小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

続けるかを迷ったときに、自分に問いかける4つの質問。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌・東京・大阪 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


特別セミナー
小川健次
↑ 10月大阪 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

続けるかを迷ったときに、自分に問いかける4つの質問。

それをやり続けることにどんな価値があるか。

自分でやると決断したなら、そりゃ徹底的にやればいい。今すぐ結果が出なくても、やり続ければ道が開けることもある。
小川健次Blog
でもね、現実にはいくら力を尽くそうが、逆立ちしようがどうやったって道が開けないことはある。どんなに頑張ってみたところでゴールに到達できないことだってある。

個々人が生まれながらにして持っている、才能や素養の違いもあれば、時代背景やその場そのときの状況環境、それこそ不慮の事故や天変地異など、どうにもならない原因によって、道が断たれることだってありますよ。

そして、まずあなた自身が、ホントのホントにそれを手に入れたいと思っているのか。そうなっている自分の未来を、鮮明にイメージとして描けているのかどうか。そうなっている自分に、心躍る想いを持てているかどうかにだって、よりますよ。

そういうことを総合的に考えてみて、ぶっちゃけホントのこと言うと、実はあまりやりたいとは思ってない。ホントはそれが実現できると思えてない。なんて本音を隠しながら、無理して苦しいことを継続しているなら、なんだかとってもバカバカしい。

要するにそれって、単なる惰性じゃないですか。もしくは、苦しいことに耐えてる私カワイー、と言いたいだけの悲劇のヒロイン症候群。無駄でしょ。それ。

だったらとっとと辞めればいい。いや、別に皮肉じゃなくてホントに。僕も毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージで皮肉は言うが、ここで言う「辞めればいい」は本気でそう思ってる。

惰性でやってるフリ。だけど結果が出なくてつまらない。この先に光の射す方向さえ見えない。ただ暗闇の中をウロウロするだけ。そんなもんに時間と労力使うなら、とっとと別の道を歩けばいいでしょ。いつまでも、そうしているだけ無駄だもん。

こっちなら光が見える、こっちなら結果が出そうだ。なら、そっちの道に行けばいいじゃない。今のそれ、辞めればいいじゃない。何グズグズ言ってんの?

でも、今までの付き合いもあるし。これやると宣言してしまったし。なんとなく今の環境に慣れてるし。って、いろいろ言いたい気持ちもわかる。でもね、時間はどんどん過ぎるんです。そして、歳を重ねれば重ねるほど、針路を変えるチャンスも減りますよ。

心のどこかでどうせ無理だしやるだけ無駄。やってて面白くもなんともない。でもなんとなく他人の目がー。これまで費やした労力がー。と感じてボヤきつつ、ただ今の自分、これまでの自分に執着して手放せないなら、この先も同じことの堂々巡り

もちろん、確信持って続ければ道が開けることもある。鮮明にイメージ描けていればそれは実現する。だから何が何でも諦めない。結果はどうあれ自分で選んだ道だから、そこに後悔はない。そう思えているなら、その道を進み続ければいいだけのこと。

そこまで決断しきっているなら、仮にそれが思い通りの結果に結び付くことがなかったとしても、やり切った経験は必ず活きる。その経験は必ず未来の糧になる。そりゃホント。仮に心にブレーキがかかっても、以下の過去記事の質問でブレーキは外せるし。

<参考過去記事>
心のブレーキを外すために、自分へ問いかける5つの質問。

まあ結果が出ていなくても、見た目上は望んだことじゃないにしても、その状態そのものが心地良いし気持ちいーと思えるなら、それはそれで望んだこととしてアリでしょう。

でもね、なんだか頑張ってるだけで結果が出ない。苦しくてしんどくて心が折れそう。今のままでいいのか考えると泣きたくなる。みたいなことをグダグダと言ってんだったら、とっとと進む道を変えろよ。今やってることを辞めて切り替えろ。

迷ったときは自分に問いかけよう。

誰のものでもないあなたの人生。あなたの生き方。それぞれ立場や事情はあるにせよ、それをどうこうするもあならの自由。あなたの選択。

念のために言っときますが、中途半端に投げ出すことを推奨しているわけじゃない。決めた道なら進めばいい。投げ出さずにやり切るからこそ、やり続ける意味がある。

でもそうじゃなくて、ただ確信も自信も持てない、むしろ未来に何も描けないまま、ただ漠然と惰性の中で、中途半端にしんどいと言っているだけなら、確信を持てる別の道に進む選択肢だってあることを、思い出せってこと。

だから迷うことがあるならば、次の4つを自分の心に聞いてみればいいんです。

  1. それをやり続ければ、望む結果が手に入ると確信できている。
  2. それをやり続けるのは、周囲の目や他人の意見に流されているからではなく、自分がそうしたいと心から思っているからだ。
  3. 仮に望みの結果が手に入らなくても、それをやり続けることが、未来の自分にとって価値ある経験になる。
  4. 自分には、それをやり続ける以外の選択肢は絶対にない。

この4つの問いかけに対して、すべて明快にYESと回答できるなら、そのまま進めばいいんです、些細な気の迷いは断ち切って、徹底的にやれるところまでやればいい。

しかし、一つでもNOがあったり、答えに迷うようであるならば、もう一回目標を見直すことですよ。同じ目的地を目指すにしたって、別のルートを考えるべきで、今の延長を繰り返したところで、どうにもならいでしょ。

趣味や仕事に限ったことじゃない。人間関係、特に恋愛や結婚などの男女関係でも同じことですよ。

今の延長がお互いにとって幸福になるとは確信できないのに、なんとなくダラダラ付き合い続ける。それが何の得にもならないもわかっているのに、相手に悪いし周囲の目も気になるし。

そして気付いたときにはいろいろな意味でもう手遅れ。後になって、あのとき決断して別の道に行っておけばよかったのに。そうボヤいても後の祭り。そんな経験したことある人、そんな経験なう、な人も少なくない。

自分で決めたことを、ロクに力も尽くさずテキトーに投げ出すのは、単なる中途半端の口だけ番長。一方でホントは無駄だと思いながら、なんとなくの惰性で続けることも同じレベルで無意味なこと。

おまけにそれが、嫌々やってて苦しいだけ。なんで自分だけがこんな目にと思うことなら、なおさらじゃないですか。結果が出る確信もないのに、泣いてまで現状維持する意味わかりませんよ。辞めていいんです。別の道を歩んでいいんです。生きてる限り選択肢は無限にある。

そりゃ何かを成し遂げようと思うなら、泣くほど辛いこともある。逃げ出したいと思うほどしんどいこともある。でも、それ乗り越えられるのは、その先に光があると確信できるから。そうじゃなきゃ単なる苦行以外のなにものでもないでしょう。まあそんな自分が好きならそれもいいんですがね。

追い込まれて袋小路にハマっている、もうこの道しかない、そんな風に見えるのは、視界が狭くなって余裕がなくなっている証拠。一息ついて少し周囲を見渡してみるんです。ちゃんと自分の心がどこにあるかを確かめてみるんです。

道が一本しかないなんてこたぁ絶対ないですよ。それこそ、本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用<実践>講座にでもきて、自分とちゃんと向き合ってみればいい。

<参考リンク>
本当の自分を取り戻す、潜在意識徹底活用<実践>講座

意味もなく、何も生み出す価値もなく、ただつらくて苦しいことなんか辞めていいんです。っつーか、とっとと辞めちまえ。別の道を歩けばいいじゃないですか。それで誰も責めやしませんよ。だいたい他人に責められる筋合いだってない。自分の生き方自分で決めて何が悪い。

そして別に選んだ道の先に、光が見えるなら、その先で目指すものが手に入れられると確信できるなら、今度はちゃんと決断して、何が何でも乗り越えて断固としてやり抜けばいいじゃないですか。

決めるのはいつだって自分。答えは常に自分の中にある。今がどうであれ、最後には笑っていられるための選択と決断をしたいものですな(^。^)y-.。o○

うまくいく恋愛の技術
↓ ↓
札幌/東京 開催決定!
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。