大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

その人の良いところを見つけ、言葉で伝えれば心の距離は近くなる。悪いところの指摘ばかりをしていると、心の距離は遠くなる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

その人の良いところを見つけ、言葉で伝えれば心の距離は近くなる。悪いところの指摘ばかりをしていると、心の距離は遠くなる。

■自分を認めてくれる人を嫌いにはならない。

一見すると完全無欠に見える人でも、弱みのない人はいない。すべてができる人なんていませんよ。

小川健次Blog

誰であれいろいろな事情がある。気楽そうに見える人でも、何も背負わずに生きてる人なんていないもんです。


そして、それらの弱みや欠点、あれやこれやの事情なんてのは、皆自分でわかってる。それをどうにかしようと力を注いでいる人だっているでしょう。

他人からみれば、あーすればいーのに。こーすればいーのに。ここが弱い。あそこが悪い。あれこれ気になることもあるかもしれない。言葉でそれを指摘したくなるかもしれない。

でもね、そんな本人もわかり切ってることを、したり顔で指摘される側としては、それをありがたいと思うかといえば、そんなワケありませんよ。んなもん言われる前からわかってる。そもそも気にしていることだから言われて面白いわけがない。

だから、それがたとえ善意であったとしても、その人にしてればありがた迷惑大きなお世話。だからどーした。うるせー黙れ。

もちろん弱点は弱点として克服したほうがいいに決まってる。改善したほうがいいに決まってる。でもそれ、本人もうわかっている。それ以上他人がどうこう言ったところで生産的じゃない。

逆に立場になって考えてみればそうじゃないですか。わかりきってることを、エラソーにあれこれ言われて気分がいいかといえば、そんなことないでしょ。ありがたいと思うどころか、むしろうっとうしいとさえ思うもの。

そした最悪の場合は決裂してさようなら。最悪までいかないにしても、お互い嫌な感情にか残らない。得るモノなし。結果的には失うことばっかりになるんです。

とはいえ、それでも言わなきゃいけないこともあるかもしれない。相手のためには絶対に言ったほうがいい場合もあるかもしれない。

だったら、わざわざ相手が自覚しているマイナス要素について言っても意味がない。それよりも、その人がまだ気づいていない、もしくはその人がまだわかっていない、その人の魅力的な要素や長所について、教えてあげればいいじゃないですか。

本当にその人のことを想うのであれば、その人にとって一番価値あること。自分が言いたいことではなく、その人にとって意味ある言葉を発しなければ、単なる自己満足に過ぎないんです。

<参考過去記事>
愛のある言葉を届けるから、想いが伝わり信頼が深まる。相手への思いやりを優先すると、無用な誤解も消えてなくなる。

褒められたり認められたりして、それを否定的に考える人はいない。むしろ嬉しいありがとう。ならばそこをもっと伸ばそうというヤル気が湧くというものですよ。

しかもそれが自分自身でも気付けなかったことであれば、なおさらのですよ。そういう見方をしてくれていたのか、自分を認めくれていたのか。そんなう驚きと感動で言ってもらえたことに感謝したくなるってもんです。

■好きになれば良いところが見える。

日常的に関わる人に対して、その人のどこに目を向けているか、その人をどう評価しようとしているか。言ってみれば、それは自分の心の問題なんです。

だって、ハナっから好きだと思う相手のことは、その人が何したって好きに見えるじゃないですか。どうみたっておかしな発言でさえ、何らかの理由をつけて肯定的な解釈をするもんです。

逆に嫌いな人のことは何したって嫌い。どう考えたって論理的に筋道通してやってること、どうみたった善行だと思えることでさえ、難癖つけて否定的な解釈をするもんですよ。だって嫌いだから

その人が本当はどんな人かは関係ない。自分がその人をどう見ようとしているかなんです。

誰にだって良いところも悪いところまるんです。その人の良いところを見つけようとするならば、その人のことを好きになる、その人を信頼すればいいじゃないですか。

好きになれば必然的に良いところが見えるようになる。だからその人に対して肯定的な発言ができるようになる。そしてその人もこちらに好意を持ってくれることになる。他人は自分の心の影でしかないんです。

とはいえ、嫌いな人、苦手な人を好きになるのは、よほどの博愛主義者でもなければ難しい。現実的はありませんよ。そんなこと。

だから全てを肯定しなくてもいいんです。すべてを好きなる必要はない。チャンネル合うところ、価値感が合うところだけは合わせればいい。その上で合う領域の範囲内で評価できるところを評価して伝えてあげればいいんです。

<参考過去記事>
自分から他人の力になろうとする人は、愛と信頼を引き寄せる。他人に期待するだけの人は、孤独感と疎外感を引き寄せる。

他人の悪いとこや弱点なんてのは見ようと思わなくても見えるもの。でも、その人の良いところってのは意識しないとなかなか見えない。その人を好きにならないとそこにあっても見落としてしまうもの。

いいんです。好きにならなくても。それが嫌いな相手だとしても、全部が全部嫌いなわけじゃない。チャンネル合う価値観一致できるところはある。その領域の範囲内だけでも認めて言葉にして伝えてあげればいい

みんな自分の悪いところはわかってる。そこを指摘したところで信頼関係なんか築けまよ。

ならば良いところ見つけてそれを伝えてあげる。誰だって自分を認めてもらえれ嫌な気分をする人なんかいませんから。

人の悪いところに気づいても、それを指摘するより前に、その人良いところを指摘してあげることです。それだけで、他人と距離感なんて一気に縮まるものですから。(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事