大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人にだからこそ、信じて自分を明け渡してしまおう。お互いを尊重し合える理想の関係は、信じるから引き寄せる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

大切な人にだからこそ、信じて自分を明け渡してしまおう。お互いを尊重し合える理想の関係は、信じるから引き寄せる。

■信じるから自己を明け渡すことができる。

どんな人との関係であれ、その人のことを信じるこというのは、大前提であって必要要件のうちの重要な一つ。

小川健次Blog

だから信じるだけで、すべての人間関係がうまくいくかといえばそうじゃない。信じるのは前提でしかないから。


そりゃ口で信じてると言ってみる、信じてると心の中で思ってみる。それだけで万事解決するならば、こんなに楽なことはない。誰も苦労なんてしないでしょ。

だから当たり前ではあるんですが、信じてることを自らの言動によって表さないと意味がない。ホントの思いとして行動に移さなければ何の意味もないんです。

その人のこと、その人の本心を知りたいのに、それを聞くと関係が壊れてしまいそう。そこに触れることで知りたくない真実を突きつけられ労。なので、とりあえず信じてるから大丈夫、という言葉で自分を慰め偽る。

本当に心から信じているなら、そうやって自分の想いを偽ることなんかないでしょ。聞きたいことは聞く。真実は直視する。心から信じていれば、そのくらいで関係が壊れるなんて不安を抱くことありませんわ。

信じた結果、裏切られることはある。こんちくしょーと思うことだってある。でもそれはそれで、そんなヤツを信じたアホな自分を反省すればいいだけのこと。その経験を次に活かしてステップアップすればいいだけのこと。

つまり言ってみれば、人を信じるとは自分を相手に明け渡すこと。疑念や不安を無くして、その人に身も心も委ねてしまうことです。

とはいえ、別に相手の言いなりになる必要はない。自分は自分。相手は相手。自分のことは自分で決めればいいし、責任は常に自分にある。その上で相手のパーソナリティを尊重して委ねる。

自分の想いは自分の想いとして胸に抱え、信じて手放す。あとはあなたの好きにして。

<参考過去記事>
想いを信じて手放すから、人との関わりが楽しくなる。謙虚さは、大切な人との心の距離を近づける。

他人の心は支配できない。それをどうこうしようと考えるだけ無駄ですよ。だから信じる。信じるからこそ相手に自分を明け渡す。

信じていることを自らの言葉と行動で示すからこそ、相手も信じてくれるんです。なんとなく信じると思ってみたり言ってみたりしただけじゃ、何も変わらず堂々巡り。

誰だってそうですよ。自分を疑がう人のことは疑うんです。心から信じていないから信じてもらえないんです。上っ面で当たり障りのないこと言いながら、腹の探り合いばかりする関係に信頼なんてもんはないでしょ。

お互いがそんな疑心暗鬼な状態だから、些細なことで誤解が生まれる。些細なことで言い合いになり喧嘩になる。気づいたときには関係崩壊。あんなに好きだったあの人が憎たらしくてしょうがなくなる。

■信じて手放すから引き寄せる

信じていれば駆け引きや計算なんか不要ですよ。信じて明け渡す。自分はこう思うしこう考える。それをどう評価判断するかはあなた次第。その判断を尊重する。信じているならそれでいい。

日常のコミュニケーションでその積み重ねをすればするほど関係は太く強固になる。上っ面の駆け引きで出来上がった関係なんて所詮は打算の賜物。その関係から生まれる価値なんてたかが知れてるもんでしょう。

まあいくら信じているからといって、何でもかんでも好き勝手言えばいいかといえばそうじゃない。それはお互い大人なのだから、適度な距離感と社会常識を照らし合わせて考えればいいだけのこと。

それに自分がまったく信頼できないと思っている相手であれば、駆け引きと計算もときに必要なこともある。そりゃその場そのときその状況に応じて対応考えればいいだけのこと。

いずれにしたって、ホントに大切な人と信頼関係を築きたいなら、ますは自分がその人を信じること。それは自分を明け渡す。素直に思うことを口にし、素直にやりたいことをやること。その人がそれを受け容れてくれることを信じるんです。

だから相手も素直になれる。信じてもらえてることを実感できるから、その人もあなたを信じて自己を明け渡してくれる。

どっちが主導権を握ってどうのなんていう、小さなことにこだわったり、あるんだかないんだかよくわからないプライドなんかにこだわる必要なんてないですよ。信じているなら自分を明け渡す。素の自分をそのままさらけ出していいんです。

<参考過去記事>
本当に大切な人への想いだからこそ、執着せずに手放すとうまくいく。引き寄せの法則は、心からの信頼と尊敬によって働きだす。

信じているから、そんな言葉を免罪符にして、言いたいことを言えない、聞きたいことも聞かないって、つまりは信じていない証拠でしょう。だって、言うことや聞くことを恐れてる。不安になってるんだもん。

上でも言った通り、信じてみたはいいけど、結果的に痛い思いをすることになった。そういうこともあるかもしれない。でもいいんです。そんときゃ泣いて酒飲んで寝ればいいだけなんだから。

それにね、そこまで素直に自己を明け渡せる人、他人を信じてそれを実践できる人って、普通に誰からだって信頼される人ですよ。ちょっとくらい傷ついたところで、また他の誰かが癒してくれますよ。

誰だってそうなんでしょうが、上っ面での付き合いもそりゃ大切なこともありますが、やっぱり自分の心が還るべきところは、お互いが心から信じ合える人のところってもんでしょう。

そしてそういう人との関係は、自分自身の内側にある、変な見栄やプライド、傷つきたくないという不安や恐れなど、手放してしまったときに引き寄せるってもんでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事