大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

できるイメージが描けると、思考は現実化する。できたイメージから逆算して行動を変えると、やる気が高まる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

できるイメージが描けると、思考は現実化する。できたイメージから逆算して行動を変えると、やる気が高まる。

■やる気が生まれないのはできると思ってないから。

誰だってできると思えないことをやろうとなんて思わない。だって無駄だもん。できると思うからやろうと思うし、その結果としてできるもの。

小川健次Blog

そりゃまあ、いくらできると思ったところで、物理の法則に反することばかりは無理でしょう。というより、やろうという気にさえならないもんです。


それでも、そもそもそれが何であれ、「できる」と思わなければ何もやろうと思わない。結果としてできるかどうかは別にして、「できる」と思えることだから、それをやろうとするヤル気が生まれるというもの。

どんなに素晴らしいプレゼンをしても、絶対に契約してくれないだろうと思っている相手に対しては、まともなプレゼンなんかする気にならない。

あらゆる力を尽くしても、絶対に達成なんかできやしない。そう思っている目標に向かって何かやろうなんて思わないでしょ。

ハナっからやっても無駄だと決めつけつけてることに、やる気なんてのは生まれない。そもそもやろうと思わない。だって無駄なんだもん。無駄なことなんて誰だってやろうとも思わない。むしろやりたくない。

逆に言えば、「できる」と思うから、そこに到達できると確信できているから、未来から逆算して、今自分が何をすべきかわかる。それをやれば、結果が伴うことがわかっているから、自然にモチベーションが高まってくる。

だから何かを実現しようとするときのヤル気の源泉は、まず自分がそれを「できる」と思えるかどうか。「できる」と思わなきゃ何も始まらないし、何もしようと思わない。

やっても無駄。とてもじゃないけど無理。そんなもんやりたくないし、ヤル気は湧かない。

それにしたって「できる」と思ったところで、結果的にできないこともある。こればっかりは未来に何が起こるかわからない以上、誰も約束できないし約束してくれない。どんなにヤル気があっても結果が伴わいこともある。

それでも、確信持って行動したなら、一時的に結果が伴わなかったとしても、その経験は財産になる。その経験を活かして最終的に、理想とする現実を手に入れることができるんです。

<参考過去記事>
傷ついて痛い思いをしたとしても、必ず立ち直れるから大丈夫。その経験が幸福を引き寄せ、あなたを人から愛される人にする。

ただ何となく、できるとは思わないけど、やれと言われるからやっている。やんなきゃいけない気がするからやろうと思う。それやってみたところで結果が伴わいだけでなく、意味さえないから経験としても活かせない。

どうせやるなら「できる」と思えばいいんです。その確信があるから思考は現実化する。

■できて当然と思えるセルイメージがヤル気を生み出す

「できる」と思うことがすべてのスタート。が、そうは言っても心のどこかで「無理かも」と思ってしまうこともある。それをいきなり「できる」という確信に変えろと言っても、そう簡単なことじゃない。

なのでまずは自分が「できる人」であると思うこと。そのセルフイメージを作ることでしょう。先の結果云々は別にして、今の自分がそれを「できる人」だと思うこと。それに従った思考と行動をすることですよ。

重要な商談がうまくいく確信が持てない。うまくできると思えない。

ならば自分がその商談を余裕でこなせる人ならどうするか。「商談上手の自分」ならば、日頃の思考や行動がどうなるかを考える。そしてそのとおりに思考と行動をするんです。

その人と結婚できると思えない。いずれフラれるしうまく付き合える気がしない。

これも同じことですよ。「その人と結婚できる自分」なら日頃の思考や行動がどうなるかを考えて、そのとおりに思考と行動すればいいだけのこと。

最初は違和感あるかもしれない。それでもあえてその思考と行動を繰り返す。するとそれがセルフイメージとして定着してくる。それが当然当たり前。できると思える確信が勝手に生まれてくるんです。

いくらやっても、違和感しかない。どうもそういう自分になれる気がしない。ならばそれは目標を再設定すればいいこと。果たしてホントにそれやりたいのかどうか。やる必要があるのかどうか。

重要なことは、イメージに現実の行動をカブせること。イメージを行動それぞれの力の相乗効果で、セルフイメージがより強く鮮明になる。だから「できる」というより、むしろ「できて当然」とさえ思えるようになる。

その行動で、一番手っ取り早くできることの一つは自分の発話。どんな言葉を発するかによってイメージと行動に少なくない影響がある。だからこそまずは言葉を変えるというのもありでしょう。

<参考過去記事>
最初にポジティブな言葉を発すると、ポジティブな結果が生まれる。最初にネガティブな言葉を発すると、何も生まれず老化が進む。

いずれにしてもまずは自分が「できる」と思わない限り、やろうとさえ思わない、できると思うことが出発点。ならば「できる」というセルフイメージを形成しなければいけない。

上っ面でいくら「できる」と言っていても、ホントに心でそれを信じられるくらい、自然なセルフイメージが定着していないと、なんだかひたすら空回りするばかりで疲れますしね(^。^)y-.。o○

できて当然と思えるセルフイメージのつくり方

■小川健次セミナーベーシックコース
(年内は東京・大阪・名古屋。それぞれ僕が担当します。)
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事