなたの期待の沿うかどうか、好みの性格かどうかは関係ないく。この人ってこういう人なのね。それ以上もそれ以下もない。期待もしないし望みもしない。あの人はあの人の人生を生きてるんです。あなたの期待に応えるために生きてるわけじゃない。

期待も執着もしないから、接し方に余裕が生まれる。押し付けることなく、相手を尊重してその気持ちを優先できる。その人の喜びと幸福について、考えることができる。愛が注げる。そして愛が返ってくる。

あなたが自分を優先しようとするほどに、あなたは面倒くさい女と思われる。あなたはあなたで、あの人はあの人。どちらが正しいか誤っているかじゃない。お互いの違いを尊重し合うほどに、愛と信頼も深まる。

いいじゃないですか。あの人のレスポンスが、あなたの期待に沿わなかったって。あなたと好きなものが合わなかったところで、他の部分で合えばいい。そんな小さなことへの執着は、全部手放して許してしまえ。

<参考関連記事>
違いを許せる心の余裕が、大切な人との距離を近づける。小さなことに執着しないから、穏やかな関係になれる。

面倒くさい女と思われるのは、押し付けるからなんです。違いを許さず、不寛容に他人の心を支配しようとするからなんです。あなたにそのつもりがなかったとしても、あの人にそう感じさせる気配が、あなたの言葉や態度に現れているからなんです。

だからこそ、まず違いを許して受け入れる。相手を変えようとするのではなく、お互いのマッチポイントを見つけようとすることです。すると、相手もあなたを受け入れてくれるようになる。お互いがストレスなく、認め合い愛し合える関係になれますから(^。^)y-.。o○

本当の自分を取り戻せば、面倒くさい女を辞められる。
↓ ↓
早期割引キャンペーン実施中

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。